FC2ブログ

『キング・コング』の恐竜たち

2005年11月11日 20:38

曇り
近日公開予定の映画『キング・コング』
前回のトホホな『キングコング』(1976年)ではなく、その前の“元祖”『キング・コング』(1933年・RKO)のリメイクだそうデス。
現在ではゴリラは温和で、ねじ伏せる力なら十分あるのにヒョウに無抵抗で捕食されるくらいの平和主義者・・・として知られているので、人間を襲って食べてしまうシーンは流石にないようデスね。A^∇^;)

さて、1933年版『キング・コング』では沢山の恐竜が登場しましたが、2005年版の今回も、恐竜はしっかり現代に生き残っているようデス。
現代まで恐竜が生き残っているのか?
答えは“Yes”デスね。姿や大きさ、移動方法は大きく変わり、竜盤類の中の獣脚類だけが今に続いている訳デスが・・・それは「鳥類」と呼ばれる動物です。現在では「恐竜(類)は鳥(類)とトリケラトプスの直近の共通祖先と、そのすべての子孫」という定義がなされているくらい、密接な繋がりがあります。

さあ、2005年版『キング・コング』では、どんな恐竜が登場するのでしょう?1933年版では、ティラノサウルス、ステゴサウルス、ブロントサウルス(現・アパトサウルス)、そして恐竜ではありませんが、プテラノドンが登場しました。

・・・・・・Vastatosaurus rex=V-REX ?(´・ω・`)

(;`・д・´)な、なんだってー!!(`・д・´(`・д・´;)

バ(ヴァ)スタトサウルスって?
なりはティラノサウルスなんデスが・・・なんなのでしょう?

他にはユタラプトルっぽいVENATOSAURUSや、ピンクの肌がキショい、蝙蝠のようなTERAPUSMORDAX、ピラニアが中途半端なウナギになったようなPIRANHADONなどがいます。
・・・って、これはトイのお話。
映画に出てくるかどうかは不明ですが、後者2種類が出たら、かなり脱力ですね。
関連記事
スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cyobinosuke.blog34.fc2.com/tb.php/27-317e20d3
    この記事へのトラックバック