FC2ブログ

増設メモリ、逝く

2007年09月29日 22:00

雨時々曇り
27日からのつづきです・・・。
増設メモリの取り外し001 ← 画像1
オペレーター氏が「少々お待ち下さい」と保留なしで少し考え、私にある事を尋ねて来ました。
「メモリは増設してありますか?」
この事で故障の原因が増設メモリにある可能性が判ったのでした。
電話を切り、早速増設メモリを外してみる事にしました・・・先ずは電源を切ります。(画像1:上/左)
電源関係装置(電源コード、バッテリー)と周辺機器(私の場合はマウス、AIR EDGEのPCカード、Memory Stick)を取り外します。(画像1:上/右)
作業を行う前に、金属部分に触れて、静電気を逃がします。キーボードの下に増設メモリが挿入されていますので、裏返してバッテリー側にある3箇所のビスをプラスドライバーで外して、キーボードを取り外せるようにします。(画像1:下/左右)
ご意見、ご感想はこちらへどうぞ!
増設メモリの取り外し002
画像2 → 
ビスを外したら液晶モニタを開き、F5キーNumLkキーの部分にあるツメを細めのマイナスドライバーなどでこじって外します。(画像2:上/左)
これでキーボードが外せました・・・キーボードに繋がっているフィルムケーブルを傷めたりしないよう、注意しながらそっと裏返します。(画像2:上/右)
増設メモリを止めている左右のツメを外すと、手前のピン側が挿ったまま浮き上がります。(画像2:下/左)
増設メモリに触れる前には改めて金属部分に触って静電気を逃がしてから作業をします。丁寧に増設メモリを引き抜きます。(画像2:下/右)
増設メモリの取り外し003 ← 画像3
これで増設メモリを取り外す事が出来ました。(画像3:上/左)
フィルムケーブルを傷付けないように丁寧にキーボードを元の位置に戻し、液晶モニタを保護するためにハンカチなどの布数枚重ねたティッシュキーボードの上に置き、液晶モニタを閉じます。(画像3:上/右)後は分解時と逆の作業を行えばいい訳ですね。
恐る恐る電源スイッチを入れると・・・

VAIO起動画面キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!

ちょっと画面が暗いですが、初期値に戻ったためだと思います。(画像3:下/左)
今回逝ってしまったBUFFALO製増設メモリ(512MB)です・・・合掌。(画像3:下/右)
増設メモリが逝ってしまったのは初めての事で、症状も判りませんでした。ですからてっきりHDDが逝ってしまったのでは?と思い込んで相当落ち込みましたョ。増設メモリはある程度は消耗品と思っていましたが、まさか2年少々で逝ってしまうとは予想していませんでした。前に使っていたVAIOノート(PCG-SRX3F/BD)の増設メモリは5年経ってもまだ動作してますしねェ・・・この増設メモリ、残念ながらジャンガリアン・ハムスターの寿命より短かったです。

それにしても実装メモリが失くなったお蔭で、今まで通りの作業を行うと遅いわ、重いわで困ってしまいます。
まだVGN-T72B/L用増設メモリの在庫はあるのかなぁ・・・?
※この記事は書きかけです。タイトルや内容その他が変更される可能性があります。
関連記事
スポンサーサイト





コメント

  1. とおりすがりな名無しさん | URL | -

    メルコのメモリは6年保証
    レシートと箱があれば新品交換のはずだが…

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://cyobinosuke.blog34.fc2.com/tb.php/1075-d3289340
この記事へのトラックバック