FC2ブログ

1/350 太陽の塔

2010年09月06日 23:00

晴れ時々曇り
海洋堂ホビーロビー東京(HLT)で「1/350 太陽の塔を見て来ました。

↑ 「1/350 太陽の塔」正面(CX1)
ショーウィンドウの中のターンテーブルに乗って回転しているので、撮影が楽でした(笑)。
「1/350 太陽の塔は、日本万国博覧会(万博)の40周年を記念して海洋堂が制作した、塗装済み完成品です。
実物の太陽の塔の製作者は、「グラスの底に顔があってもいいじゃないか!」「芸術は爆発だ!」で知られる、近代日本芸術界巨人・岡本太郎さん
岡本さん万博から15年後の国際科学技術博覧会(科学万博)でもシンボルモニュメントの「未来を視る」を製作していますが、太陽の塔に比べると、ずっと小さなものです。

↑ 斜め前~後ろ側(CX1)
密林では2,980円のところを、7%OFFの2,779円で予約してますね。
他にもあみあみでは15%OFFの2,510円だったり。

う~ん、欲しい。
まだ特撮リボルテックの未購入品も沢山あるのに・・・さて、どうしましょ?(苦笑)
ぺたり。

ご意見、ご感想はこちらへどうぞ!

[ 続きを読む ]

成为了四三八米的东京天空树

2010年09月01日 23:00

晴れ
所用で都内に出た帰りに、久々に東京スカイツリーを撮って来ました。
一部の画像では、CX1に、本来はCaplio GX8オプション品であるワイドコンバージョンレンズ(DW-4)強力両面テープで貼り付けて撮影しています。
業平橋駅ホームから ← 業平橋駅ホームから。
   (CX1/ワイコン)

久し振りに東武鉄道(東武伊勢崎線)業平橋駅で降車して、浅草駅寄りホーム端から撮影してみました。
昨年の12月、まだ224mだった時以来の業平橋駅ホームですから、214m、ほぼ倍近く高くなった訳です。流石にタワークレーンも小さく見えるようになり、第1展望台も全体の枠組みが出来上がりました。業平橋駅高架駅で、東武橋から見るよりも塔体からの距離が近い所為か、こちらに圧し掛かって来るような感じを受けますね。
H22年10月下旬進捗状況
工事進捗状況図 → 
(CX1/斜め補正)     
業平橋駅を出て東武橋に向かう途中の工事用フェンスには、スカイツリー完成予定図(CG)や、工事に関する許認可証明類が掲示されています。
その中に、スカイツリーの工事の進捗状況を示す進捗状況図があります。これを見ると、おおよそ2ヶ月間の工事の進め方が図示されているので、案外役に立つんですよね。
現在は10月下旬までのものが掲示されています。それによると、いよいよゲイン塔(アンテナ部分)のリフトアップが始まるようです。突き出すのは第2展望台が出来てからでしょう。
東武橋から ← 東武橋から。
   (CX1/ワイコン)

お馴染みの東武橋京成橋側歩道から。
流石にワイコンを使っても厳しい高さになって来ましたね。
手前に建設中の西街区塔体基部が隠れる訳ではないようなので、塔体の高さを表現したい場合、撮影手段は一眼レフ超広角レンズしかないような気がしてます。
反対側にあるさくらcafeの周辺なら大丈夫でしょうが、比較的交通量が多く、東武橋での違法駐車が目立つ言問通りで、モニター(ファインダー)内に自動車が全く入らない瞬間を捉えるのは厳しいでしょうねェ。(´・ω・`)
ご意見、ご感想はこちらへどうぞ!
[ 続きを読む ]