FC2ブログ

冷凍怪獣バルゴン(Yujin製)

2008年01月13日 22:00

曇り時々晴れ
バルゴン001 ← なんじゃこりゃ~!
のっけから諸星大二郎さんのデビュー作「生物都市」(解る人、いますかね?)の融けた人間の如きフィギュアのアップですが・・・これはYujinのTRADING FIGURE COLLECTION FXシリーズの「大映特撮シリーズ ガメラ 大怪獣ガメラ アクションビネット」冷凍怪獣 バルゴンに付属のフィギュア(約10mm)なんです。
バルゴン『大怪獣決闘 ガメラ対バルゴン』(昭和41年/1966年4月17日公開)に登場する、ガメラが最初に迎え撃つ敵怪獣であり、横幅の広い大映スコープ(要するにシネマスコープ、縦横比1:2.35)一杯に広がる四足歩行のバルゴンと、四足歩行形態をとるガメラの対峙が見事だと高い評価の作品なのは周知の通りですね。
バルゴン002
内容はこんな感じです。 → 
また、ガメラの顔が精悍な点や、昭和ガメラシリーズで唯一子供が全く出ていない点も好評の一因ですが・・・この件は、また改めて。
肝腎のセット内容は・・・バルゴン本体と最終決戦地・琵琶湖の湖畔を模したと思われるベース、そして伸びた状態の(冷凍液噴射または舌パンチ)とエフェクトパーツの虹色光線、そして前述のフィギュアが入っています。バルゴンは頭部、下顎、胴体、腹部の一部、両前肢、両後肢、そして尻尾に分解出来る構造です。箱に入った状態がどうだったか、ちょっと記憶があやふやです・・・でも、頭部と下顎、胴体と腹部の一部は組まれていましたね、たぶん。
ご意見、ご感想はこちらへどうぞ!
では、ここでバルゴンのプロポーションを見て頂きましょう。
バルゴン003バルゴン004
正面向かって右側
バルゴン005バルゴン006
向かって左側背面
バルゴンの実物(着ぐるみ)はウルトラ怪獣などで知られている高山良策さん大魔神(同時公開、大映京都撮影所制作)とほぼ同時進行で製作したものです。大きめのフィギュアとしてのプロポーションをよく考えて造型されていると思うんですが、胴体と尻尾のつなぎ目の大きな段差があります。また、このアングルでは見えませんが、前述のように腹部の一部が外れる構造で、この段差も気になりますねェ。
それ以外は破綻も殆どなく、よく出来ていると思います。
バルゴン008 ← ベースはシンプル
ベース琵琶湖をイメージしたシンプルなものだと思うんですが、『バルゴン戦』ガメラに比べると、水面の占める割合が多いのが謎です・・・バルゴンは水に触れると細胞が溶け出して死んじゃうんですけどね。A^ω^;)
画像では判りにくいかも知れませんが、樹の左側にバルゴンの右前肢が乗る構造になっています。大怪獣ガメラ同様にクリア素材のベースですが、やはり厚塗りなので水の透明感が損なわれているのは残念です。
バルゴン009
虹色光線、発射! → 
バルゴンは、動物の本能として危険を察知すると、背中にある7本のトゲから虹色光線を発射しますが、その様子を表現するエフェクトパーツと、伸ばした状態のを取り付け、ベースに置いた状態です。
ところで矢印で示して「?」になっているボッチ、一体何だと思います?実はこんな風に使うんです・・・という訳で、最初にご紹介したフィギュアバルゴンを誘導するための5,000カラットのダイヤモンド(!)を強奪、ボートで逃走しようとしてバルゴンの舌に絡め取られた極悪人・小野寺(演:藤山浩二さん)なんですョ(笑)
バルゴン007 ← 溶けちゃうよ~!(泣)
でも、小野寺フィギュアの方にボッチを付けて、は穴を開けた方が良かったと思いますね。そうすれば、これほど目立つ事はなかったでしょう・・・これはちょっと勿体無いなァと思った点です。
それにしてもバルゴンフィギュアになっても長い怪獣ですね。スチールに残っているバルゴンの全身写真はフレームが斜めになったものが多い理由も、このハンパじゃない全長からなんですよね。
さて、今回の記事はここまでですが、お楽しみ頂けたでしょうか?次回がいつになるかは今のところ未定ですが、気長にお待ち下さいませ。m(_"_)m
※この記事は書きかけです。タイトルや内容その他が変更される可能性があります。
関連記事
スポンサーサイト





コメント

  1. チョビ之助 | URL | fRjoE41.

    造型の甘さは

    >ガメラ医師さん
    >造型の甘さが残念ですね。^^;)
    縮尺を考えると、造型の甘さは致し方ないと思います・・・鉄道模型のNゲージのフィギュアより小さいものですからね。
    あとでフィギュアの大きさを追記しておく事にします。

  2. ガメラ医師 | URL | uzicl2Lc

    みんなでぱらいそさ行くだ!

     立て続けの更新、有難うございます。
    小野寺フィギュアとしては唯一のものであるだけに、造型の甘さが残念ですね。^^;)
     本格的に冷えて参りました。朝晩が辛いです。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://cyobinosuke.blog34.fc2.com/tb.php/1187-a55abdd9
この記事へのトラックバック

ガメラ:08年1月半ばのフィギュア関連情報

 前回の「第二週のフィギュア関連情報」はこちら。 12日に更新したばっかりなんですけどね。^^)  前回の補足漏れです。申し訳ありませんでした。 『ユーフォー帝国の逆襲! 』 http://plaza.rakuten.co.jp/pitfalldiary/diary/ さん、1月6日の更新。 ムービーモンス...