FC2ブログ

ISO感度と夜景

2010年10月12日 23:00

曇りのち時々晴れ
皆さんは積極的にISO感度を変更してますか?
ISO AUTO-HI(ISO:734)で撮影 ← ISO734の状態
   (CX1)

画像はアパート近くの立体駐車場から撮影した東京スカイツリーの夜景。
左の画像は何だか白っぽくなっていますが、CX1撮影モード高感度モードにして撮ったものです。この時のISO感度ISO:734でした。
以下の画像は、全てCX1で撮影。35mmフィルム換算で540mm相当オートリサイズズームで撮影、元の画像サイズは1,280×960pxになります。露出補正(EV)は±0、露光時間は1秒、あとはISO感度だけを変更しています。

ISO80で撮影ISO100で撮影ISO20で撮影
ISO400で撮影ISO800で撮影ISO1600で撮影
左上から80、100、200、400、800、1600 (CX1)
前述のように、ISO感度だけを変更して撮影してみました。
こうして並べてみると、ISO感度が1段階上がる毎に実際の夜景と撮影時の夜景の色合いが異なってくるのが分かりますね。
暗い中でISO感度を上げてシャッタースピードを速くして、手ブレ被写体ブレを抑えるか、ISO感度は低いまま、手ブレ被写体ブレを覚悟の上で、自然な夜景を撮影するか・・・ちょっとしたジレンマですね(苦笑)。
ちゃんとした三脚(+ストーンバッグ)があるなら、ISO感度を低くしていても大丈夫でしょうね。
ISO色調チャート
画像の粗さ → 
(CX1)     
こちらは各画像の原寸(1,280×960px)の左上を120×90pxで切り出してみたものです。
やはりISO感度が高くなると、画像の粗がハッキリしちゃいますね・・・まあ、撮像素子(CCDやCMOS)が受けた弱い光を増幅して記録しているから、致し方ないんですが。

今回失敗したのは、リコーデジカメ上位機種と共通のケーブルスイッチ(CA-1)を忘れた点です。
やはりシャッターボタンを押した時の何分の1秒かのブレが影響しています・・・1秒って、アッという間のようでいて、実際は結構長いんですよね。
ご意見、ご感想はこちらへどうぞ!
※この記事は書きかけです。タイトルや内容その他が変更される可能性があります。
関連記事
スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cyobinosuke.blog34.fc2.com/tb.php/2190-d1bb7634
    この記事へのトラックバック