FC2ブログ

大怪獣ガメラ(Yujin製)

2007年12月27日 22:00

晴れ
大怪獣ガメラ001 ← ガメラ復活!
「さて、これは・・・」「大怪獣ガメラ アクションビネット・・・」で散々引っ張って来ましたが(苦笑)、やっと本題のトレーディングフィギュア本体篇に突入です。まずは『大怪獣ガメラ』(昭和40年/1965年11月27日公開)より、ガメラ(以下『初ガメ』または『ガメラ』)の登場です。
ガメラはエスキモーの伝説の石に刻まれた、「アトランティスの火喰い亀」として畏れられています。しかし領空侵犯で米空軍機によって撃墜された国籍不明機の搭載していた原子爆弾の爆発によって氷漬けになっていたガメラは復活してしまう・・・というのが映画の冒頭ですね。
大怪獣ガメラ002
内容はこんな感じです。 → 
さて、肝腎の箱の中身はというと・・・ガメラ本体氷山を模したベース、そして氷山(大)氷山(小)が入っています。ガメラは頭部、背甲、腹甲、両腕、両脚、そして尻尾に分解出来る構造ですが、箱に入った状態では背甲と腹甲は最初から組み立てられています。ベース氷山(大)、または氷山(小)を組み合わせてディスプレイする訳なんですが、このディスプレイの方法は、なかなか面白い発想ですね。
ご意見、ご感想はこちらへどうぞ!
ベースの発想についてはひとまず置いて、先にガメラのプロポーションを見てみましょう。
大怪獣ガメラ003大怪獣ガメラ004
正面向かって右側
大怪獣ガメラ005大怪獣ガメラ006
向かって左側背面
ガメラ本体のプロポーションは良好だと思います。初ガメ昭和『ガメラ』シリーズ中で最も背甲と腹甲の大きさの差があったんですが、ちゃんとその通りになっていますね。また、尻尾も細長く、初ガメの特徴である尻尾のヒレ(?)も表現されています。ガメラの彩色は、メインで濃緑色、そこに黒に近い、濃い灰色で墨入れが施されています。少々青も混ぜてあるようですね。もちろんつや消しです。分割の関係で四肢と腹甲の段差が大きくなってしまったのは残念なところですが・・・。
大怪獣ガメラ007 ← ベース関係
前述した通り、ベース氷山を模したベース本体氷山(大)、それに氷山(小)が入っています。このアングルだと判りづらいかも知れませんが、ベースにはガメラの下半分が収まるように背甲と腹甲の形に(ちょっと大きめの)穴が開いています。氷山(大)氷山(小)を組み合わせる事で2通りのディスプレイが出来るという発想は面白いと思います。ベースはクリアソフビで成型されているんですが、かなり厚めの塗装なので、折角の素材を活かしていないのは残念ですね。
大怪獣ガメラ008大怪獣ガメラ009
両脚と尻尾を外すと・・・氷山(大)の穴にスッポリ!
大怪獣ガメラ011大怪獣ガメラ010
氷山(小)があると不安定。氷山(小)を外せば安定♪
氷山(大)を外した穴にガメラの両脚と尻尾を外して挿れ、氷山(小)を取り付けるとガメラ出現シーンとなる訳です。また、氷山(大)を嵌め込んでガメラを立たせると歩行状態の再現となる訳ですが、氷山(小)を外し忘れると、氷で滑ってコケそうな、のけ反ったような体勢になってしまいます(苦笑)。
『大怪獣ガメラ』オープニング風(大映スコープタイプ)
こんな感じ? → 
『大怪獣ガメラ』オープニングを記憶を頼りにして大映スコープ風(要するにシネマスコープ、縦横比1:2.35)に作ってみました。箱買いしたので、当然シークレット白黒バージョンもあるんですが、鼻面から頭頂部かけてと、背甲の大部分に噴いてあるグレーがどうも好きになれません。ですからノーマルをモノクロ化した次第です。ガメラが右向きだったか、左向きだったかがあやふやなんですが、未確認です(汗)。確認するためにはかなり奥に仕舞い込んであるVHSテープを出さなくてはならず、下手をすると丸1日掛りで大変な事になってしまうのです。間違っていたらご容赦を・・・また、途中で米軍司令部のシーンもありますが、そこはご勘弁を願います(苦笑)。でも、概ねこんな感じだったと思いますョ。
やっぱり昭和ガメラ葉っぱのような背甲の鱗や網焼きハンバーグ(苦笑)のような腹甲のラインは好いですねェ♪
さて、今回の記事は如何でしたでしょうか?次回はいつになる事やら・・・もし待っていらっしゃる方がいたら、気長にお待ち下さいね。A^ω^;)
※この記事は書きかけです。タイトルや内容その他が変更される可能性があります。
関連記事
スポンサーサイト





コメント

  1. チョビ之助 | URL | fRjoE41.

    毎度どうも

    >ガメラ医師さん
    流石にそこまで引っ張るつもりはありませんでしたが、気が付けば年末ギリギリのレビューでしたね(苦笑)。
    他にもソフビやガチャ×2、書籍もありますので、それらも追々ご紹介出来ればと思っています。

  2. ガメラ医師 | URL | uzicl2Lc

    やって参りました。

     各個のレビューは年越しかと覚悟しておりましたが、^^) 微に入り細に渡る、興味溢れるレビュー記事、有難うございます。
     のけぞりガメラ君、確かに滑ってコケそうで可愛いです。ひっくり返ったら大変…。
     本年中は大変お世話になりました。来年もどうか宜しくお願い申し上げます。
     

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://cyobinosuke.blog34.fc2.com/tb.php/1166-4411b2cd
この記事へのトラックバック

ガメラ:07年12月下旬のフィギュア関連情報

 本日8本目の更新です。 前回の「中旬のフィギュア情報」はこちら。 CCP/ファミマ・コムのGAMERA第三弾については、「12月の特撮系雑誌情報」へどうぞ。 『菜葉菜 菜の花 シネマ館』 http://ameblo.jp/nahana/ さん、12月21日の更新。 ☆ダーリン☆ 【写真あり】 http...