FC2ブログ

オートリサイズズーム

2008年02月16日 22:01

晴れのち曇り
昨年10月25日の「日本電波塔」で少々触れた、リコー製デジタルカメラ「オートリサイズズーム」機能について・・・。
通常のデジタルズーム(960mm相当のイメージ) オートリサイズズーム(960mm相当・VGA)
通常のデジタルズーム
(960mm相当・イメージ)
 オートリサイズズーム
(960mm相当)
この機能は私も使っているCaplio R5からのRシリーズに搭載されているものです。通常のデジタルズームの場合は画像の一部を設定サイズに拡大して記録するので、どうしてもノイズが出てしまうんですよね。上の2枚の画像のうち、左側は撮影した画像を拡大して擬似デジタルズーム風にしたものですが、多くのデジタルズームはこんな感じで記録されていると思います。
「オートリサイズズーム」の場合、逆に撮影した画像から必要な部分をデジカメ側切り出して、画像が劣化しまうのを避けて記録する機能なんです。右側は実際に「オートリサイズズーム」で撮影したままの画像です。
ご意見、ご感想はこちらへどうぞ!
「オートリサイズズーム」機能を使うためには、画像サイズを3,072×2,304px(7M)のF(Fine)かN(Normal)に設定しておかなければなりません。それ以外の画像サイズでは通常のデジタルズームが有効になります。デジタルズームR5の場合、光学併用で7.1倍×3.6倍、720mm相当、R6以降は光学併用で7.1倍×4.8倍、960mm相当です。出来れば2,048×1,536px(3M)までは使えるようにしてくれればいいんですけどね。
オートリサイズズームの画角 ← 撮影画角の比率
また、初期設定では通常のデジタルズームなので、MENUボタンを押してセットアップメニュー「オートリサイズズーム」に設定する必要があります。[デジタルズーム切替]を呼び出して、[オートリサイズ]を選択・・・これで撮影準備はOKです。
ズームキー表示を望遠側まで押して、端まできたら一旦ズームキーから指を離します。(ステップズームに設定してある場合はワンステップごとにズームキーから指を離します)再びズームキーを望遠側に押すと「オートリサイズズーム」が始まる・・・という訳です。なお、ステップズームに設定していなくても「オートリサイズズーム」はワンステップごとに指を離す必要があります。
オートリサイズズームの画像対比
記録画像の対比 → 
では、撮影した画像で比べてみて下さい。画像サイズは全て640×480pxにしてありますが、実際に撮影・記録される画像は、右の画像のような対比になっています。感じだけつかんで頂くために、全体で1,210×870pxの画像にまとめた上で縮小してある参考画像です・・・と言っても実際の画像サイズだと、アップする事が出来ないんですけどね。A^ω^;)
ステップズーム200mm相当時 オートリサイズズーム(240mm相当・5M) オートリサイズズーム(300mm相当・3M)
7.1倍/200mm相当
3,072×2,304px(7M)
7.1倍×1.2倍/240mm相当
2,592×1,944px(5M)
7.1倍×1.5倍/300mm相当
2,048×1,536px(3M)
オートリサイズズーム(480mm相当・1M) オートリサイズズーム(960mm相当・VGA)  カメラ:リコーCaplio R5
 露出補正:±0.0、
W/B:屋外、ISO:100
 フォーカス:マルチAF、
測光方式:中央
7.1倍×2.4倍/480mm相当
1,280×536px(1M)
7.1倍×4.8倍/960mm相当
640×480px(VGA)
 
この機能はリコー以外のメーカーでも搭載されているのかどうか、検索してみてもヒットしないので不明なんですが、某量販店(笑)で聞いたところ、キャノンパナソニックのデジカメでは画質を上下させる事で対応させる、似たような機能があるようです・・・ただ、その機能に切り替えるための操作自体は、かなり面倒なようです。
※この記事は書きかけです。タイトルや内容その他が変更される可能性があります。
関連記事
スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cyobinosuke.blog34.fc2.com/tb.php/1221-3f407956
    この記事へのトラックバック