FC2ブログ

大暑

2010年07月23日 23:23

晴れのち曇り
今朝(06時06分)の地震は、茨城県鹿嶋市で震度5弱を記録した他、関東地方を中心に、東北地方南部から中部地方の一部にかけて震度4~1を観測しました。けっこう揺れたのに、ニュースを見るまで地震があった事を知らない知人がいたりして、ちょっと苦笑いしちゃいました。

さて、話は変わって・・・今日は二十四節気のひとつ、「大暑」です。
広辞苑によると・・・
たい-しょ【大暑】
(1)きびしい暑さ。酷暑。極暑。
(2)二十四節気の一。太陽の黄経が120度の時で、6月の中(ちゅう)。太陽暦では7月23日頃に当り、暑さが最もきびしい。<[季]夏>。
→小暑
・・・という事で、ここ数日間の暑さは半端じゃありませんねェ。
そんな訳で、、当Blogをご覧の皆様には、ささやかながら暑中見舞いをお届けします。
2010年暑中見舞い
ご意見、ご感想はこちらへどうぞ!
しっかし、本当に暑い日が続きますね・・・この暑さで余分な脂肪が融けて、搾り出す事が出来たら、本当にありがたいんですが(苦笑)。
暑さの原因は太平洋高気圧がもたらしているのはもちろんなんですが、今年は偏西風が極端に南北に蛇行していて、低気圧高気圧の移動が遅くなっているからなんですよね。
「日テレNEWS24」より
 東京都心で3日連続の猛暑日、3年ぶり

 23日は一年で最も暑い時期とされる二十四節気の「大暑」で、暦通り、各地で厳しい暑さとなっている。東京都心では3年ぶりに、3日連続で35℃を超える猛暑日となった。

 22日に全国で今年最高となる39.4℃を記録した岐阜・多治見では、23日も猛烈な暑さが続いており、午後1時に56分には38.6℃まで上がった。

 午後2時までの最高気温は、三重・桑名で38.4℃、群馬・館林で38.3℃、東京・練馬で37.8℃などとなっている。東京の都心でも午後2時前に35.5℃まで上がり、3日連続の猛暑日となった。都心で猛暑日が3日続くのは3年ぶり。

 この猛烈な暑さは24日までがピークだが、来週も関東地方では35℃前後の暑さが続く見込み。引き続き、熱中症には十分な注意が必要。

(日テレNEWS24:2010年07月23日16時15分)
http://news24.jp/articles/2010/07/23/07163386.html
熱中症で倒れ、手当ての甲斐なく歿る方も、お年寄りや子供を中心に多くなっています。
こまめな水分補給が大切ですが、冷たい水分ガブ飲みは、却って体調を崩す原因です。
折角水分を補っても、お腹が冷えて下痢を起こしてしまっては、逆に脱水症状を加速させてしまいますからね。
1時間に1回ほど、コップ1杯(約180ml~200ml)の水分を補給して下さい。スポーツドリンクはそのままだとやや濃いので、1.5倍から2倍に薄めた方がいいですよ。
※この記事は書きかけです。タイトルや内容その他が変更される可能性があります。
※2010年07月24日(土):加筆・修正。
関連記事
スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cyobinosuke.blog34.fc2.com/tb.php/2109-d0497d2d
    この記事へのトラックバック