FC2ブログ

スタバに実行して欲しい“Karma Cup”

2011年02月02日 22:55

晴れのち曇り
昨日、ネット検索をしていたら、greenz.jpというサイトに、スターバックスに関するこんなコラムがありました。
スターバックスの紙コップ利用を減らすためのアイデアコンペに優勝したのはコップのデザインではなく、”行動”をデザインするものだった!!
“Karma Cup”のイメージ
スターバックスもパートナーとなったコーヒーカップの廃棄量を減らすためのアイデアコンペ「Betacup」が行われたことについてはgreenzでもお伝えしました。このコンテストの結果が発表されたのですが、その結果選ばれた「Karma Cup」はなんとコーヒーカップではなかったのです!しかも他のアイデアとは一線を画すエモーショナルな仕掛けがなされていました… (以下、省略)

(greenz.jp/石村研二:2011年02月01日)
http://greenz.jp/2011/02/01/karma_cup/
へぇー、こんなコンペティションが開催されているとは知りませんでした。
ご意見、ご感想はこちらへどうぞ!
引用記事の全文です。
スターバックスの紙コップ利用を減らすためのアイデアコンペに優勝したのはコップのデザインではなく、”行動”をデザインするものだった!!
“Karma Cup”のイメージ
スターバックスもパートナーとなったコーヒーカップの廃棄量を減らすためのアイデアコンペ「Betacup」が行われたことについてはgreenzでもお伝えしました。このコンテストの結果が発表されたのですが、その結果選ばれた「Karma Cup」はなんとコーヒーカップではなかったのです!しかも他のアイデアとは一線を画すエモーショナルな仕掛けがなされていました…

このKarma Cupのコンセプトを示すイメージ画に書かれた言葉がまず印象的です。

A shared problem. A shared reward.(問題を分かち合い、報酬も分かち合おう)

このKarma Cupのコンセプトを要約すると、店頭に黒板を置き、マイカップを使った人がいたら、チェックをしてゆき、その数が10人、20人となったら、その「キリ番」の人は飲み物が無料になるというものです。

マイカップを使うことでポイントがたまり、飲み物が無料になるというアイデアはすでにあるし、このコンテストでもいろいろな工夫を凝らされて提案されました。このKarma Cupがそれらよりも優れているのは、そのポイントというインセンティブが個人に対するものではなく、マイカップを使う人たち全体に対して積み重なって行くという点ではないでしょうか。

本来ならインセンティブは個人に蓄積されていったほうが公平な気がします。このシステムだと、初めてその店に来て飲み物を買った人が無料のタイミングに当たるなんてこともあるでしょう。しかし、それを是とするのがこのアイデアのポイントだと思うのです。
例えばこんな感じでカウントします。
例えばこんな感じでカウントします。
これを是とするということは、このシステムに参加する動機が「自分が得するから」ではなく、「問題を解決するため」であるということを意味するのではないでしょうか。「ポイントが貯まるからマイカップを使う」のではなく、「資源を無駄にしたくないからマイカップを使うけど、無料のタイミングに当たったらラッキー」という発想がそこに感じられます。しかも、ポイントを貯めなくても無料になる可能性があるわけですから、初めて入った店、滅多に来ない店でもマイカップを使ってみようというモチベーションを高める要因にもなります。

さらに、このKarma Cupのシステムのほうが「いいことをしている」気分になるように思えます。それはなぜかと考えてみると、ここにはソーシャルの要素が入ってきているから。個人ではなくみんなで何かをすると、そこに何か連帯感のようなものが生まれる。実際にそれに参加した人たちが顔をあわせたりするわけではないのだけれど、一緒に何かをしているという感覚はそれが「いいことである」という感覚を強くします。
みんな持ってるのはマイカップ!
みんな持ってるのはマイカップ!
もしかしたら、これをさらに発展させて、店ごとに競争をさせてみたりしたらいいのではないでしょうか?そうすると「自分の行きつけの店」のなかで連帯感が強くなってモチベーションも上がる気がしませんか?あなたがいつも行っているスターバックスが日本で一番マイカップの使用量が多かったら、誇らしいと思いませんか?

考えれば考えるほどよくできたシステムだと思えますが、このアイデアが具体化されるという計画はまだないとのこと。せっかくコンペまでやったんだから、ぜひぜひやってほしい!そのときは店ごとで競争させるという方式も検討していただきたい!

(via Fast Company

(greenz.jp/石村研二:2011年02月01日)
http://greenz.jp/2011/02/01/karma_cup/
このコンペで優勝した“Karma Cup”は、マイカップ・マイタンブラーを持参した人を対象とした遊園地イベント会場などでの「○万人来場記念」みたいなものですね。
この案が採用されれば、普段からタンブラーを持ち歩いている私のようなスタバ好きにとっては、より一層楽しみになる話です。
よくスタバを利用している人でも「マグカップやタンブラーを持参すれば20円引き」という事を知らない方も多いみたいですから、そう云う人たちにも「こういう割引サービスがあるんですよ」と知らせる事にも繋がるでしょう。

もちろん“Karma Cup”が実行されるとしたら、アメリカのいくつかの州のスタバで試験的に導入されて、その後は全米に展開、そして海外のスタバに・・・という流れになるでしょうね。

早く実行を検討して、日本でも導入されたら嬉しいんですが・・・導入に当たっては、しっかりとキャンペーンをしないと、マイカップ・マイタンブラーの事を知らない一部の人たちが、目の前で1杯無料になったのを見たら難癖つけて来そうな気がしないでもないっスよね。
最近の日本、そう云うところで我が儘を言うヤツが多いですから。A-ω-;)
※この記事は書きかけです。タイトルや内容その他が変更される可能性があります。
関連記事
スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cyobinosuke.blog34.fc2.com/tb.php/2306-78e974ab
    この記事へのトラックバック