FC2ブログ

雫石事故

2010年07月30日 23:00

雨のち曇り
もう、すっかり忘れ去られてしまった感がありますが・・・

昭和46年(1971年)の今日(7月30日)は、岩手県岩手郡雫石町付近上空で、航空自衛隊(JASDF/Japan Air Self-Defense Force)ノースアメリカン F-86F戦闘機(製造番号92-7932)と接触した全日本空輸(全日空)58便(札幌発羽田行き、ボーイング727-200型機、機体番号JA8329)が空中分解して、雫石町に墜落した全日空機雫石衝突事故、所謂「雫石事故」が発生した日です。
※以下、航空自衛隊を「空自」と略す場合もあります。

千歳空港を13時33分(定刻は12時45分)に離陸した全日空58便は、13時46分に函館NDB(Non-Directional Beacon:無指向性無線標識)を高度22,000フィート(約6,706m)で通過して、高度を28,000フィート(約8,534m)に上げて、航空航路「ジェットルートJ11L」を自動操縦で松島NDBに向かう途中でした。
全日空58便は、計器飛行方式の承認を得て13時46分に千歳空港を離陸後、J10Lで函館NDBを通過、その後はJ11Lで松島NDBを目指し、J30Lで大子NDB、J25Lで佐倉NDB及び木更津NDBを経て、東京国際空港(羽田)に到着する予定でした。

一方の自衛隊機は、訓練生2等空曹が搭乗。
教官1等空尉の随伴で航空自衛隊松島基地を13時28分に離陸しました。
当日に教官臨時設定された秋田県横手市付近上空訓練空域に向かうべく、急速に高度を上げます。そして、予告なしに教官機進路変更訓練生機が等間隔で追尾する、実戦形式の訓練を開始しました。
ご意見、ご感想はこちらへどうぞ!
スポンサーサイト



[ 続きを読む ]