FC2ブログ

南千住駅からの東京スカイツリー

2010年11月20日 23:32

晴れのち曇り
所用で都内へ・・・朝は私の好きな雲量だったのですが、出掛けてみたら、かなり雲が厚くなっていました。
東武線/東京メトロ日比谷線・北千住駅ホームから
 ↑ 雲が厚くなり過ぎ。 (CX1)
東武鉄道東京メトロ相互乗り入れ駅である北千住駅から見た東京スカイツリーです。
スカイツリーから見て、ほぼ北北東に位置しているので、北側のマストクライミング式タワークレーン第1展望台から上を左右に分断しているように見えます。
東京スカイツリー定点観測所の管理人なかやんさんによると、塔体最上部に制振装置が据え付けられたようですが、残念ながら北千住駅からでは遠くてよく判りませんでした。
ご意見、ご感想はこちらへどうぞ!
東京メトロ日比谷線・南千住駅付近から
↑ ドンピシャ!(死語? CX1)
東京メトロ日比谷線に乗り、一駅隣の南千住駅へ・・・途中での見えるポイントで通常連写モードで撮影しましたが、撮り始めるタイミングが悪いものばかり。しかし11月10日の記事に載せた画像より、やや南千住駅寄りでタイミングがバッチリ合った画像が撮れたので、ちょっと嬉しいです。
ほぼ逆光の時間ではなく順光の時間で、(暦では冬ですが)もっと晩秋らしい雲だったら良かったんですけどね。
東京メトロ日比谷線・南千住駅ホームから
いつもの窓から → 
(CX1)     
いつも撮影している窓から見た東京スカイツリーです。
三ノ輪駅寄りの金網の掛かった窓の、金網の隙間から撮らざるを得ないので、いつも苦労します。毎回、金網のマス目の位置は適当(苦笑)ですが、なるべく同じアングルになるように心掛けています。
写ってはいませんが、いつもJR貨物隅田川駅構内にある照明塔と、「オピス」と云う広告塔で位置を合わせています。JR東日本常磐線から隅田川駅へのを跨ぐ陸橋からの方が、撮影条件としては良いのかも知れませんけどね。
第1、第2展望台付近(330mm相当) ← 第1、第2展望台
   (CX1)

第1展望台第2展望台のアップ。35mmフィルム換算で330mm相当のオートリサイズズーム画像(2,048×1,536px,3MB)です。
やはり撮影位置の関係上、タワークレーンオペレーター室に隠れて制振装置はよく判りませんでした・・・もしかしたら、北側のマストクライミング式タワークレーンオペレーター室前(右手)に見える黒いものが制振装置かも知れません。
東側か西側で見れば、よく見えたのでしょうが、残念ながら今日は行っている時間がありません・・・ゲイン塔が伸び始める前までに、また改めるしかないでしょう。
第2展望台付近(1,080mm相当)
空中回廊? → 
(CX1)     
第2展望台付近のアップ。CX1では最大ズームになる、1,080mm相当のオートリサイズズーム画像(640×480px,VGA)です。
第2展望台の本体なのか、それとも空中回廊になるのかはよく判りませんが、鉄骨が宙ぶらりんになっているような感じで、ちょっと怖いです(苦笑)。
こんな高さでヒョイヒョイと歩き回っている作業員の方々の神経の太さには本当に感心します。私、高いところは比較的平気な方ですが、やはり周囲が囲まれているヘリコプターに乗っているような状況と、吹き曝しで命綱1本で歩くという状況では、恐怖感が違いますからね。

日比谷線の電車3本を見送って一通りの撮影を済ませ、再び日比谷線に乗って目的地に向かいました・・・もちろん、時間にはゆとりを持って出てましたョ。
※この記事は書きかけです。タイトルや内容その他が変更される可能性があります。
※2010年11月21日(日):加筆・修正。
関連記事
スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cyobinosuke.blog34.fc2.com/tb.php/2229-098d64d3
    この記事へのトラックバック