FC2ブログ

G-STYLE CAFE

2006年05月13日 23:11

雨(朝のうち曇り)

去る1月15日に閉店したGUNDAM CAFEのあった場所が、G-STYLE CAFEとなっているのに今日になって気付きました。

G-STYLE CAFE003 ← 入口付近の様子

最近、バンダイのサイトにあるBANDAI MUSEUMのページ、全然見てなかったもんなぁ。BANDAI MUSEUM自体にも行ってなかったし。(´・ω・`)

G-STYLE CAFE001 ← ロゴマークと液晶モニター

まあ、そんな訳で、事前情報は一切なし・・・あるのはエントランス右にあるサンプルとメニューのみです。
難しい事を考えてウロウロしてるより(かなり怪しい)、お腹も空いている事もあって、早速入ってみる事にしました。

ご意見、ご感想はこちらへどうぞ!
G-STYLE CAFE006

エントランスの右にはランチメニューの見本が展示されていましたが、食品サンプルかと思ったら全部本物の食材。子供がつついてビックリしてました・・・ってか、携帯に夢中になってないでちゃんと見てろ、バカ親!ヽ(`д´)ノ

G-STYLE CAFE002 ← レジには時々女性士官がいます。

G-STYLE CAFEのエントランスに入ると、以前のGUNDAM CAFEではバーカウンターだった場所がレジと、その奥はグループ向けの個室が3室作られていました。手前からS“GUNDAM SEED”Z “ZETA GUNDAM”、そしてG “GUNDAM”の順で並んでいます。ドアには大きくモノトーンで各ガンダムが描かれています。

G-STYLE CAFE004 ← ペアシートから眺めた1/1ガンダム胸像

その反対側にはペアシートが2室あり、1/1ガンダム胸像(左横側)が眺められるようになっています。あくまでもペアシートなので、並んで座る形になるから、男性同士や女性同士で利用するのは如何なものかと(苦笑)。個室の奥には以前と同じように一段高くなったフロアもあるテーブル席があります。高くなったフロアのエントランス方向には6席に縮小されたバーカウンターがありました。

G-STYLE CAFE005 ← 「タムラ料理長のまかないカレー」

私が入店った時間帯はランチメニューのみだったので、画像にあるタムラ料理長のまかないカレー(税込945円)をオーダーしました。
他にもG-STYLE CAFEGUNDAM CAFE時代のようにガンダムに関連したフード&ドリンクメニューが殆どを占めています。
さて、タムラ料理長のまかないカレーの内容は、手前左から・・・
ライス(アーモンドスライスのせ)、豚肉と茄子、椎茸のカレールー、キャベツとトマトのサラダ、ラッキョウと福神漬けのみじん切り、ミネラルウォーター
・・・となっています。

G-STYLE CAFE008 ← 席からの光景は変わらず・・・

カレーの味は中辛よりちょっと甘い感じです。まあ、業務用カレールーを使っているんでしょうね、ごく普通にファミレスでも食べられるような味でした・・・同じような味ならば、家族連れにはちょっと歩くとイトーヨーカドー松戸店と併設しているプラーレ松戸の6F「グルメ&サービス」に行った方が安く上がって、奥さんも安心でしょう。
ちょっとよくなった点としては、会計の方法が変わった事です。
以前のGUNDAM CAFEは、各テーブルに置かれているガンダム・チェスピースをレジに持って行って、そこで初めていくら使ったかが判る、ある意味ちょっと怖い会計システムでした・・・スタッフに聞けば教えて貰えますが、やっぱりビンボ臭いし、恥ずかしいですよね。しかし、G-STYLE CAFEではファミレス方式になったので、金額の確認が容易になりました。

G-STYLE CAFE007 ← 最初の画像の反対側から

ハッキリ言って1/1ガンダム胸像を見ながら飲食が出来る」だけでは、GUNDAM CAFE以上の集客率の向上は望めません。1/1ガンダム胸像とガンダムに因んだメニューだけでは、一般のお客さんに対するアピールが弱いんですよね。
実際、シャア専用ザク・オムライス(税込1,365円)を見たお孫さん連れのおばさん(『お祖母ちゃん』には見えんかった・・・)が「オムライスで1,000円以上するなんて・・・」と驚いていましたからね。こういう人たちが、スッと入れるようなメニューの価格設定をしなきゃダメなんです。いくら洒落たデザインのお店にしても、ここは青山や六本木、表参道と違うんですから。

残念ながら、G-STYLE CAFEGUNDAM CAFEの轍を踏みそうな予感がひしひしと・・・大丈夫かなぁ?(´・ω・`)今回の模様替え(とした方が正解だと思う)で思ったのは、寝台特急や、地方都市間を結ぶ特急電車の大部分が旧国鉄時代の車齢30年前後の車体を延命改造や内部の模様替えで誤魔化しているのと似たような印象を持ちました。きつい書き方かも知れませんが、そう云う風にしか見えませんので・・・。(=_=;)
※2006年5月14日(日):加筆・修正。
関連記事
スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cyobinosuke.blog34.fc2.com/tb.php/460-aa0fe818
    この記事へのトラックバック