FC2ブログ

そして634mへ

2011年03月02日 23:00

曇り(一時晴れ)
昨日、遂に600mの大台に乗り、広州塔(600m)を超えて自立式鉄塔としては世界一になった東京スカイツリー
以下は現場のフェンスなどに貼られている、各種の掲示です。
2月~4月工事工程予定表 1週間の工事予定表
↑ 3ヶ月と1週間の工事予定表 (CX1/斜め補正に修正)
注目して頂きたいのが、左の2月~4月工事工程予定表です。一番上の《タワー街区》の4月の部分に、破線でタワークレーン解体工事と記されています・・・スカイツリー634mに達すれば、タワークレーンのお役目も基本的には終わり。
大活躍していたJCC-V720AHとも、いよいよお別れが近付いているんですね。
右の週間工事予定表の高さ表示が594mのままなのは、毎週月曜日に貼り替えられている為です。
週の途中で高さが変わっても、貼り替えられてなかったと記憶しています。
たぶん来週の月曜日まではこのままだと思いますが・・・記憶力に自信がありません。A^ω^;)
ご意見、ご感想はこちらへどうぞ!
左のH23年4月下旬進捗状況も、外部塔体工事が最終段階に入った事をうかがわせます。
H23年4月下旬進捗状況 タワー進捗高さ
↑ 3月末、遂にスカイツリーは634mに (CX1/斜め補正に修正)
着雪対応工事が4月中旬までなのは、昨年4月の降雪による落雪事故を考慮したんでしょう。
お気付きかと思いますが、タワークレーンが1基ずつしか描かれていませんね。かなりハイペースでタワークレーン解体工事が進むと思われます。しかし、外部塔体工事が終わっても、まだまだ塔体の内部工事や内装工事は続く訳です。
そして右のタワー進捗高さは、黒い線が、全て赤い線に置き換わり、四角いフキダシで平成23年3月末(予定) 地上約634メートルと記載されました。
このまま外部塔体工事が予定通り進んで行けば、3月末に634mに達して、現在建っている自立式鉄塔として、世界一の高さになる訳ですね。

ただ、ちょっと不安なのが、世界一の高さになった後なんです。
東京タワーは塔体完成から開業まで、殆ど間が空かなかったのに、スカイツリーの場合は1年ほど間が空いての開業、と云う点が問題なんですよ。
この1年間と云う時間に、熱しやすく冷めやすい日本人の心理がどう動くか・・・「世界一の高さの東京スカイツリー」訴求力が問われる1年間になりそうです。
※この記事は書きかけです。タイトルや内容その他が変更される可能性があります。
関連記事
スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cyobinosuke.blog34.fc2.com/tb.php/2334-a04b8b25
    この記事へのトラックバック