FC2ブログ

929万画素 VS 1,220万画素

2010年04月22日 22:11

リコーCX1の有効画素数は929万画素です。
それに対して、昨年末に機種変更で購入した携帯電話富士通F-01Bは1,220万画素、昨年末現在の携帯電話の中では高画素の部類になるデジカメ機能を搭載しています。
撮像素子は、共にCMOS(Complementary Metal Oxide Semiconductor)ですが、チップの大きさは異なります。CX11/2.3型で、F-01Bは特に公表されていませんが、恐らくは1/3型でしょう。
※サイズは1/2.5型でした。
CX1には画像処理エンジンSmooth Imaging Engine IVが、F-01Bにはデジカメでは定評のあるMilbeaut携帯電話版であるMilbeaut Mobileが搭載されています。
さて、ここで2枚の画像をご紹介。
Fig.1Fig.2
F-01BCX1共に共通の画像サイズである2,592×1,944pxで撮影した、待避線に停車中の貨物列車を撮影したものです。
それを640×480pxリサイズしたものです。
どちらがCX1で、どちらがF-01Bか、見分けが付きますか?
ご意見、ご感想はこちらへどうぞ!
正解は、こちら。
F-01Bで撮影したEF81 97号機牽引の貨物列車。(リサイズ画像)CX1で撮影したEF81 97号機牽引の貨物列車。(リサイズ画像)
Fig.1Fig.2
F-01Bで撮影CX1で撮影
合っていましたか?

いくら高画素を謳っていても、やはり携帯電話のチープなレンズ(+デジタルズーム)では如何ともしがたい事が、撮影したままの画像を一部切り出してみると、よく判ります 。
F-01Bで撮影CX1で撮影
F-01Bで撮影したEF81 97号機の部分を切り出したもの。CX1で撮影したEF81 97号機牽引の部分を切り出したもの。
1,024×768pxで切り出し。1,024×768pxで切り出し。
F-01Bで撮影した架線ビームの部分を切り出したもの。CX1で撮影した架線ビームの部分を切り出したもの。
640×480pxで切り出し。640×480pxで切り出し。
どうでしょう?
CX1で撮影したものはEF81形交流・直流両用電気機関車のナンバーがハッキリ判るのに対して、F-01Bでは、よく判りません。架線ビームCX1では網目が確認出来ますが、F-01Bはぼやけてしまっています。 如何に高画素撮像素子画像処理エンジンを組み合わせても、レンズ次第でピンボケのようになってしまう訳です。

ただし、撮像素子の大きさが違う点や、F-01B2,592×1,944pxの画像サイズ設定で可能なデジタルズーム(約2.0倍、56mm相当)で、CX1は(当然ながら)50mm相当の光学ズームである事も考慮する必要があります。
そんな訳で、1,220万画素CMOSMilbeaut Mobileの組み合わせは、かなり優秀な部類だと思いますね。

こちら↓は撮影した2,592×1,944pxのままの画像です。FC2 BLOGのサーバーにアップロード出来るファイル容量の関係上、元画像のものよりもかなり落としてあり、F-01Bは42%(約487KB)、CX1は20%(約485KB)になっています。
並べ方は上と同じですよ。
F-01Bで撮影したEF81 97号機牽引の貨物列車。撮影時のサイズ(2,592×1,944px)のまま。CX1で撮影したEF81 97号機牽引の貨物列車。撮影時のサイズ(2,592×1,944px)のまま。
※この記事は書きかけです。タイトルや内容その他が変更される可能性があります。
2010年04月24日加筆・修正。
関連記事
スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cyobinosuke.blog34.fc2.com/tb.php/2017-7a0960bf
    この記事へのトラックバック