FC2ブログ

シグマ DP1

2008年03月03日 22:01

晴れのち曇り(ところにより一時雨)
シグマDP1 001 ← HPより
一昨年の平成18年(2006年)9月にドイツ・ケルンで開催された“Photokina2006”で話題になったシグマDP1が、今日から販売されています・・・一部の販売店ではフライング販売もあったようですね。(→DP1スペシャルサイト)
このDP1は有効画素数が1,406万画素、普通のコンパクトデジカメの7~12倍にも及ぶサイズ(20.7mm×13.8mm)のセンサー「FOVEON X3ダイレクトイメージセンサー」が搭載され、35mmフィルム換算28mm相当、F値4の単焦点レンズを搭載しています。35mmフィルム換算28mm相当の単焦点レンズというと、真っ先に思い浮かぶのがリコーGR DIGITAL IIだと言う方も多いでしょうね。GR DIGITAL IIの場合、有効画素数は1,001万画素、センサーのサイズは約7mm×5mmの1/1.75型、F値は2.4となっています。
ご意見、ご感想はこちらへどうぞ!
撮像素子の大きさの比較
撮像素子の大きさの比較(ほぼ実物大) → 
ちょっと脇に逸れますが、CCDのサイズについて・・・
実際にCCDの大きさを比較すると、こんな感じになります。赤い部分がDP1、青枠に黒地が1/1.8型(6.9mm×5.2mm)で、GR DIGITAL IIはこれより少し大きい1/1.75型、黄枠に黒地が1/2.5型(5.7mm×4.3mm)です。
ついでと言ってはアレですが(苦笑)、他のCCDの大きさを・・・一番大きいのが35mmフルサイズで、高級デジタル一眼レフに使われているものです。センサーのサイズは36.0mm×23.9mmです。緑がAPS-Cサイズ、中級~初級向けデジタル一眼レフなどに使われている22.2mm×14.8mmサイズです。濃いピンクはフォーサーズで、18.0mm×13.5mm、小型デジタル一眼レフなどに使用されていますね。スカイブルーは2/3型で、サイズは8.8mm×6.6mm、このくらいから一般的なコンパクトデジカメ向けのCCDですね。薄いピンクの一番小さなものが1/3型で、サイズは4.8mm×3.6mmになります。
シグマDP1 002 ← 上がPhotokina版モックアップ
では、元に戻って・・・DP1は同社のデジタル一眼レフであるSD14用の「FOVEON X3ダイレクトイメージセンサー」を搭載しています。3層構造のセンサーで、光を表面から順にB(青)、G(緑)、R(赤)で取り込み信号化する事で、銀塩写真に一番近い画質を再現出来るとマニアの間でウワサになっているものです。
ただ、DP1のスペック的に見ると、CCDのサイズが大きいとはいえ、レンズメーカーであるシグマにしては暗いレンズだな・・・と言うのが第一印象です。
あとは折角スクウェアなスタイルなのに、出っ張ったままのレンズ収納部がマイナスイメージですね。また、“Photokina2006”のモックアップにはあったグリップが省略されてしまったのが残念です。GR DIGITAL IIより一回り大きいボディで重量も100g近く重いので、ディンプル加工だけではちょっと辛いものがあると思います・・・まあ、あまり買う気はしていないので、悪口を書いているような感じを受けると思いますが、もうちょっと努力して欲しかったな、というのが正直なところなんです。これから進化して行って欲しいですし、他社(特にキャノンニコン、そしてリコー)からも大型CCD搭載のコンパクトデジカメが出て欲しいですね。
※この記事は書きかけです。タイトルや内容その他が変更される可能性があります。
※2008年04月29日(火):加筆・修正。
関連記事
スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cyobinosuke.blog34.fc2.com/tb.php/1238-0d129bb9
    この記事へのトラックバック