FC2ブログ

運転免許証の更新

2013年06月03日 20:00

曇りのち晴れ
今日運転免許証の更新に千葉県の流山運転免許センターへ行って来ました。
流山運転免許センターの外観。
ワイコン持って行かなかったので入り切らなかった・・・orz

この流山運転免許センターは千葉県内2番目の運転免許センターで、主に東葛飾地域中~北部(我孫子市、柏市、流山市、野田市、松戸市)の「常磐線エリア」の人たちが利用しています・・・JR京葉線の海浜幕張駅からバスで10分足らずの千葉運転免許センターって、常磐線エリアの住民には乗り換えが多くて不便だったんですよねェ。
それでも一番バスの本数があるJR常磐線/東武野田線柏駅からは、東武バスで30分くらい掛かるんですが。

入口を入って総合受付運転免許証更新通知はがきを提出すると、係員が機械的に免許証コピー機にかけます・・・免許証がコピーされた運転免許証更新・講習申請書(申請用紙)を貰い、記入台で必要事項を書き込みます。
今回は引っ越しをして裏書きがあったので、新住所欄に記入が必要になりました。

↑ 申請用紙の記入例画像は加工してあります(笑)。 (CX1/斜め補正)
収入証紙売りさばき所で必要な手数料分3,100円分(更新2,500円+講習600円)の収入証紙を購入して、指示された通りに申請用紙へ貼付します。

ここでウケを狙って変な風に貼ると、申請用紙の書き直しと収入証紙の再購入をする破目になるそうです。つまり「法規を守る意思がない」と見做されるらしいんですよね・・・ウワサの域を出ませんが、やってみる度胸はありませんよ。

この後は(8)の適正検査室(視力検査)へ。

右の画像は、晴れて運転免許試験に合格した人たち。運転免許証更新の人たちの場合は、もっとまばらです。視力検査でちょっとショックだったのは、眼鏡視力が資格ギリギリの0.7だった事。流石に5年後までには新しい眼鏡を作らないとなあ。←サッサと作れ
視力検査が終わったら、申請用紙を(10)の「更新」と表示された申請窓口に提出して、番号札を貰います。
同じ更新でも、優良一般違反者初回の4種類がありますから、番号札のアタマの数字が変わって来ます・・・どうやら今回の優良講習は300番台のようです。

暫く待って(11)の窓口申請用紙を返却して貰いますが、この時係員の声が聞き取れるかどうかが聴力検査代わり。どうも携帯端末を夢中で弄っていて聞き逃すと、注意されるようです。
更新・・・って云うか、免許センター内は「原付や自動車を運転しているのと同じ」なんですから。
申請用紙を受け取ったら、(12)の撮影室で運転免許証にプリントされる写真を撮りますが、撮影前に係員が服装の乱れをチェックしてくれます。
私より一回り以上大きいデブの男性が、やたらと撮影に時間が掛かってたんですが、何だったんだろう?
撮影が終わったら、申請用紙の下の細長い部分(=免許証引換書)を切り離して渡されるので、それを貰って2階へ向かいます。

2階では交通安全協会の勧誘がありますが、原付時代に入会しても、特に何のメリットもない事を知ってからは、ずっとスルーしてますよ。
2階の講習受付の係員に免許証引換書を渡すと、チェックの丸印が書き込まれ、受付済みと講習室番号のスタンプが捺されて、教則本「安全運転を確かなものにするために」を1冊手渡されます。
講習室の入口で千葉県警発行の交通事故の現状などが載った資料「交通安全のために」を1部取ってから、机へ。
席は自由ですが、いつも一番前に座ります・・・だって人数が少ないと、講師に「もっと前に集まって下さい」と言われて、移動する事になるんですもん。
一番前の中央に座るのを通例にしてたんですが、今日は先客(?)がいました(笑)。

30分しかない優良講習って、私は本当に不満なんですよね。この5年間で道路交通法道路交通法施行令道路交通法施行規則が結構変わっているのに、っから「後で教則本を読んで下さい」って姿勢なんですもん。
講習料600円返せ!ヾ(*`Д´*)ノ" (ぁ

さて、講習も終わってSDカード会員入会の説明を聞いている間に、講師が免許証引換書講習済みのスタンプを捺して回ります・・・講師がウッカリして、私の分を捺し忘れてましたが(苦笑)。

いよいよ更新された運転免許証交付です。

古い運転免許証免許証引換書右端にある、IC免許証用の4桁の暗証番号2種類が印字された部分(=暗証番号部分)を前もって切り離し、下から免許証引換書古い運転免許証暗証番号部分の順に重ねるように指示されます。
係員から番号順に呼ばれるので、一式を提出します。この時古い運転免許証の返却を希望すれば、機械で古い運転免許証の四隅に穴が開けられて返して貰えます。
この後は、IC免許証用確認装置で、新しい運転免許証の記載内容を確認します。

今の運転免許証は、本籍地が記載されずにICチップに記録されているからなんですが、この確認はちょっと面倒ですよね。※IC免許証は偽変造防止が主目的ですが、同和問題や部落差別問題も絡んで導入された、などとも言われています。
これで氏名生年月日本籍(表の記載なし)、住所交付日有効期限免許の条件等、運転が出来る自動車原付種類などの記載事項などに何の問題がなければ、更新は全て終了です。
これから次の更新までの5年間は流山運転免許センターに行く事もありませんね。
次回は平成30年(2018年)の5月26日から7月26日の間です・・・長いなあ、忘れちゃいそう。(ぇ

右は適正検査に並んでいた人たちの合格表示ですが、まず1年間は無事故無違反で乗り切って初回更新(初回運転者講習)を迎えて欲しいものです。
ご意見、ご感想はこちらへどうぞ!
※この記事は書きかけです。タイトルや内容その他が変更される可能性があります。
関連記事
スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cyobinosuke.blog34.fc2.com/tb.php/3326-45722633
    この記事へのトラックバック