FC2ブログ

火山噴火と航空機

2010年08月31日 23:00

晴れ
命を喪いかねない災害として「地震、雷、火事、おやじ(大嵐の古語『おおやまじ』が転化したもの)」と言いますが、何で火山噴火はないんでしょうかね?

それは兎も角。(ぇ

インドネシアスマトラ島にあるシナブン山と云う火山が、410年振りに8月29日から噴火を始めました。時事通信社の記事からの引用です。
火山が410年ぶり噴火=住民1万2000人避難-スマトラ島
噴煙を上げるインドネシア・スマトラ島のシナブン山(AFP=時事)
28日、噴煙を上げるインドネシア・                    
スマトラ島のシナブン山                               
(AFP=時事)

 【ジャカルタ時事】インドネシア・スマトラ島の北スマトラ州にあるシナブン山(2460メートル)が29日未明、噴火した。同山の噴火は410年ぶり。気象当局は警戒レベルを最高度に引き上げ、付近の住民約1万2000人が避難した。
 地元メディアによると、噴火口から噴煙と火山灰が約1500メートルの高さにまで立ち上っている。これまでのところ大規模な被害や航空便への影響は出ていない。

(時事通信社:2010年8月29日17時24分)
http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&rel=j7&k=2010082900087
讀賣新聞ヘッドラインでは、4万人近くの住民が避難して、避難中に2人の死者が出ている・・・とありました。

以前は「活火山」「休火山」「死火山」の区別がありましたが、「死火山」と言われていた火山火山活動を始めた為に見直しがなされ、現在では「活火山」「それ以外」に分けて考えられるようになり、正確な分類は火山の形成形態だけになりましたね。
形成形態「アスピーデ」「コニーデ」「トロイデ」等も、古い形成形態の呼称になりました・・・。(遠い目)

しかし410年振りの噴火となると、富士山宝永爆裂口が形成された、宝永4年(1707年)の「宝永大噴火」なんて303年前の事で、シナブン山より107年も若い(笑)。
しかも富士山は微弱ながら、現在でも火山活動が見られるので、決して予断を許されない「活火山」ですからね。

でも、山腹噴火ではなく、山頂噴火だったら、綺麗な円錐形の火山だったんでしょうね・・・「宝永大噴火」の前の富士山の山容が見てみたいものです。
まあ、全く別の山容になっていた可能性もあるんですけどね。

話が富士山に逸れちゃいましたが(汗)、火山噴火で心配なのが航空機への影響です。
微小な火山生成物(火山灰など)がジェットエンジンに入り込み、フレーム・アウト(燃焼停止)に陥った例としてよく知られているのが、1982年(昭和57年)6月24日深夜に発生したブリティッシュ・エアウェイズ(BA)9便エンジン故障事故です。
ご意見、ご感想はこちらへどうぞ!
スポンサーサイト



[ 続きを読む ]

84画の名を持つラーメン店

2010年08月22日 23:00

晴れ時々曇り
これで一文字。(驚)
「雲 雲龍雲 龍龍」の84画が一文字で「おとど」
世界最多、84画の画数を誇る和製漢字、つまり国字だそうで、この一文字で「おとど」とか「たいと」「だいと」と読むんだとか・・・因みになども国字です。 (ご存知ですよね?)
※国字を詳しく知りたい方は「和製漢字の辞典」をご覧下さい。

そんな漢字を屋号に持つラーメン店が、地元松戸市内JR北松戸駅前に出来ていたという事を知ったのは、twitterでの、ある方つぶやきからでした。
地元沿線、しかも、いつも通っている北松戸の駅前にあるのに知らなかった・・・orz
・・・新松戸「山勝角ふじ」も、とある映画監督に教えて貰ったんだけど。(ぉ

昨日、所用の帰り道にJR北松戸駅で下車して、「肉玉そば おとど」に寄ってみました。
いつも通りCX1も持ってます(笑)。
(以降、通達に従って『おとど』と呼称します)
ご意見、ご感想はこちらへどうぞ!
[ 続きを読む ]

