FC2ブログ

さて、これは・・・

2007年12月10日 22:01

晴れのち曇り
なんでしょう? ← なに?(・ω・`)
・・・一体なんでしょう?(笑)
これはとあるトレーディング・フィギュアシリーズベース7種類を組み合わせたものなんですが、この画像だけですぐに「ピン」と来た方は、かなりのツワモノだと思いますョ。
発売当時から持っている方でも1回組んでみた後、ベースは仕舞い込んでしまって、たぶん忘れちゃっているんじゃないかな?と思ってます。

ヒントとしては・・・
  • Yujin製
  • 当時の販売価格は980円(税別)
  • 全8種類(シークレット込み)
  • “HYPERHOBBY”誌の誌上限定版あり
・・・といったところでしょうか?
ご意見、ご感想はこちらへどうぞ!
これで判りますか?
これでどうだ!(Click! ) → 
実は画像の通りYujinTRADING FIGURE COLLECTION FXシリーズ「大映特撮シリーズ ガメラ 大怪獣ガメラ アクションビネット」ベースなんですよね。ただし配置の関係で、本来は四足歩行形態のバルゴン戦ガメラ(個人的に『バルガメ』と呼称・笑)を「HYPERHOBBY誌上限定版 バルゴン戦ガメラ/大阪城版」に置き換えてあります。
この7種類のベースですが、実は昭和ガメラの背甲(所謂『甲羅』)の意匠になっているんですよね。左上から時計回りに『ガメラ対大悪獣ギロン』(昭和44年/1969年3月12日公開)よりギロン、同宇宙ギャオス(飛行形態)、『大怪獣空中戦 ガメラ対ギャオス』(昭和42年/1967年3月20日公開)よりギャオスギャオス戦ガメラ(ギャオガメ・笑)、『大怪獣決闘 ガメラ対バルゴン』(昭和41年/1966年4月17日公開)よりバルゴンバルガメ、中央が『大怪獣ガメラ』(昭和40年/1965年11月27日公開)のガメラ(初ガメ・笑)という風になっています。
なお、シークレット初ガメ白黒バージョンという、ある意味「お馴染み」の手法ですが、某社(B社ではありません・笑)と違って8BOX入りを1箱買えば、アッサリとコンプリートする事が出来ました。
・・・という訳で、おいおい今更なレビュー(苦笑)を書いて行こうと思っています・・・某少年誌並みに引っ張る、引っ張る。<(*'ω'*)
※この記事は書きかけです。タイトルや内容その他が変更される可能性があります。
関連記事
スポンサーサイト





コメント

  1. チョビ之助 | URL | fRjoE41.

    たはは・・・

    >ガメラ医師さん
    私はヘソ曲がり、天邪鬼の見本みたいなもので(苦笑)。
    >某少年誌みたいに二年も引っ張ったあげく、再開直後にまた無期限の休載
    いやあ、分かりませんよ。
    「「朝(あした)に紅顔ありて夕べに白骨になれる身なり・・・」という言葉もありますからね。(ぉぃ

  2. ガメラ医師 | URL | uzicl2Lc

    フィギュア本体のレビューは、

    いままで幾つか拝見してきましたが、台座に的を絞ったレビュー記事は、寡聞にして初見です。^^)
     こういう企画ものも、楽しいですね。
    某少年誌みたいに二年も引っ張ったあげく、再開直後にまた無期限の休載、となりませぬよう、お祈りしております。(^人^)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://cyobinosuke.blog34.fc2.com/tb.php/1149-4970b74d
この記事へのトラックバック

ガメラ:07年12月半ばのフィギュア関連情報

 本日三本目の更新です。一本目「高知県立美術館で造型文化展」はこちら。 二本目「年末のWOWOW放映情報 07/12」はこちらから。  また、前回の「12月第2週のフィギュア関連情報」はこちらからとなります。  最近、ガメラ系の更新頻度が上昇傾向の、 『ちょび之助