FC2ブログ

新種のクビナガ竜

2006年05月16日 23:23

曇り時々雨

久し振りに古生物の話題です。
皆さんは「フタバスズキリュウ」と言う名前をご存知でしょうか?
昭和55年(1980年)公開の『ドラえもん のび太の恐竜』や、今年の春休みに公開された『ドラえもん のび太の恐竜2006』に登場する「ピー助」が「フタバスズキリュウ」です。

厳密に言っちゃうと、フタバスズキリュウ恐竜 Dinosauria じゃありません。以前恐竜って、何者?(その1)(その2がないな・・・)でも触れましたが、恐竜とは「トリケラトプスTriceratops と現生鳥類 Neornithes の最も新しい共通の祖先から派生する、全ての子孫」です。
Dinosauria is "all descendants of the most recent common ancestor of Triceratops and modern birds.

あくまでも恐竜 Dinosauria は陸生動物ですから、「フタバスズキリュウ」のグループである海生爬虫類の長頸(クビナガ)竜類 Plesiosauria とは全く違う動物です。ほぼ同時代に生息していた事や、いわゆる恐竜図鑑に載っている点なども混乱の元ですね。
さて、何で今回「フタバスズキリュウ」を取り上げるのかと言うと、実は発見以来38年振りに「フタバスズキリュウ」が正式に学名登録された、というニュースがあったからです。
そのニュースの発表は去る5月13日だったんですけど、気付かなかったんです・・・あうう。_| ̄|○ノシ

ご意見、ご感想はこちらへどうぞ!
実は「フタバスズキリュウ」と言うのは学名ではありません。
発見以来38年間使われていた「フタバスズキリュウ」は仮名のようなものなんです。日本の恐竜 Dinosauria 長頸竜類 Plesiosauria などの場合、発見された地名+リュウと仮称される事が多く、「フタバスズキリュウ」の場合、発見地は福島県いわき市の大久町です。入間沢地区を流れる大久川の河岸に双葉層群玉山累層が露出していて、そこにあった化石を当時高校生だった鈴木直さんが発見した・・・という訳で、「双葉層」+「鈴木さん」+「竜」=フタバスズキリュウとなったのです。

なにも今まで学会に登録しようとしなかった訳ではありません。発見当時、調査のために来日したサミュエル・ウェルズ Welles Samuel,(ディロフォサウルスDilophosaurus の記載で有名)に因んで「ウェルジオサウルス・スズキィ“Wellesiosaurus suzukii ”という学名はどうかという提案がなされましたが、結局は新種かどうかの判断がつかず、そのまま現在まで「フタバスズキリュウ」が使われ続けていた訳です。

そして、ようやく今回、カナダ国立自然史博物館の佐藤たまきさんを筆頭に、国立科学博物館の真鍋真さんや群馬県立自然史博物館の長谷川善和さんらのチームの研究によって、ようやく新種のフタバサウルス・スズキィFutabasaurus suzukii と判明して論文が提出・査読され、学会で承認された・・・という次第です。
因みに学名というのは世界中に通用する生物の名前の事です。
国際生物科学連合 International Code of Zoological Nomenclature ( ICZN ) の定めた国際動物命名規約に従って命名される、となっています。

ところでフタバサウルス・スズキィは、その死因がおおよそ判っています。フタバサウルスの周囲や鰭状の四肢にはサメ類による噛み痕や、歯の化石が多数発見されています。この事から、このフタバサウルスの個体は事故か闘争によって怪我を負ったところをサメ類に襲われた・・・と考えられているんです。
「ピー助」は壮絶な最後を遂げたようですね。
国立科学博物館(かはく)では、今回の学名記載にあわせて、5月16日(火)から6月18日(日)まで「フタバスズキリュウの研究最前線」が開かれていますので、是非ご覧になって下さい。

蛇足ですが・・・フタバサウルス・スズキィのいた時代、ティラノサウルス・レックスTyrannosaurus rex はまだ出現してません。 フタバサウルスのいた時代はサントン期(約8,660万年前~約8,300万年前)という地質年代でして、ティラノサウルスが現れたのは白亜紀、ひいては恐竜時代の最後の時代であるマーストリヒト期(約7,400万年前~約6,500万年前)で、サントン期マーストリヒト期の間には、900万年続くカンパニア(カンパン)期(約8,300万年前~約7,400万年前)という地質年代があるんですよね。
夢のない話ですが、実際にはそう言う事になるんです。

※2006年5月17日(水):加筆・修正。
※2006年5月22日(水):加筆・修正。
関連記事
スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cyobinosuke.blog34.fc2.com/tb.php/466-a8f7a061
    この記事へのトラックバック