FC2ブログ

ガンダム詣で(苦笑)

2009年07月30日 23:55

実物大ガンダム、潮風公園、お台場、リコー、RICOH、CX1、Caplio R5、Caplio GX8
曇りのち時々晴れ
先月18日の工事中以来、久し振りに潮風公園GREEN TOKYO ガンダムプロジェクトの会場に行って来ました。
ゆりかもめの車窓より ← ゆりかもめの車窓より
   (CX1)

今日の新交通ゆりかもめへの乗車は新橋駅からではなく、豊洲駅から船の科学館駅で一旦下車して、CX1オートリサイズズーム機能で撮影、再びゆりかもめに乗車して台場駅に行き、徒歩で潮風公園へ・・・という方法でした。
「ガンダム台場に立つ!!」ポスター
ポスター → 
(CX1)   
「ガンダム詣で」(笑)とスタンプラリーをする方や、1日に何度もゆりかもめを利用する方には、ゆりかもめ1日乗車券(大人800円)またはお台場・有明ぐるりきっぷ(同900円)がお薦めですョ♪
早めに会場に着いたので、お客さんが少ないうちに気に入っている撮影ポイントや、新しいアングルの撮影ポイントで撮っていたのですが・・・
ガンダム全身像 ← ポスターとほぼ同じ
   (CX1)

お客さんがパッタリと私の前から消えた時に撮った画像が、偶然にも「ガンダム台場に立つ!!」ポスターと、ほぼ同じアングルになりました・・・後でポスター斜め補正機能で撮っている時に気付いたんですが(苦笑)。
爪先やステージ手前の案内/誘導用の柵がなく、もう数メートル前でアオリ撮影が出来てれていれば、もっとよかったんですけど、流石に無理な相談ですよね。A^ω^;)
ご意見、ご感想はこちらへどうぞ!
折角来たのですからガンダムタッチ&ウォークをやらずにはおれません(笑)。
10時の開場時間からの1回目に並びました。
ステージ下から ← アオリ過ぎ?
   (CX1)

始めは列の結構後ろだったのですが、皆さん思い思いの場所で撮影しているので、気付いたら一番前になっていました(苦笑)。タッチ&ウォークは、10時の5分間のデモンストレーションの後になります。毎正時にミスト噴射頭部稼働5分間のデモンストレーションが、30分毎に頭部稼働のみの1分間のデモンストレーションが行われます。
「ガンダム台場に立つ!!」ポスター
足、でかッ! → 
(CX1)   
デモンストレーションの前に、風向きによってミスト噴射の水滴がかかってカメラ携帯電話、それに身体が濡れる事がある・・・という注意を促す放送が流れます。
そして5分間のデモンストレーションが始まりました。行った方のブログmixiの日記で書かれていますが、確かにミスト噴射ガンダムオーバーヒートしているように見えますね(苦笑)。

ステージ後端から ← 股間の状態
   (CX1)

凄いのがミストにならなかったり、ボディに付着した水や、継ぎ手などから漏水している水。ガンダムのボディを滝のように流れ落ちて来て、ステージに水が溜まっていきます。
塗装したFRPの外装フッ素樹脂をコーティングしてあるのですが、これがなかったらスモッグを含んだ、黒い水垢で凄い事になっているでしょうね。
足跡マット
足跡のマット → 
(CX1)   
スタッフが区切っている次のグループの順番が押しているので、追い立てられるようにステージを後にしました。ステージ後方の地面には足跡マットが敷かれていますが、これがまた巨大!(汗)
実はこの足跡マットは、ガンダムが歩いて来てステージに登壇したかのように、もう一枚が敷かれているんです・・・気付いた方、います?
フォトスタジオ ← 邪魔だなあ・・・
   (CX1)

今回、もっとも驚いたのが、一番の夜景撮影お薦めポイントガンダムの間に、フォトスタジオというブースが作られてしまった事です。ガンダムの背景にレインボーブリッジ東京タワーが入る、こんないい感じの夜景撮影ポイントだったんですけどね・・・もちろん飲食ブースが作られるのは織り込み済みだったのですが、こんなモノが作られるとは予想していなかっただけにガッカリでした。
五浦ハムの串焼き
五浦ハム → 
(CX1)   
飲食ブースのひとつ、茨城県五浦ハムの串焼き(500円)は人気商品です。暑い中、炭火で丁寧に串焼きにしているスタッフは大変そうです。
1本買い求めて食べてみましたが、炭火の臭いでも負けていない桜のチップの薫りが凄い!塩分はやや強めですが、本来ハム保存食なんですから、これは当然の“味”ですね。がたれるのも気にせず、一気に食べちゃいました(笑)。
船の科学館5Fデッキから船の科学館展望室2Fより
 ↑ 船の科学館から。右は展望室2階より撮影
   (CX1)
一旦会場を後にして、船の科学館へ。
入館券700円(大人)を券売機で購入して館内を一通り見学した後は、5階にある飲食スペースにあるデッキに出ます。デッキ西側から潮風公園を臨むことが出来るので、オートリサイズズームで、画像の540mm相当(2.7倍)などで撮影。
更にエレベーターで地上70mの展望室へ上り、光学7.1倍の200mm相当やオートリサイズズームの220mm相当(1.2倍)などで撮りました。
賽銭箱? ← 賽銭箱?
   (Caplio GX8)

再び会場に戻り、緑の東京募金募金箱を探したのですが、何処にあるか判りません。スタッフに聞くとガンダム立像からずっと離れたGREEN TOKYO ガンダムプロジェクト×緑の東京募金のテント前に設置してある、と言います。
何と飲食や休憩用のテーブルとベンチの向こう側に、幅1m、全高1.2m程度の賽銭箱のような募金箱がポツンと1個だけ置いてあります・・・
募金箱とガンダム
気付かないよ → 
(CX1)   
こんな場所じゃ誰も気付きませんよ。灰皿と勘違いされたようで、タバコの焦げ跡もあり、注意書きが添えられていました。
ある意味でガンダム詣でお賽銭なんだから、ガンダムの正面や、入口と出口に複数個置いた方がいいと思いますよ?
また、テーブルとベンチの設置場所には炎天下の日差しや風雨をしのぐテントがあった方がよかったですね。

一人は取材 ← 工事中の会場
   (6月12日撮影/Caplio GX8)

それに「緑あふれる東京の再生」を謳っているはずなのに、元々生えていたシロツメクサなどの、所謂「雑草」を、一部を除いてほとんど抜き取ってしまっている点が、私には甚だ疑問なんですよ・・・防暑効果にも一役買ってくれて良かったと思うんですけどね?
その点、GREEN TOKYO ガンダムプロジェクトの関係者ご一同様は、如何お考えなのでしょうか?
※この記事は書きかけです。タイトルや内容その他が変更される可能性があります。
※2009年08月02日(日)/09月03日(木):加筆・修正。
関連記事
スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cyobinosuke.blog34.fc2.com/tb.php/1750-9525612f
    この記事へのトラックバック