FC2ブログ

リコーの決断

2009年02月28日 22:00

RICOH CX1
曇り
リコーからメルマガ“Photo Style News”の No.12が届いていました。
R10の後継機となるコンパクトデジカメラ(コンデジ)、CX1発売のニュースがメインです。
7項目ほどのセールスポイントと共にHPのURLが張ってあるので、早速覗いてみました。
ちょっと驚いたのが、撮像素子1,000万画素オーバーが当たり前になり、更なる高画素化競争が激化しているコンデジCX1に、敢えて1,000万画素アンダーの有効画素数約929万画素(総画素数は約1,029万画素)の1/2.3型CMOS(Complementary Metal Oxide Semiconductor)を搭載している点です。
これは高画素化に奔走する他メーカーに対する強烈なアンチテーゼと言えるでしょうね。
1/2.3型は、だいたい縦4mm、横5mm程度の大きさと考えて下さい。撮像素子の大きさは「シグマDP1」をご覧になって下さいね。
ご意見、ご感想はこちらへどうぞ!
※この記事は書きかけです。タイトルや内容その他が変更される可能性があります。
スポンサーサイト