FC2ブログ

ケーブルスイッチ CA-1

2008年01月10日 22:00

晴れ
ピンキーの撮影001 ← 持っているのがCA-1。
「かわいく撮ろうよ!」の撮影シーンで、私が手にしているのがリコー製デジタルカメラの内、パーソナル・プロフェッショナルモデル(Caplio GXからGR DIGITAL IIまで)に使えるリモコンスイッチがケーブルスイッチ CA-1です。
ところでリンク先の画像を見ると、ケーブルの長さが1mくらいはありそうな感じに見えたんですよね。説明書にはケーブル(60cm)と書かれています。
ケーブルスイッチCA-1(リコー)002
単4形電池1本を使用 → 
でも、実測したケーブル長53cmほど。ちょっと拍子抜けしてしまいました・・・一体何処から何処まで計測して60cmとして表記しているんでしょう?>リコーさん
さて、グリップ部分には単4形電池1本が入ります。同梱されていたのはアルカリ電池でした。説明書によるとアルカリ電池の場合だと、約8,000枚、マンガン電池では約3,000枚の撮影が可能だそうです。
でも、しっかりこんな事が・・・
当社測定条件によるもので、電池メーカーや使用条件により大きく異なり、目安となります。
シャッターを押して撮影官僚後、30秒の間隔を開けて連続で撮影。
23℃、50%の環境
だそうですョ。A´ω`;)
ご意見、ご感想はこちらへどうぞ!
ケーブルスイッチCA-1(リコー)003 ケーブルスイッチCA-1(リコー)004
上の2枚のうち、左側の画像はグリップ部分のアップですが、上(手前)を向いているのがCA-1の電源スイッチ、右にあるのがシャッターボタンです。右側の画像はCaplio GX8に接続したUSBコネクタ(ミニB)のアップです。
リコー製デジカメCA-1の電源がOFFになっている状態でUSBコネクタを接続してから双方の電源をONにする、外す時はその逆・・・というのは、一般家電製品などと同じですね。
ケーブルスイッチCA-1(リコー)001 ← 三脚などに取り付けて使います。
CA-1のシャッターボタンはカメラ本体同様に半押しでピント合わせ、押し切って撮影となっています。当然なんですが、CA-1の操作自体はシンプルです。でも、軽量なミニ三脚でセルフタイマーの設定を忘れてシャッター切っちゃった時の(手ブレほどではないにしろ)ブレが気になっていただけに、CA-1は好いですね。
でも、もうちょっとケーブルが長くて、安っぽい外観がどうにかなるといいんですけど。
※この記事は書きかけです。タイトルや内容その他が変更される可能性があります。
関連記事
スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cyobinosuke.blog34.fc2.com/tb.php/1182-d890a2d9
    この記事へのトラックバック