残暑お見舞い申し上げます

2010年08月18日 23:23

曇り時々晴れ
二十四節気のひとつ、「立秋」から10日余り。

広辞苑によると、立秋とは・・・
りっ-しゅう【立秋】
二十四節気の一。太陽の黄経が135度の時。秋の始め、太陽暦の8月8日頃。<[季]秋>
・・・という事です。
何だか「大暑」よりも扱いが低いな(苦笑)。
の上ではもうになっているのに、一向に涼しくなるどころか、逆に暑くなっている気がします。
2年振りに発生したラニーニャ現象の影響で、ここ数日間の暑さは半端じゃありませんからね。
そんな訳で、当Blogをご覧の皆様には、ささやかながら残暑見舞いをお届けします。

残暑見舞い
えっ、却って暑くなっちゃいましたか?
夏の青空に伸びる東京スカイツリーよりは、暮れなずむ夕景のスカイツリーの方がいいと思ったんですけどね?
それに夏の青空+スカイツリー暑中見舞いで使っちゃいましたし(笑)。
ご意見、ご感想はこちらへどうぞ!
[ 続きを読む ]

25年目の日本航空123便墜落事故

2010年08月12日 18:56

曇り時々雨
今年も8月12日が巡って来ました。
今年は事故後25年という節目の年であり、あれから4半世紀が経ってしまった訳ですね。
私は例年通り、今年も推定墜落時刻の18時56分30秒には、高天原山「御巣鷹の尾根」の方角に向かって静かに合掌して、亡くなった520名の皆さんのご冥福をお祈りします。
日航123便航跡図(ver.1.2より) ← 航跡図
 (キャプチャ)

日本航空123便墜落事故の概略は過去の記事で何度も触れていますが、改めて・・・
昭和60年(1985年)8月12日18時12分に東京国際空港を離陸して大阪国際空港に向かった日本航空123便(ボーイング747SR-100型機、機体番号JA8119)が相模湾上空を飛行中の18時24分35~36秒頃、連続する2回の衝撃音と共に垂直尾翼の2/3や補助動力装置(Auxiliary Power Unit/APU)などを喪失、30分以上の迷走飛行を続けた末に18時56分30秒頃、群馬県多野郡上野村の御巣鷹山の南側にある高天原山の無名の尾根(後に『御巣鷹の尾根』と命名)に墜落。
乗員15名(操縦室3名、客室12名)、乗客505名、計520名が死亡、乗客4名が重傷を負った・・・という、単独事故としては世界最大航空機事故でした。

JAL123便飛行跡略図-ver1.2や、日航ジャンボ機墜落事故(サビ猫さん)を参考に、改めて事故を振り返ってみましょう。
ご意見、ご感想はこちらへどうぞ!
[ 続きを読む ]

花火の撮り方

2010年08月10日 23:00

曇りのち時々晴れ
携帯端末の作例(その3) ← 綺麗に撮りたい。
   (CX1)

ハッキリ言って、私は大した腕がある訳じゃありません。
でも、自信だけはある!(`・ω・´)エッヘン!

・・・まあ、戯言は聞き流して下さい(苦笑)。
日本各地では、まだまだ多くの花火大会の開催が予定されています。東京だと、今週末の8月14日(土)に第23回東京湾大華火祭もありますし、地元の松戸市近隣だと第34回流山花火大会もあります。
そんな訳で、自分の忘備も兼ねた花火の撮影方法のおさらいをしようと思います。

1.)撮影モードを設定する。
これは大切な事です。
普段はデジカメ任せの「オート撮影モード」で撮っている人も、最低限「花火撮影モード」「夜景モード」に切り替えましょう。リコー製デジカメ「花火撮影モード」のないコンデジの場合はISO感度64~80と低めにして、ホワイトバランス(W/B)は「屋外」(太陽マーク)に。また撮影設定メニューから[長時間露光]を選択して、1秒~4秒の範囲で露光時間を設定しましょう。
[フォーカス]の設定が可能なら、無限遠(∞)にします。こういう時の為に説明書を読んでおくと、色々と応用が利くんですよ。(*^ー゚)b
2.)カメラは必ず固定する。
花火を撮る時はシャッタースピードが1秒以上になるので、手ぶれ補正を設定してあっても意味がありません(キャンセルされてしまいます)。
上記の操作で最短露光時間に設定した1秒だって、短いようで案外長いんです・・・ですから、デジカメ三脚に固定するか、デジカメが動かないよう何処かに押し当てて撮影しましょう。硬い物に押し当てる場合は、ハンカチなどでデジカメが傷付かないように保護して下さい。
花火手持ち撮影は、やって出来ない事はありません。しかし本当に厳しいので、お薦め出来ませんね。
3.)少し早めにシャッターを押す。
>「花火が開く瞬間にシャッターを押す」事が大切です。
これは実際の作例をご覧になって頂いた方がいいでしょうね。
ご意見、ご感想はこちらへどうぞ!
[ 続きを読む ]

