FC2ブログ

バットモービル(ダイキャストタイプ)

2010年09月29日 23:00

曇り
一昨日の記事に書いた通り、現在のところサントリーBOSS SIMPLE STYLEに、コンビニ限定バットマン ビークル コレクション」が付いてます。
ボス シンプルスタイル(2缶タイプ) ← 2缶用
   (CX1)

今回はチョロQのようなデフォルメタイプ(1缶に1個、全10種類)ではなく、ダイキャストタイプ(2缶に1個、全5種類)の中からバットマン(1989年/平成元年公開)のNo.1 BATMOBILEをを紹介します。ダイキャストタイプダイキャスト製ノンスケールモデルになっていて、後輪側にプルバック・システムが内蔵されています。

先日も書いた通り、バットモービルロングノーズの車体にジェットエンジンを搭載した、ハッタリの効いたデザイン。テール部分ノズルから炎を上げて走る姿が好きでしたね。
バットモービル → 
(CX1)     
ダイキャストタイプボディデフォルメタイプとは違い、ほぼ映画に登場するようなプロポーションです。プロポーションと共にダイキャストという材質の関係もあるのでしょう。2缶に1個キャップパッケージに入ってボス シンプルスタイルを2本まとめた状態で取り付けられてます。
亜鉛という材質と、鋳造という工程などの関係上、ダイキャスト製品に細かいディテールを求めるのは、やはり酷ですね。
細かいディテールを求めるのであれば、ロストワックスで作ればいいのですが、税込220円缶コーヒー2本セットオマケではペイ出来ませんね(苦笑)。また、プラスチック製品として作ってもいい訳ですが、手にした時の金属の冷たい感触がありませんし、購買意欲を殺ぐ結果になってしまいます。その点、このダイキャスト製バットモービルはまずまずの出来ではないでしょうか?
バットモービル4面図
バットモービルの4面図 (CX1)
CX1マクロモードで撮影した画像を、4面図風に加工してみました。
デフォルメタイプではプルバック・システムを内蔵する関係で残念だったコックピットからテール部分の一連のフォルムも、比較的細かい部分まで作り込んであるので好感が持てます。
ジェットエンジンタービンも、割り合い細かく抜かれていますし、よい感じです。ただ、こうなるとボディコックピット・ウィンドウの黒のグロス、セミグロス2色、>、ジェットエンジンの銀色の3色だけなのがもったいない感じになって来ますね。もう1セット買って、ヘッドライトテールランプに色をさしたくなってしまいます・・・サントリー、そこを狙ってたりして(笑)。
ご意見、ご感想はこちらへどうぞ!
大人と子供? ← これだけ違います。
   (CX1)

ダイキャストタイプは普通のプルバック走行のみです。
デフォルメタイプと違って、画像の通り全長軸距などの関係もあるので、缶の周囲を走らせるなんて芸当は元々不可能。だから磁石も内蔵されてません。
でも、何か別のギミックは内蔵させて欲しかった、と云うのは本音ですね。あ、そうすると(ペイした上に)儲けも無くなっちゃうか。(爆)
前から後ろから
↑ デフォルメタイプとの比較 (CX1)
並べてみると、1缶に1個2缶に1個という価格差はさて置いて、デフォルメタイプは遊ぶ為に特化させ、全10種類を集めやすいように、ダイキャストタイプディスプレイにも堪えられるように、気に入ったたら他のモデルも集めて欲しい・・・そんな風に考えているんじゃないか?と思ってしまいます。
右から撮りました。 → 
(CX1/ワイコン使用)     
ワイコン(DW-4)を貼り付けて(苦笑)撮影してみました。
・・・でも、狙ったほど、ロングノーズを強調した効果が出てませんでした。σ(・ω・`)
やっぱりもうちょっと前寄りのローアングルから撮った方が良かったんでしょうね。

まだまだ精進が足りませんね。(´・ω・`)
※この記事は書きかけです。タイトルや内容その他が変更される可能性があります。
関連記事
スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cyobinosuke.blog34.fc2.com/tb.php/2177-0a6a4aca
    この記事へのトラックバック