FC2ブログ

テネリフェの悲劇

2013年03月27日 21:00

雨のち曇り
36年前の1977年(昭和52年)3月27日は、世界の航空史上最悪の航空事故が、スペイン領カナリア諸島テネリフェ島にあるロス・ロデオス空港(TFN、テネリフェ・ノルテ空港。以下テネリフェ空港)で発生しました。

↑ テネリフェ空港の概略図
この事故は霧の漂う滑走路(ランウェイ:Runway)をタキシング中のパン・アメリカン航空(パンナム)の1736便(ボーイング747-100型機、乗員16人、乗客380人)に、離陸許可が下りたと勘違いして離陸を開始したKLMオランダ航空(KLM)の4805便(ボーイング747-200型機、乗員14人、乗客234人)が衝突後に爆発炎上して、双方合わせて583人が死亡した事故で、「テネリフェ空港ジャンボ機衝突事故」とか「テネリフェの悲劇」「テネリフェの惨事」などと呼ばれています。

この日、カナリア諸島(アフリカ北西部沖にある、大小10ほどの島嶼群)のグラン・カナリア島にあるグラン・カナリア空港(ラス・パルマス空港:LPA)は、カナリア諸島の分離独立を目指す過激派組織の爆弾テロ事件と、もう1発の爆弾を仕掛けていると云う爆弾テロ予告で閉鎖されていました。
ラス・パルマス空港が目的地だったパンナム機“クリッパー・ヴィクター号”と、KLM機“ライン号”は、テネリフェ空港ダイバート(代替空港への着陸)する事になりました。

↑ 事故を起こしたKLMのB747-200型機(左)とパンナムのB747-100型機 (同型機)
テネリフェ空港は、東南東から西北西に伸びる3,400mの滑走路1本と、滑走路に平行する1本の誘導路(タクシーウェイ:Taxiway)があるだけのローカル空港で、標高が600mほどあり、海流と標高の影響で、雲や霧で覆われる事の多い空港です。

アムステルダム発(AMS、スキポール空港)のKLM機テネリフェ空港に着陸したのが、現地時間の13時44分、この時点で空港ターミナル前にある駐機場(エプロン)は10機以上が駐機していて、KLM機は仕方なく西北西側にある一時駐機場所に移動しました。ロサンゼルス発(LAX、ロサンゼルス国際空港)ニューヨーク経由(JFK、ジョン・F・ケネディ国際空港)のパンナム機が到着したのは約30分後で、やはり一時駐機場所に移動して、ラス・パルマス空港の再開を待つ事になりました。
スポンサーサイト



[ 続きを読む ]
※この記事は書きかけです。タイトルや内容その他が変更される可能性があります。

03/26のツイートまとめ

2013年03月27日 03:43

Cyobinosuke

それじゃ、また明日で~す。 |ω`;)ノシ )))))
03-26 23:39

もちろん、まだ寝ませんよ?
03-26 23:38

さて、ハエトリグモ幼体とも遊んだし、そろそろオチますかね。
03-26 23:38

ハエトリグモの可愛さは異常!(*´∀`人)
03-26 23:35

クモンガって、ハエトリグモをモチーフにした方が良かったと思っている。
03-26 23:28

@Hagga_ne おやすみー。ノシ
03-26 23:25

@Hagga_ne 早いなー。
03-26 23:25

いるよね~、こう云うヤツ(笑)。 >RT
03-26 22:14

Don BasilioさんのRTをRTしたんだけど、チンアナゴ(Heteroconger hassi)の全身って初めて見た! >RT
03-26 21:54

何で「ちみキャラサイコパス」の眼は渦巻きなのかと小一時間…。
03-26 21:50

[ 続きを読む ]