FC2ブログ

NOW 604m

2011年03月01日 23:33

曇りのち雨
遂に東京スカイツリー広州塔(広州テレビ塔)の高さ600mを超えて604mに達し、自立式鉄塔としては世界一の高さになりました。
東武タワースカイツリー(株)前から ← 東武タワースカイツリー前より
   (CX1)

会社の所用で墨田区業平の近くまで出たので、短時間でしたがスカイツリーを撮って来る事が出来ました。
天気は生憎の曇り空、時折雨がぱらつく・・・という状況ですが、会社を早めに出て、本所吾妻橋駅で下車。
twitterでは毎時3mリフトアップが始まっている、などのツイートが飛び交っています。
時々twitterで情報を見ながら、取材用ヘリコプターが飛び交う下町を歩きます。
まだ高さ表示は594m 見守る社員たち
 ↑ まだ594mの高さ表示(左)と、社屋前から見守る社員たち (CX1)
ハッキリ言えば「サボってる」状況に近いので(苦笑)、チャッチャと要所要所を回りました。
大横川親水公園東武橋は改めて、として、現場に掲示されている工事進捗図CX1斜め補正機能で撮影。
スカイツリーインフォプラザに寄って、600m越え記念スタンプが捺されたソラカラちゃんポストカードを貰いました。
そのまま源森橋に向かうつもりでしたが、折角なので東武タワースカイツリー(株)の前から見上げたスカイツリーを撮ろう・・・と思ったら、社員の皆さんもスカイツリーを見上げています。
携帯電話デジカメモードで画像撮影したり、ワンセグを視聴したり。結構フリーダムだなァ(笑)。
まあ、一種のお祭りですからね。
ご意見、ご感想はこちらへどうぞ!
源森橋から スカイツリーと空撮の小型飛行機 ゲイン塔の様子
↑ 源森橋から塔体全景(左)と、285mラインから上(中)、ゲイン塔 (CX1)
源森橋に着くと、誰もいません・・・絶対におっさんたちが数人はいると思ったんですけど、もう引き上げた後のようでした。
上空には取材用ヘリの他に、珍しく空撮の為の小型飛行機が飛んでいます。
時間も限られているので、いつもの位置からなるべく屋形船が入るようにスカイツリーの塔体全景、第1展望台から上、ゲイン塔のアップを、各3~4枚ほど撮影しました。
世界記録更新!
601mに! → 
(CX1)
     
ここまで来て忘れてはならないのが、150mライン機械室にある、高さの掲示。
オートリサイズズーム機能でズームアップしてみると、「現在の高さ601m」に変わっています。上の左の画像のリサイズ前を見ると、作業員の方たちが掲示板を交換している様子が写ってました・・・とは言っても、35mmフィルム換算28mm相当で撮影してます。
鉄骨鋼管の影にもなっているので、流石にドットのレベルですけどね。A^ω^;)

こちらは600m超えを伝える時事通信47NEWSの記事の引用です。

スカイツリー、世界一の高さに 600メートル超す
47NEWS画像

「東京スカイツリー」を見上げる人たち=1日午後、東京都墨田区

 東京都墨田区で建設中の新タワー「東京スカイツリー」が1日午後1時29分、高さ601メートルとなり、自立式電波塔としては世界一の高さとなった。2008年7月の着工から約2年7カ月。

 運営会社の東武タワースカイツリーによると、これまでの世界一は中国の広州タワー(600メートル)。スカイツリーの工事は最高到達点の634メートルに向け最終段階に入る。

 東武タワーによると1日は、地上デジタル放送用のアンテナなどを取り付ける、タワー先端部の「ゲイン塔」のつり上げ。10年12月に高さ500メートルを超えて以降、地上で組んだゲイン塔を週約10メートルのペースでつり上げてきていた。

 近く、634メートルに達した後、タワーの足元にオープンする商業施設や最寄り駅からの通路の工事が進められる。12年春に開業予定。 【共同通信】

(47NEWS:2011年03月01日14時05分)
www.47news.jp/CN/201103/CN2011030101000418.html

オ・マ・ケ♪
600m越えの記念ポストカード(裏) 600m越えの記念ポストカード(表)
↑ 600m越えの記念ポストカードの裏(左)と表 (CX1)
こちらは前述のソラカラちゃんポストカードです。
ちゃんと「600m越え 東京スカイツリー 2011.3.1」と入ってます。
今日だけの限定配布だったので、見に行けてラッキーでした。一緒に行った(同罪の)上司と同僚も喜んでましたよ。(^o^)
※この記事は書きかけです。タイトルや内容その他が変更される可能性があります。
関連記事
スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cyobinosuke.blog34.fc2.com/tb.php/2333-66b3a6b0
    この記事へのトラックバック