FC2ブログ

鉄子の旅プロデュース日本縦断弁当 ~あじわい西日本編~

2008年10月14日 22:00

曇りのち雨
鉄子の旅弁当第四弾001 ← 今回は西日本ですね♪
「鉄子の旅プロデュース日本縦断弁当 ~まるごと北海道編~」(以下、『鉄子の旅弁当1st.』/1,000円)、第二弾として「鉄子の旅プロデュース日本縦断弁当 ~こだわり東日本編~」(以下、『鉄子の旅弁当2nd.』/1,000円)が発売され、第三弾である「鉄子の旅プロデュース日本縦断弁当 ~ぎっしり東海編~」(以下、『鉄子の旅弁当3rd.』/1,000円)と来て、現在は「鉄子の旅プロデュース日本縦断弁当 ~あじわい西日本編~」(以下、『鉄子の旅弁当4th.』/1,000円)が発売されています。
このシリーズは“てつ”は勿論、一般にも好評のようですね。いつも上野駅に買いに行っても売り切れてます・・・今日は仕事帰りに駅弁屋 旨囲門 上野店(以下、『旨囲門』)に寄ってみたんですが、時間が早かった所為なのか「鉄子の旅弁当4th.」をチェックしてみたら、なんと!残っていましたよ♪普段は売り切れているので、往生際が悪い(苦笑)私は上野駅構内の駅弁の売店を走り回って残っている「鉄子の旅弁当」シリーズを購入している・・・という事をやってましたから、ある意味ラッキー、ある意味じゃつまらない出来事でした。
ご意見、ご感想はこちらへどうぞ!
鉄子の旅弁当第四弾002
いつも通りの安心感? → 
「鉄子の旅弁当1st.」からの伝統(?)である紅白の紐と掛け紙を外すと、ビニールで密封された割り箸とお手拭のセットが入ってます。前回の「鉄子の旅弁当3rd.」では別途ペーパーお絞りが入れられていたのですが、今回は「鉄子の旅弁当4th.」は元の手拭に戻っていました。ペーパーお絞りだったのは、たぶん名古屋の手羽先の所為でしょう・・・あれは箸では食べにくいものですから。フタを取ると、これまた菊池直恵さん(以下、キクチさん)の漫画付き小冊子(お品書き)がビニールシートの上に載っています。漫画もいつも通りの8ページ構成ですが、「鉄子の旅」についての説明ページに登場していた横見浩彦さんと編集者のカミムラ(神村正樹)さんですが、前回は横見さんが、今回はカミムラさんがいません・・・カミムラさんは何処に?(笑)
鉄子の旅弁当第四弾003 ← 今回も斜め補正はナシ(笑)。
さて、中身を見ていくと、(1)の茶飯の上に乗っているのは(2)のきつね(いなり)です。原材料名の表示は「味付油揚げ」という素っ気ないものですが(苦笑)。 「鉄子の旅弁当1st.」以来の伝統(?)である(3)白飯ですが、今回は梅干と黒ごまがけの「日の丸弁当」ではなく(4)の京都名物「ちりめん山椒」となっています。今回のデザートは(5)梅の甘露煮で「紀州の梅」をイメージしたものなんでしょうね。
鉄子の旅弁当第四弾004
各アップ → 
おかずの枠に目を移すと・・・(6)は京野菜のひとつ「九条ねぎの酢味噌和え」で、これがご飯に良く合います♪料亭の突き出しとしても出て来そうな感じで、酒にも合いそうです。いつもの玉子焼きの代わりを務めるのが(7)の「明石焼」で、地元では「玉子焼」と呼ばれているからなんでしょう。(8)のかまぼこ、今回はハズレ・・・。orz
今回のメインを張るのは(9)のさわらの昆布〆です・・・さわら(鰆)は焼き魚にするのが普通ですが、昆布〆というのが意表を突かれた感じ。これも酒の肴になる一品ですなあ。(10)は伯耆大山(鳥取県)の裾野で育った鶏の「つくね」、(11)は瀬戸内海産のイイダコを丸ごと1匹旨煮にしたイイダコの旨煮・・・何でこんなに酒の肴が多いんだ?(笑)奈良県名物の(12)奈良漬けは2切れ入ってます。煮物として入っているのが(13)舞茸、(14)高野豆腐、(15)蓮根と(17)にんじん、にんじんは紅葉シーズンに合わせたのでしょう、紅葉形に抜かれています。一つ飛ばしましたが(16)は菜の花のお浸しとなってます。
鉄子の旅弁当第三弾005 ← 画像は前回のものです。
「鉄子の旅弁当4th.」にもラッキーアイテム、(鉄)焼印付きとレアアイテムとしてキクチさん焼印のかまぼこがあるんですが、前述した通り今回はハズレました。漫画付き小冊子には焼印付きの出る確率が書かれていますが、(鉄)は1割、キクチは1日2~3個なんだとか。
今回の「鉄子の旅弁当4th.」は関西風の薄めの味付けなのは当然ですが、味がしっかりしているために、ご飯のおかずにも、酒の肴にもなる幕の内弁当となっています。でも、前回、前々回に書いた通りで、具材や調理方法がどうしても被ってしまう点が勿体ないんですよね。
JR各社の管理地域ごとに発売されている「鉄子の旅弁当」シリーズ、次回はやっぱり四国編になるのでしょうか?そして九州編は出るのでしょうか?
楽しみですね。(笑)
※この記事は書きかけです。タイトルや内容その他が変更される可能性があります。
関連記事
スポンサーサイト





コメント

  1. チョビ之助 | URL | fRjoE41.

    継続は

    あきさん、コメントありがとうございます。
    継続する事は結構大変なんですが、やれるだけやってます。
    あきさんも体調にはご注意下さいね。


  2. あき | URL | -

    なるほどです

    よく遊びに来ます。継続して更新感服します。私も努力しないと・・・。ここのところ寒くなってきたので体に気をつけて下さい。またよらせて頂きます。

  3. チョビ之助 | URL | fRjoE41.

    駅弁も

    ナオトさん、どうもありがとうございます。
    駅弁は高いし、当たりハズレもけっこう大きいという、一種のギャンブルですが(苦笑)、美味しい駅弁に出会えると旅の楽しさもアップします。
    見た目が派手で高い駅弁はハズレが多いので、1,000円以下の地味なものを選ぶと、当たりに出会えますよ。
    (例外はありますが)

  4. ナオト | URL | -

    またお邪魔しました。(笑)
    駅弁、とても美味しそうですね。
    正直、コンビニ弁当の価格に馴れていると、千円を超える価格には尻込みしてしまうのですが、
    これだけ詳細に解説されちゃうと食べたくて仕方ないですよ!(笑)
    電車の旅もしたいなあ~。
    MTBばらして輪行に出かけてみたいです。


コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://cyobinosuke.blog34.fc2.com/tb.php/1461-849a4e45
この記事へのトラックバック