FC2ブログ

GT LTS-2(1996年型)

2008年05月09日 22:00

曇り
GT LTS-2 1996model 01 ← ペダルはビンディング式
久々にマンションの自転車置き場からGTLTS-2(リンクス・チューンド・サスペンション/“Links Tuned Suspension”の略)を引っ張り出して整備しました。
1996年モデルですから、もう12年も前・・・当時の新車価格は25万円で、それまでハードテイルモデルばかりだった私がやっと手に入れたフルサスモデルでした。GTフレームサイズセンター-センターなので、本当はもうワンサイズ下の420mmが欲しかったんですが、460mmしか残っていませんでした。
流石に自分でコケたり、スタンドがないので立て掛けておいたら倒れたり、自転車置き場で他の自転車にぶつけられたりしているので、傷も多くなってしまってます。7005のアルミポリッシュ仕上げで地が剥き出しなので、アルミ独特の錆も目立ちます・・・乗らない時でも週イチ~3週間に1回くらいは磨いてたんだけどなあ。(´・ω・`)
ご意見、ご感想はこちらへどうぞ!
GT LTS-2 1996model 05
リアサス周り → 
また、パーツも絶版になっているものが多く、レストアするには結構時間とお金が掛かりそうです。一番大きな問題はブレーキ。特にリアブレーキで、ブレーキ台座の取り付け角度の関係でVブレーキが取り付けられないんですよね・・・輸入元のライトウェイには1グレード上のLTS-1用リアディスクブレーキアームがあるらしいんですが、高価なMTB用ディスクブレーキは条件を選ばず安定している反面、薄くて歪みやすいし、ちょっと手が出しづらいですね・・・見た目はカッコイイんですが。サスペンションはフロント、リアとも“ROCKSHOX”(ロックショックス)なんですが、フロントのJUDY SLエラストマーがボロボロで、もはやサスペンションとしての役に立っていません。
GT LTS-2 1996model 07 ← ハンドル周り
交換しなきゃならないんですが、今でも“ROCKSHOX”純正エラストマーの分売があるかどうか・・・最近のサスペンションはコイルスプリング式やコイル+オイル式、そしてエア式が主流ですからねェ。純正じゃなくてもサイズと硬さが合えばいいんですが、あるんでしょうか?
サイクルコンピュータキャットアイCC-CL200 コードレス2というコードレスタイプ。もう絶版品ですが、こちらは電池(リチウム電池 CR2032)をコンピュータ側とセンサー側に1個づつ入れ替えておけばOKですから無問題です。
※この記事は書きかけです。タイトルや内容その他が変更される可能性があります。
関連記事
スポンサーサイト





コメント

  1. チョビ之助 | URL | fRjoE41.

    Re: 渋いですね!

    >ナオトさん
    初めまして。
    コメントの承認とレスが遅くなり、大変に申し訳ありませんでした。
    99年式XCRとは、これまた渋いですね。
    旧いモノはレストアやメンテナンスにお金がかかりますが、くじけず地道にレストアして、大切に乗っていこうと思っています。

  2. ナオト | URL | WwsFi/EQ

    渋いですね!

    こんにちは♪
    ロックショックスのリアサス絡みで検索していましたらちょび之助さんの雑記帖を見つけました。
    LTS良いですね。
    リアサス周りのメカメカしいディティールが好きです!
    オイラは99年式のXCR保有してますが、やはりサスがそろそろ・・・。
    お金はかかりますがお互い大事にしていきましょう!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://cyobinosuke.blog34.fc2.com/tb.php/1305-d884a64b
この記事へのトラックバック