FC2ブログ

あと50日 ~私的東京スカイツリー解説付き~

2012年04月02日 22:22

晴れのち曇り
あと50日 ← あと50日
5月22日(火)東京スカイツリーの開業まで、残り50日。
そこでスカイツリーの機器や施設の名称の図を作成してみました。
本当のスカイツリーには東京スカイツリータウン(低層棟)やスカイツリーイーストタワー(オフィス棟)がありますが、そちらは割愛して、地上から順に追ってみたいと思います。

■地上0m
タワー基部の鋼管鉄骨は「C1ハシラ」といいます。
直径2.3mもある、一番太いものになっています。

■50m
三ヶ所の基部から伸びる鋼管鉄骨が組み合わさる部分は「鼎(かなえ)」と呼ばれています。
東京スカイツリー機器・施設名称
航空障害灯デッキと風向風力計 →
■地上100m
航空障害灯があり、昼間でも視認する事が出来る200,000cd(=candela/カンデラ)のフラッシュ光を発しています。
航空障害灯デッキには風向風力計も併設されています。
東京スカイツリー東京タワーのようなインターナショナルオレンジホワイトのツートンカラーにならないのは、昼間でも視認する事が出来る200,000cd(=candela/カンデラ)の航空障害灯を設置しているからです。
おしなり公園南側の東武橋下から ← 東京スカイツリーとスカイツリータウン
■地上0m~125m
心柱固定域です。スカイツリー本体とガッシリ繋がれています。
心柱コンクリートの塊ではなく中空構造で、内部は非常用階段が設けられています。

心柱の周囲には「天望シャトル」と名付けられた東芝エレベーター製超高速エレベーター(分速600m)が4台配置されています。
また、昇降距離464.4mと日本最長の業務用エレベーターが2台配置されています。

■地上150m
機械室があります。

■地上200m
航空障害灯があります。
ご意見、ご感想はこちらへどうぞ!
東京スカイツリー機器・施設名称 ← スカイツリーの施設・機器名称
■地上250m
機械室があります。

■地上285m
航空障害灯があります。

この付近からは放送通信用アンテナが設置されています。
また、各鋼管鉄骨の組み合わさる部分などには、ライトアップ機器が設置されています。

■地上330m
天望デッキ(第1展望台)の基部が広がっています。
おしなり公園から、南側正面
南側正面 →
■地上340m~375m:天望デッキ(第1展望台)
地上340m:フロア340
「スカイツリーカフェ」「ガラス床」(2m×3m)など
地上345m:フロア345
「ザ・スカイツリーショップ」「スカイツリーレストラン634(ムサシ)」など
地上350m:フロア350(天望シャトル到着フロア)
「東京時空ナビ」「江戸一目図屏風」「パノラマスクリーン」など
地上350m~375m:機械室

■地上125m~375m
心柱可動域です。
250mある可動域は、オイルダンパースカイツリー本体に繋がっていて、スカイツリー本体の揺れとは違う揺れ方で、地震などの揺れを相殺する仕組みになっています。
南東側の頂点を見上げる ← 逆光ですが。
■地上375m
航空障害灯があります。

■地上375m~435m
放送通信用アンテナライトアップ機器が設置されています。

■地上445m~450m:天望回廊(第2展望台)
地上445m:フロア445
「天望回廊」(チューブ状の起点部分)
地上450m:フロア450
「天望回廊」(終点部分)、「ソラカラポイント」など
地上450m~460m:機械室

■地上460m
航空障害灯があります。
とうきょうスカイツリー駅から
西北西側 →
■地上497m
スカイツリー本体(塔体鉄骨)の最頂部になります。
ここから上は137mの高さがあるゲイン塔になります。
ゲイン塔は、多くのアンテナ素子を集約配置している塔の事です。

■地上540m
航空障害灯があります。

■地上634m
避雷針航空障害灯制振装置(TMD=Tuned Mass Damper)の入った制振機械室などがあります。
制振装置は40tと25t、合計65tの振動体(おもり)で固有振動数を調整して、パッシブ(受動的に)制振する装置です。
40tの振動体を持つ装置は620m、同25tは625mの高さにあります。

以上、ザックリとスカイツリーのの機器や施設の名称を羅列してみました。
参考になれば幸いです。
※この記事は書きかけです。タイトルや内容その他が変更される可能性があります。
※2012年05月03日(木):加筆・修正。
関連記事
スポンサーサイト





コメント

  1. チョビ之助 | URL | -

    スカイツリーと怪獣映画

    >ガメラ医師さん
    東武タワースカイツリー(株)は、倒壊に関しては許可を出さない方針のようです。
    平成21年(2009年)7月から1クール(11話)で放送された「東京マグニチュード8.0」でも、製作スタッフがスカイツリーを出していいか許可を求めたところ「倒さなければいいですよ」と回答したそうです。
    そこでスカイツリーは目立った被害を受けてなかったり、「ジャポニカ学習帳」のようなノートの表紙になったりしています。
    航空自衛隊の「例え怪獣との架空の戦闘でも、自衛隊機を墜落させるなら協力はしない」と同じなのでしょうね。

  2. ガメラ医師 | URL | tjI7tlFg

    チョビ之助さま、こんにちは。

     毎度のご無沙汰で恐れ入ります。ガメラ医師でございます。変わらずお元気そうでなによりです。
    スカイツリーの開業までいよいよ秒読み段階となり、東京ではさぞ盛り上がっていることかと存じます。最初にこの巨大な自立式電波塔に挑む怪獣ははたして誰か、興味が持たれるところです。^^)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://cyobinosuke.blog34.fc2.com/tb.php/2731-2bc34279
この記事へのトラックバック

-

管理人の承認後に表示されます