FC2ブログ

特別展「菌類のふしぎ ~きのことカビと仲間たち~」を見る。

2008年12月05日 22:33

曇り(一時雨)
「菌類のふしぎ」の看板 ← 門の前にある看板
今日は国立科学博物館(かはく)で開催中の特別展「菌類のふしぎ ~きのことカビと仲間たち~」に行って来ました。
様々な菌類の標本などを見学するのはもちろん、「もやしもん」の作者石川雅之さんのらくがきのチェックも楽しみのひとつです。
※本来は「落書き」ですが、敢えて「らくがき」で統一しています。
特別展専用門を入ってD51 231号機の先にあるチケット売り場で当日入場券を購入し、先ずは地球館中2階にあるレストラン“RESTAURANT MOUSEION”(ムーセイオン)で腹ごしらえする事にしました。何しろかはく内ではアメガムを含む、一切の飲食は禁止です・・・しかも特別展は再入場出来ませんしね。
※常設展は再入場出来ます。
常設展を見下ろせる“MOUSEION”の館内側の窓
“MOUSEION”の館内側の窓 → 
“MOUSEION”の館内側の窓からは、常設展の[地球の多様な生き物たち] -みんな、かかわりあって生きている-が見下ろせます。天井から吊るされたクジラ類の骨格標本が目に入りますが、やはり海中で生活する事に特化した動物だけに、非常に洗練された美しさを感じてしまいますね。
さて、私は1日100食限定(!)のオムハヤシ(700円)とクリームスープ(300円)、食後にアイスコーヒー(ホット/アイスとも330円)をオーダーする事にしました・・・「限定」って言葉に弱いのはオタクの性でしょうか?(苦笑)
オムハヤシとクリームスープ ← オムハヤシとクリームスープ
展示されているクジラ類の骨格標本に見入っているとオムハヤシクリームスープが運ばれて来ました。ファミレスと同じか、不味いんだろうと思っていたら、卵はかなりフンワリ、トロトロとしていて、かけてあるデミグラスソースもしっかりした味でした。流石は「上野精養軒」直営のレストラン、いい意味で期待を裏切られました。ただ、クリームスープが人肌よりちょっと温かい程度なのと、安っぽいカップなのが・・・アイスコーヒーの味も香りもイマイチでしたねェ。
さて、これで「菌類のふしぎ」の見学準備が出来ました(笑)。
ご意見、ご感想はこちらへどうぞ!
スポンサーサイト



[ 続きを読む ]