FC2ブログ

松戸花火大会 in 2010(その2)

2010年08月09日 23:00

雨のち曇り(一時晴れ)
昨日からのつづきです。
世の中便利になったもので(笑)、花火を撮影する時のポイントはちょっと検索すれば、カメラメーカー各社個人ホームページブログなどに親切丁寧な撮影方法が書いてありますし、最近のコンパクトデジタルカメラは、メーカーによって「花火撮影モード」なんてモードまであったりします。
花火(その1) ← 数発目の花火
   (CX1)

リコー製デジカメ「花火撮影モード」なんて気の利いたモードはありませんし、そんなモードが付いていないコンデジでも、セオリー通りの設定をキッチリ守れば、十分に花火撮影は可能です
さて、松戸花火大会の打ち上げ開始時刻になり、スターマインが一斉に打ち上がりました・・・ところが私のCX1の先に、既に出来上がっていたオッサンが興奮して立ち上がってしまい、見事アウトになったのでした。orz
何発か続き、オッサンが周囲の人たちに注意されて座った後の花火が左の画像のものです。
花火(その2)
花火の音と歓声が響きます。 → 
(CX1)     
しかし、やや強い南寄りの風の影響で、開いた「花」が風で流されてしまうのは、気象現象ですから、どうしようもない・・・また、細い三脚が風に煽られて揺れてしまい、花火輝線が少々ジグザグになってしまいます・・・何とかしたかったのですが、ウェイトになるようなものはなく、仕方がないので諦めるしかありませんから、そのまま撮影を続行しました。もっと下流の葛飾橋方面で撮影すれば、風下側に当たるのでよかったのでしょうね。

まあ、そんな私の考えには関係なく(苦笑)、花火はどんどん打ち上げられ、打ち上がった花火が開く度に歓声が上がり、拍手が湧き起こります。
ご意見、ご感想はこちらへどうぞ!
花火(その3)花火(その4)花火(その5)
 ↑ 色々な花火。綺麗ですね。(CX1)
私は連続して打ち上げる花火型物と呼ばれる花火よりも、単発で大きな「花」が開く、「菊物」とか「菊先」などと呼ばれている方が好きですね。紅い「花」が魅力的な「牡丹」も好きな花火です。ただ、「牡丹」コンデジでは綺麗に撮るのが非常に難しい花火です。
花火(その7)花火(その8)花火(その9)
 ↑ 単発花火と連続花火の色々。(CX1)
以前は10号玉(尺玉)も上がっていた松戸花火大会ですが、規模が小さくなってしまった現在は、大きくても隅田川花火大会5号玉より一回り小さい4号玉なのが残念・・・でも、タダで見せてもらっているので、文句は言えませんね。
花火(その11)
 ↑ スターマイン系は派手さで勝負。(CX1)
連続して打ち上げる上に、色とりどりの「花」が開くスターマイン系は、やっぱり派手で人気がありますね。
歓声は打ち上げ時の連続発射音でかき消されがちですが、打ち上げが一段落すると、一際大きな拍手が起こるのが人気の証です。
花火(その12)
↑ 「蜂」と呼ばれるタイプ。(CX1)
こちらも密かな人気がある、一般的に「蜂」と呼ばれるタイプの花火です。
「シュルルル!」と云う音を発して四方八方へ飛ぶ様子は楽しいものです。尾を曳くタイプのロケット花火を大きくしたみたいな構造なんだろうな、と勝手な想像をしています(笑)。
花火(その10)花火(その6)花火(その13)
 ↑ 花火の打ち上げも佳境に。(CX1)
20時を回った頃から、松戸駅での混雑を避ける為に、立ち上がる人が出始め、失敗になってしまった画像も多くなりました・・・せめて見ている人の邪魔にならないよう、体勢を低くする配慮はして欲しいものですねェ。
打ち上げ時間は19時15分から20時20分という事だったのですが、花火が多かったのか、予定のプログラムがズレ込んだのかは不明ですが、20時40分近くまで打ち上げが続きました。
花火(その14)
 ↑ フィナーレ!(CX1)
そして、いよいよフィナーレです。
スターマイン単発が連続する、なかなか見応えのあるものでした。
しかし、これらが終わった後で江戸川の水面に開く水中花火を期待していたのですが、残念ながら水中花火はありませんでした・・・。(´・ω・`)
私と同じ気持ちだった人が多かったのか、暫く座り込んでいる人も多く、風に乗って大会本部の終了を告げるアナウンスで「なんだ、水中花火はなしかよ」と言って立ち上がる人も多かったですね・・・それだけ松戸花火大会名物花火になっていたって事なんでしょう。

松戸花火大会が終わった後は、また実家に顔を出し、母の手料理を食べて、暫く振りで実家のネコたちを弄ってから松戸駅に向かいました・・・しかし終わってから2時間近く経っているのに、松戸駅はかなり混雑していたのには参りましたね(苦笑)。
※この記事は書きかけです。タイトルや内容その他が変更される可能性があります。
※2010年09月09日(木)加筆・修正。
関連記事
スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cyobinosuke.blog34.fc2.com/tb.php/2126-b7094022
    この記事へのトラックバック