FC2ブログ

新デジカメ、購入!

2006年12月28日 22:55

晴れ
ヨドバシAkibaに行って来ました。
さて、何でしょう?(笑) ← 買ったのはコレ。
目的の一つは、昨日壊れてしまったデジカメCaplio(キャプリオ) GX8を修理に出す事、もう一つは代替機の購入です。GX8を修理コーナーに出したのですが、案の定、修理には1ヶ月近く掛かってしまうそうです・・・年末年始旧盆前後の時期は、どうしてもそうなっちゃうんですよね。(´・ω・`)

代替機GX8の修理が終わったら某女性(笑)がメインで使うものになるので、使い勝手も考えてあげないといけません・・・小型・軽量なデジカメもいいんですが、いくら手ブレ防止機能があっても、そんなものは万能じゃありませんからね。
某女性GX8をチョコチョコ使っていたので、28mmレンズ画角の広さレンズ収差の面白さがちょっとは解って来ているので助かります。
※レンズ収差=レンズの中央から入ってくる光と、端から入ってくる光の焦点がズレてしまう事です。それを解消するために「非球面レンズ」が開発されましたが、やはり万能ではありません。
ご意見、ご感想はこちらへどうぞ!
RICOH Caplio R5 001
起動状態 → 
でも、28mm~85mmズームGX8だと、遠くが撮れないという不満もあったみたいです・・・しかし現実問題としてデジカメの薄い筐体に28mm~85mm以上のズームって、手ブレ防止機能があってもかなり厳しいんですけどね。A^ω^;)
なんだかんだで、結局リコーCaplioシリーズであるCaplio R5に落ち着きました。
有効画素数は724万画素CCD、GX8より100万画素落ちるだけです。スムースイメージングエンジンIIを搭載・・・これは素直にいいですねェ。
RICOH Caplio R5 002 ← 光学7.1倍!
レンズは35mmフィルム換算28mm~200mm相当光学7.1倍ズーム3.6倍デジタルズームの機能があります。でも、あまり望遠側は期待出来ません・・・ボディ幅は僅か26mmなのに200mm相当のレンズは厳しいと思うんですよね。まあ、この辺りは実際に撮影してみない事には何とも言えませんけど。

またCCDシフト方式手ブレ補正機能を搭載しているんですが、過度の期待は禁物ですね。結局のところ、いくらいいの手ブレ補正機能付きのデジカメでも、片手撮りしてたんじゃ意味がありませんからね。
RICOH Caplio R5 003
2.5型液晶モニター → 
マクロ側(接写側)はリコーのお家芸(笑)とも言うべき1センチ撮影(AF時)が可能・・・これだからリコー製デジカメは面白いんですよね。ただ残念な事は、ファインダーオミットされている点でしょうか・・・尤も最近のデジカメファインダーが付いているGX8の方が珍しいんですけどね(苦笑)。リコー最高機種であるGR DIGITALですら2.5インチ液晶ディスプレイのみ、ファインダー外付けファインダーとしてオプション設定ですし。

あとは各種設定方法などがダイヤルボタンかの違いくらいで、ほぼGX8と同じ扱いが出来そうです・・・私の腕は自慢出来るほど大したモノではありませんが(大汗)、某女性には自分の復習も兼ねてレクチャーしつつ、R5に慣れていきたいと思ってます。
※この記事の画像はNTT DoCoMo FOMA SO903i搭載のデジカメ(320万画素)で撮影しています。
関連記事
スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cyobinosuke.blog34.fc2.com/tb.php/790-3e92f675
    この記事へのトラックバック