FC2ブログ

フォーカスブラケット機能

2009年04月20日 23:00

RICOH CX1
曇り(一時晴れ)
CX1(ズームレンズ側) ← リコーCX1
リコーCX1には様々な機能が付いていますが、オートブラケット機能(AUTO-BRACKET)の一種でフォーカスブラケット機能(FOCUS-BRACKET、略はFOCUS-BKT)というものがあります。
どういう機能かというと・・・通常のデジカメはAF(オートフォーカス:AUTO-FOCUS)でシャッターを半押しするとピントが合います。フォーカスブラケット機能の倍は、ピントが合ったものを基準にして手前2枚、後方2枚を連続撮影する機能です。
FOCUS-BKT CENTER
FOCUS-BKT NEAR1FOCUS-BKT NEAR2
FOCUS-BKT FAR1FOCUS-BKT FAR2
↑どれも同じに見えるけど・・・
5枚の画像はマーガレットフォーカスブラケット機能で撮影したものです。
大きい画像がシャッターを半押ししてピントが合った(合焦した)ものです。前述の通り、このピント位置を基準にして上の2枚が手前にピントを合わせたもの、下2枚は遠くにピントを合わせたものになります。
ご意見、ご感想はこちらへどうぞ!
FOCUS-BKTを記録中の液晶モニター
FOCUS-BKTを記録中の液晶モニター →
画像はフォーカスブラケット機能の記録中のモニター表示のイメージです。CX13.0型透過型液晶モニターは明るさを明るく綺麗に表示されるので、記録中はこんな感じで見る事が出来ます。V字型に並んだ5枚の画像の一番下が合焦した基準で、右のNEAR(近い)が手前、左側のFAR(遠い)が後方・・・という事になりますね。
FOCUS-BKT NEAR1
FOCUS-BKT NEAR2
↑NEAR(手前)とFAR(遠方)
こういう風に並べてみると、一番判りやすいと思います・・・ただ、画像サイズが大きくなってFC2ブログのアップロード時のファイルサイズ(500KBまで)に引っ掛かりそうだったので小さい画像にしてあります。
FOCUS-BKT設定画面 ← FOCUS-BKTの設定画面
フォーカスブラケット機能を呼び出して設定するにはMENUボタン[オートブラケット]FOCUS-BKTを選択・・・という形になります。やや面倒だと感じる場合はFnボタンに割り当てる事も可能です。
また、画像のようにフォーカスブラケットはピント位置の間隔を[広い][狭い]の二通りの選択が可能です。この作例の場合は[狭い]に設定してあります。
今更なんですが、[広い]に設定していたら、もっとハッキリとした違いが判ったんじゃないかな?と反省してます。

リコーや他メーカーのデジカメ関係のブログ記事を読むと、時々「オートブランケット」と書いている方を散見します。これでは「自動毛布」という意味になっちゃいますので、ご注意を。
ブランケット[blanket]:毛布、ケット。 ケット:ブランケットの略。(広辞苑より)
※この記事は書きかけです。タイトルや内容その他が変更される可能性があります。
関連記事
スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cyobinosuke.blog34.fc2.com/tb.php/1650-a1b05fd2
    この記事へのトラックバック