松戸花火大会 in 2010(その2)

2010年08月09日 23:00

雨のち曇り(一時晴れ)
昨日からのつづきです。
世の中便利になったもので(笑)、花火を撮影する時のポイントはちょっと検索すれば、カメラメーカー各社個人ホームページブログなどに親切丁寧な撮影方法が書いてありますし、最近のコンパクトデジタルカメラは、メーカーによって「花火撮影モード」なんてモードまであったりします。
花火(その1) ← 数発目の花火
   (CX1)

リコー製デジカメ「花火撮影モード」なんて気の利いたモードはありませんし、そんなモードが付いていないコンデジでも、セオリー通りの設定をキッチリ守れば、十分に花火撮影は可能です
さて、松戸花火大会の打ち上げ開始時刻になり、スターマインが一斉に打ち上がりました・・・ところが私のCX1の先に、既に出来上がっていたオッサンが興奮して立ち上がってしまい、見事アウトになったのでした。orz
何発か続き、オッサンが周囲の人たちに注意されて座った後の花火が左の画像のものです。
花火(その2)
花火の音と歓声が響きます。 → 
(CX1)     
しかし、やや強い南寄りの風の影響で、開いた「花」が風で流されてしまうのは、気象現象ですから、どうしようもない・・・また、細い三脚が風に煽られて揺れてしまい、花火輝線が少々ジグザグになってしまいます・・・何とかしたかったのですが、ウェイトになるようなものはなく、仕方がないので諦めるしかありませんから、そのまま撮影を続行しました。もっと下流の葛飾橋方面で撮影すれば、風下側に当たるのでよかったのでしょうね。

まあ、そんな私の考えには関係なく(苦笑)、花火はどんどん打ち上げられ、打ち上がった花火が開く度に歓声が上がり、拍手が湧き起こります。
ご意見、ご感想はこちらへどうぞ!
[ 続きを読む ]

松戸花火大会 in 2010

2010年08月08日 23:00

晴れのち曇り
昨日はお盆前最後の土曜日という事で、地方出身者が多い埼玉、千葉、東京、神奈川などの各都県では、多くの花火大会が開催されていました。
私もかなり久し振り(10年くらいかな?)に、地元・松戸市松戸花火大会を観に行って来ました。
松戸駅・新京成乗換え口から ← 凄い人出です。
   (F-01B)

実家にいた時は打ち上げ場所の江戸川の河川敷まで100数十メートルほどだったので、さして気にしてなかったのですが、現在は数駅離れた場所から向かう事になります。
駅から江戸川に向かう途中にあるコンビニなどは、冷えた飲料は全滅だろうと、アパートから水筒を持ち、こちらのコンビニで温くなっても飲めるお茶と、軽い食料を買って向かいました。
遊歩道の人々
江戸川堤防の遊歩道 → 
(F-01B)     
実家に顔を出してから、江戸川の堤防へ。
規模は1万発以下と小さめですが、やっぱり人出はかなりあります・・・実家の誰も行かないから場所取りもしてないので、遊歩道すぐの、空いている場所に荷物を置いて、撮影場所の確保をしました。
一見、空いているように見えても、低い位置に荷造り用ビニール紐を使ってペグで(勝手に)区画を切ってあったりして、下手をすると転びかねないんですよね。
ご意見、ご感想はこちらへどうぞ!
[ 続きを読む ]

駿河湾=フィリピン海?

2010年08月01日 23:00

曇りのち晴れ
蒸し暑く、寝苦しい日が続きますが、皆さんはいかがお過ごしでしょうか?

さて、本題です。
先日、Googleマップ航空自衛隊静浜基地富士山静岡空港の位置関係などを調べていた時の事です。
とある表示が目に止まりました。
フィリピン海?
 ↑ あ、あれッ?(汗)
本来なら「駿河湾」と表示されるはずのところが「フィリピン海 Philippine Sea」になっているんですよ・・・これは対岸になる伊豆半島西岸、所謂西伊豆も同様です。
画像加工ではありませんので、実際にGoogleマップを開いて、確認してみて下さい。
ご意見、ご感想はこちらへどうぞ!
[ 続きを読む ]