FC2ブログ

たぶん、569m PartV

2011年01月28日 23:55

晴れ(のち時々曇り)
1月27日からのつづきです。
今日もCX1で撮った、1月24日の東京スカイツリーの画像が中心です。
枕橋からのスカイツリー
↑ 枕橋から。 (CX1/トリミング)
お馴染み、枕橋からのスカイツリーです。
やはり569m(推定高さ)なので、元画像からは手前右に係留されている船を切らざるを得ませんでした。この先、ゲイン塔(アンテナ部分)は2倍少々伸びるので、少々構図を考えた方がいいのかも・・・。
ご意見、ご感想はこちらへどうぞ!
コンクリートホッパを吊り上げるタワークレーン
↑ 第1展望台から上のアップ。 (CX1/トリミング)
源森橋交差点に着いてスカイツリーを見たら、第1展望台にある中継用タワークレーンコンクリートホッパを吊り上げていました。第1展望台の中心付近ちょっと上にあるんですが、判りづらいかな?
心柱を打つ為のコンクリートホッパの上げ下げは、割と頻繁に見る事が出来ますね。
源森橋から、“スペーシア”とのツーショット源森橋から、スカイツリーのみ
↑ 源森橋から、“スペーシア”通過前と通過後 (CX1)
この日は特に東武伊勢崎線の通過車輛を狙って移動していた訳ではありませんが、CX1を構えたら下り“りょうもう”が通過・・・「“りょうもう”の『ケツ撃ち』はイヤだなー」と思っていたら、液晶モニターの奥に上り“スペーシア”が見えたので、急いでモードダイヤル連写モードに切り替えました(笑)。
右は“スペーシア”が通過した後に撮ったのですが、傾いて見えるのはスカイツリー独特の「反りと起り」による錯視の所為です。
吾妻橋三丁目東交差点から見たスカイツリー
↑ 吾妻橋三丁目東交差点から、奥は業平橋。 (CX1/トリミング)
吾妻橋から渡って真っ直ぐ来ると浅草通りに出ます。そこからスカイツリー目指して歩くとセブンイレブンのある交差点が吾妻橋三丁目東交差点です。セブンイレブンの手前で撮らないと、信号で停まっている自動車が入っちゃいます。
業平橋から見たスカイツリー
↑ 業平橋からの眺め (CX1/ワイコン使用)
「とうきょうスカイツリー駅」に改称予定の業平橋駅や、この付近一帯の地名の由来になった業平橋から。
ここまでスカイツリーに近くなると、ワイドコンバージョンレンズ DW-4を使わないと厳しくなってきました。手前の低層ビルを切れば、ギリギリなら入るんですけどね。
大横川親水公園から見たスカイツリー
↑ 仔ネコのいた公園から (CX1/ワイコン使用、トリミング)
仔ネコのいた大横川親水公園すべり台そばから。
何故か公園内に工事用車両が入っていましたが、何か工事の予定があるんでしょうか?
さくらcafe向島近くの歩道から見たスカイツリー
↑ さくらcafe向島近くから (CX1/ワイコン使用)
を掛けたが目印のさくらcafe向島近くの歩道から。
すぐそばに業平一丁目交差点があるので、交通の流れを見ないと自動車、特に路線バスなどの大型車両が手前の車線を横切って、思いッ切り失敗します(苦笑)。
東武橋から見上げるスカイツリー
↑ 東武橋から見上げて撮りましたが・・・ (CX1/ワイコン使用、トリミング)
人気撮影スポットの東武橋から。
ワイコンで撮影した関係上、100m~200m付近が極端に太く写ってますね・・・一眼レフアオリレンズを使えば、こう云う画にはなりにくいんですが、まあ、これも面白いと自己満足してます(苦笑)。
高層棟(オフィス棟)ことスカイツリーイーストタワーも、殆どの階にガラスが取り付けられています。
業平橋駅ホームから撮影業平橋駅ホームからワイコンで撮影
↑ 業平橋駅ホームから。 (CX1)
最後は業平橋駅から撮影しました。右はワイコンを使用しています。

東京メトロ銀座線浅草駅から業平橋駅までの徒歩移動距離は、吾妻橋付近の重複部分や駒形橋枕橋源森橋を迂回しても約2.5kmほどしか歩いていません。
撮影しながら(=休みながら)なので大して疲れませんし(デブなんだからダメぢゃん)、お散歩コースとして歩いてみては如何でしょう?

5日間引っ張って来ましたが(苦笑)、お付き合いありがとうございました。m(_"_)m
月曜日にはHPでの公式発表があるでしょうね。
※この記事は書きかけです。タイトルや内容その他が変更される可能性があります。
※2011年01月29日(土):加筆・修正。
関連記事
スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cyobinosuke.blog34.fc2.com/tb.php/2301-17126ee7
    この記事へのトラックバック