FC2ブログ

大きく撮ろう!

2007年04月23日 21:00

曇り
今回はデジカメの画像サイズは大きめに設定して撮りましょう、というお話です。
1,280×960pxの画像640×480pxの画像
※クリックすると大きな画像が見られます。
ピクセル数の多さを表す「解像度」という言葉がありますね・・・パソコン携帯電話などの画面サイズを表す場合によく目にしますね。
デジカメ画像解像度という場合、プリントする時に解像度が高い(ピクセル数が多い)と大きいサイズにプリントしてもピクセル数が多いので見た目も綺麗ですが、解像度が低い(ピクセル数が少ない)と、大きいプリントサイズに対してピクセル数が不足してしまい、モザイク処理したようにギザギザのノイズが目立ってしまうのです。
上の2枚の画像はサムネイルのために同じ大きさで表示されていますが、実際には左の画像がSXGA(1,280×960px)で、右がVGA(640×480px)になっています。
ご意見、ご感想はこちらへどうぞ!
解像度の呼び方は下の通りです。
VGA=640×480px SVGA=800×600px XGA=1,024×768px 
SXGA=1,280×960px UXGA=1,600×1,200px QXGA=2,048×1,536px
主な用途はVGASVGAがホームページやBlog、メールの添付用など、XGASXGAがL判プリント向け、UXGAは2L判プリント向け、そしてQXGAがA4判プリント向けのサイズとなります。
※1mm=14.1732283 px
切り出した640×480pxの画像拡大した640×480pxの画像
※クリックすると大きな画像が見られます。
上記の解像度を見ると、一般的なL判プリントにしようと考えているなら、最低でもXGA、出来ればSXGA以上の解像度は欲しいところですね。
※携帯電話のデジカメにも言える事です。
さて、上の2枚の画像ですが、左は1,280×960pxの画像の花の部分を640×480pxに切り出したもの、右が640×480pxの画像の花の部分を320×240pxに切り出して、左の画像と同じサイズになるように拡大したものです。
サムネイルだと判りづらいのですが、実際には右の画像にノイズが見られます。どういう事かと言うと、先に書いた通り解像度が低い(ピクセル数が少ない)ために、大きいプリントサイズに対してピクセル数が不足してしまった状態なんです。
ただ、解像度を上げると・・・
1.一枚当たりの記録時間が長くなってしまう。
2.記録メディア容量が大きくなり、枚数が撮れない。
・・・という問題が出てきます。
これはノーマルよりもファインなどにすると、より顕著になります。
関連記事
スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cyobinosuke.blog34.fc2.com/tb.php/908-9ad5a778
    この記事へのトラックバック