FC2ブログ

落雷と虹

2013年07月08日 22:22

晴れ(一時雷雨)
今日はお休み。
午前中は所用があり、その帰りに台東区浅草から墨田区押上(とうきょうスカイツリー駅/旧業平橋駅)まで歩こうと思い、東京メトロ(東京地下鉄)銀座線浅草駅までやって来ました・・・先ずは吾妻橋交差点「駆けつけ三杯」ならぬ「駆けつけ三枚」です。
 ← 吾妻橋交差点の定点撮影
   (CX1)

ここからの定点撮影も、久し振りになりますね。向かい側は神谷バーになるんですが、現在は耐震工事の足場が組まれていて、イマイチ風情がありませんねェ・・・工事が終わったら、改めて撮影させて貰おうと思ってます。
まあ、外観はそれほど変わらないと思いますがね。
浅草文化観光センター外観 → 
(CX1)
     
押上へ向かう前に、東京スカイツリー金龍山浅草寺仲見世などが見渡せる浅草文化観光センター8階展望テラスから、東京スカイツリー浅草の街を撮影する事にしました。周囲にそれほど高いビルがないので、眺望はかなりいい場所だと思います。
しかし展望テラス三脚の使用が禁止になっていました・・・長時間に亘ってデカい三脚を立てたまま粘っていたヤツがいたんでしょうね。I-linkタウンいちかわ・展望デッキ同様、常識的なアマチュアカメラマンにとっては非常に迷惑な話ですよ。

↑ 雷門や仲見世と浅草寺(左)、東京スカイツリーと吾妻橋ビル群 (CX1)
浅草文化観光センター展望テラスは眺望がいいんですが、見えるのは北側と、東側のおよそ120度くらいまでですね。ぐるりと歩いて南側にも回れる造りだったら良かったんですがね。西側は喫茶室があるので、飲食をしないと入りづらい・・・ってか、入っちゃダメです。
 ← 人力車と東京スカイツリー
   (CX1)

あまり浅草文化観光センターに長居をする訳にもいかないので、吾妻橋交差点に向かい、吾妻橋を渡って墨田区側へ出る事にしました。
ちょうどお客さんを乗せた人力車が渡って来たので連写モードの中から1枚を。車夫さんも猛暑の中で2人を乗せた力車を牽くのはしんどそうでした。
吾妻橋には鉄パイプが → 
(CX1)
     
ここも個人的な定点撮影ポイント吾妻橋西詰め(銀座線出入口前)です。ちょうど花川戸交番の反対側に当たりますね・・・たまに車道に出て撮影している人を見掛けますが、危険なので止めろやボケ!
歩道の手すりには隅田川花火大会の交通規制を行う為の鉄パイプが組まれていました。
ここで撮影を始めたところ、雷鳴が轟き始めました・・・天気予報通り、雷雨になりそうです。
 ← 雷雲に包まれるスカイツリー。
   (CX1)

再び浅草文化観光センター展望テラスに戻りました・・・取り敢えずの雨宿りと、あわよくば東京スカイツリーへの落雷の瞬間が見られるかも知れないと考えたからです。見る見るうちにスカイツリー周辺にも、黒っぽい雷雲がやって来ました。北側の方からは、落雷による地響きを伴った雷鳴が聞こえています。

本来ならばレンズの絞りを目一杯絞って、解放で撮影するのが落雷シーン撮影のセオリーなんでしょうが、コンデジCX1ではそうもいきません。CX1モードダイヤル連写モードに切り替えます。ISO感度はISO80に、最小絞り固定をONにします。そして画像をPCに移して空き容量を4GBにしてあるSDHCメモリーカード4GBに交換して、連写を始めました。
色々な方向で稲妻が縦に走っていますが、光った瞬間にカメラを向けても遅いので、ずっと同じ方向で連写し続けて・・・

↑ 落雷の瞬間 (CX1)
やった~!\(*^ω^*)/
雨に煙る東京スカイツリー → 
(CX1)
     
この後、滝のような(バケツをひっくり返したような?)夕立ちがやって来ました。
風も強くなり、展望テラスに吹き込んで来て、かなりの床やベンチが雨に濡れています・・・遂に一番奥の方まで雨が吹き込んで来ちゃいました。仕方がないので、一時室内へ撤収する事にしました。

ようやく雨も小降りになり始め、空も次第に明るくなって来たので「これはもしかしたら!?」と思い、まだ小雨が吹き込む展望テラスに出てみると・・・
 ← 二重の虹が架かるスカイツリー
   (CX1)

二重の虹が架かった東京スカイツリーが見られました。撮影した画像だと分かりづらいんですが、主虹(しゅこう、一次虹)と、主虹と色の順序が上下逆になる副虹(ふくこう二次虹)、そして主虹の内側に見える過剰光(かじょうこう)がハッキリと見えましたよ。天気が一気に回復しなかったので、こんな感じでした。

天気が一気に回復しなかったのは、まだまだ北西から北東に雷雲が広がっていたからなんです。

↑ 浅草タワーに落雷した瞬間 (CX1)
浅草ビューホテルの西隣に建ったタワーマンションの浅草タワーにも落雷しました。
走る稲妻 → 
(CX1)
     
こちらはかなりの距離を斜めに走っている稲妻です。
今日は見える範囲内では割と垂直方向の落雷が多かったのですが、このように斜めに走る稲妻も時々見られました。こう云う斜めに走る雷って意外に恐ろしく、雷が遠ざかったと思って安心していると、落雷に打たれて死傷してしまうんですよ。


↑ 南千住~汐入方面に落雷した瞬間 (CX1)
こんな感じで連写モードで撮り続けた結果、今日の撮影枚数は、この後スタバで飲食したビバレッジやフードも含めて、合計で1,258枚ほどに達してしまいました・・・もちろん、落雷が写ってないコマは、前後1枚を除いて、全て削除しましたけど。A^ω^;)

それにしても意外とスカイツリーには落雷しませんね・・・鋼管鉄骨が静電気を放散させてしまい、鉄筋コンクリートのビルに比べれば帯電しにくいんでしょうかね?
ご意見、ご感想はこちらへどうぞ!
※この記事は書きかけです。タイトルや内容その他が変更される可能性があります。
関連記事
スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cyobinosuke.blog34.fc2.com/tb.php/3396-8b055669
    この記事へのトラックバック