FC2ブログ

Do you like natto?

2009年12月12日 23:00

曇りのち晴れ
ご飯にかけて♪ ← 納豆ご飯♪
寒い日が続きますね。
昨日などは氷雨という言葉がピッタリな、冷たい雨が一日中降り続いていましたが、皆さんは風邪などひいていませんか?

さて、今日は久し振りにFC2 BLOGトラックバックテーマです。
今回のトラックバックテーマ第868回「納豆は好きですか?」と云う事で、納豆について。
第868回「納豆は好きですか?」

こんにちは!トラックバックテーマ担当本田です。
今日のテーマは「納豆は好きですか?」です。

もともと納豆が大好きな本田ですが、
最近、大粒納豆というものを初めて食べました。
スーパーマーケットなどにも売っている小指の爪大の納豆なのですが、
こりゃおいしい!何で今まで買わなかったんだ!と、
驚いてしまいすっかりはまっている毎日です(笑)

納豆は、においがきついため苦手な方も多いですね;;
でも体にとってもいいんですよ!

あなたは納豆好きですか?嫌いですか?
トラックバックお待ちしております!
私は関東圏の人間なので、納豆はもちろん大好きですね。
普通にご飯にかけるだけではなく、油揚げに詰めて網で焼いたり、餃子の皮に包んで揚げたり、スパゲッティと和えたり。
トラックバックテーマ担当本田さんも書いていますが、納豆は健康にいい食品なんですよね。
それは解っていても食べられない・・・関東より西、特に近畿圏の人には納豆嫌いの人が多いですよね。
「あんな腐れた豆喰って旨いんか?」・・・こう言う人は食べた事がなく、先入観で言っている人。「臭いだけで美味しくない」・・・こう言う人は食べたけど、不幸にも美味しい納豆に巡り合えなかった人だと思うんです。

そんな方々のために美味しい納豆の食べ方を伝授いたしましょう!
ご意見、ご感想はこちらへどうぞ!
納豆のネバネバの正体は、枯草菌の一種バチルス・サブチリス・バリエタス・ナットーBacillus subtilis var. natto の生産するDL-γ-ポリグルタミン酸というグルタミン酸が、真っ直ぐな鎖状に結合して出来た天然のポリマーだそうで、これは消す事はほぼ不可能ですが、臭いを弱める事は可能なんです。
極小粒納豆120g ← 本当は大粒が欲しかったorz
先ずは納豆を器にあけます。
画像のものは極小粒の納豆を器にあけたもので、120gほど。私にはお茶碗2杯分のご飯にかける量です。

器にあけた納豆をひたすらかき混ぜます・・・全体的にネバネバに空気がよく混ざると、フワッとした感じになってきます。
透明な水飴も、こね続けると白くなるでしょう?アレを思い出して下さい。

次に納豆付いているだし汁醤油を少量加えます。
醤油はお好みでもいいです。また、醤油を多めに、だし汁少量でもOKです。
「そばつゆの素」を入れてもいいですね。これらはお好みで工夫して下さい。
調味料を入れたら、またよく混ぜます。
卵黄を入れた納豆 ← 卵黄を入れます。
次に付いているからしを入れます。
チューブ入りの和がらしでもいいですね・・・からし納豆臭み成分を抑えるので、臭いのが苦手な人は入れた方がいいでしょう。私は入れても入れなくても、どっちでもいいんですけどね。 またよく混ぜて下さい。

そしてを入れます。
画像をご覧頂くと判ると思いますが、卵黄だけ入れて下さい。
卵白も入れちゃうとユルユルになっちゃって、ちっとも美味しくありません。
またカラザ(白い糸みたいなアレ)も出来るだけ取り除いて下さい。割った殻で卵黄をカパカパ移動させて卵白を落とすのもいいんですが、手にあけちゃった方が手ッ取り早いですね。
ご飯にかけて♪ ← アツアツご飯にかけて。
そして卵黄が全体に混ざるまでかき混ぜたら、金色に輝く納豆の出来上がり♪
この時に青のりを入れてもいいんですが、ご飯にかけてから青のりをふった方が香りがいいと思います。また、今回は入れませんでしたが、刻んだ長ネギを入れても美味しいですね。

この作り方なら、さほど臭くもないので、近畿圏の人でも食べられると思います。
私は臭い方が納豆を食べてるな~と思うんですけどね(笑)。
本当は藁づとで作った納豆の方が、スチロール容器などで作ったものより臭くないんですけど、最近は売ってないですからねェ・・・。
※この記事は書きかけです。タイトルや内容その他が変更される可能性があります。
関連記事
スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cyobinosuke.blog34.fc2.com/tb.php/1885-257e1a31
    この記事へのトラックバック