FC2ブログ

スパムと判ってるんだけど・・・

2006年07月25日 20:20

雨のち曇り
何かインパクトのあるタイトルだったので、思わず開いたのが「主人がオオアリクイに殺されて1年が過ぎました。」というスパムメールです。いやっはっは、これはバカバカしいけど笑える内容ですね。前フリはこんな感じです・・・
いきなりのメール失礼します。
久光さやか、29歳の未亡人です。
お互いのニーズに合致しそうだと思い、連絡してみました。

自分のことを少し語ります。
昨年の夏、わけあって主人を亡くしました。
自分は…主人のことを…死ぬまで何も理解していなかったのが
とても悔やまれます。
何だか身の上話っぽいですよね(笑)。
では、全文を読みたい方は「続きを読む」からどうぞ。
ご意見、ご感想はこちらへどうぞ!
From:<捨てアドレス(Yahoo!メール)>
To: <私のメールアドレス>
Sent: Tuesday, July 25, 2006 10:53
Subject:主人がオオアリクイに殺されて1年が過ぎました。
 
いきなりのメール失礼します。
久光さやか、29歳の未亡人です。
お互いのニーズに合致しそうだと思い、連絡してみました。

自分のことを少し語ります。
昨年の夏、わけあって主人を亡くしました。
自分は…主人のことを…死ぬまで何も理解していなかったのが
とても悔やまれます。
主人はシンガポールに頻繁に旅行に向っていたのですが、
それは遊びの為の旅行ではなかったのです。
収入を得るために、私に内緒であんな危険な出稼ぎをしていたなんて。

一年が経過して、ようやく主人の死から立ち直ってきました。
ですが、お恥ずかしい話ですが、毎日の孤独な夜に、
身体の火照りが止まらなくなる時間も増えてきました。

主人の残した財産は莫大な額です。
つまり、謝礼は幾らでも出きますので、
私の性欲を満たして欲しいのです。

お返事を頂けましたら、もっと詳しい話をしたいと
考えています。連絡、待っていますね。
とう内容なんですが・・・いやはや、シンガポールに出稼ぎに行った旦那さんがオオアリクイに殺されるとは(爆笑)。 「久光さやか」さん、動物の生息地くらい調べてからメールを書きましょうね?(大爆笑)

シンガポールにはオオアリクイは棲んでいません。
オオアリクイは中南米のサバンナから密林に生息する動物ですからね。 オオアリクイに殺される、っていうのは、昔の「ゴルゴ13」(第9巻『内陸地帯』)であった話ですね。前肢の鋭い爪を相手に打ち込んで、そこに長い口吻を入れて吸血すると言うものでした・・・元ネタ(?)はアマゾン川流域のインディオたちに伝わる吸血鬼伝説の正体はオオアリクイだ、という話です。まことしやかな結び付けですが、全くの大ウソですから、信じないで下さい。たぶんオオアリクイクマのように後肢で立ち上がって、前肢の鋭い爪を振りかざす威嚇のポーズが印象的だから、こんな伝説が生まれたんでしょう。
もう、読んでいて笑い過ぎちゃって、腸捻転でも起こしたかと思うくらいお腹が痛かったです。
※なお、コアリクイもほぼ同様の場所に生息してます。
※この記事は書きかけです。タイトルや内容その他が変更される可能性があります。
関連記事
スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cyobinosuke.blog34.fc2.com/tb.php/601-b0524a97
    この記事へのトラックバック