FC2ブログ

大晦日

2008年12月31日 23:30

晴れ

今年も残すところ、あと30分。

色々あった一年間でした。
来年も色々あると思いますが、皆様にとって幸せな一年でありますように・・・。

皆様、よいお年を。
ご意見、ご感想はこちらへどうぞ!

※この記事は書きかけです。タイトルや内容その他が変更される可能性があります。
スポンサーサイト



「もやしもん」7巻付録 nano

2008年12月23日 23:00

曇り時々晴れ
昨日に引き続き「もやしもん」限定版 ~nano~に付録のナノブロックについて。
もやしもん 7  限定版  ~nano~もやしもん 7 限定版 ~nano~
(2008/12/22)
石川 雅之

商品詳細を見る
付録のナノブロックの箱(その1) 付録のナノブロックの箱(その2)
限定版 ~nano~の付録は「A・オリゼー ブロックフィギュア」という事で、「ダイヤブロック」でお馴染み、株式会社河田(カワダ)が出している「ナノブロック」でA.オリゼー(大)またはA.オリゼー(小)が作れるというものです。いっぺんにA.オリゼー(大)A.オリゼー(小)が作れる訳ではないので、ご注意下さい。
以下、組み立てなどについてのレビューなどを書こうと思います。
ご意見、ご感想はこちらへどうぞ!
[ 続きを読む ]

「もやしもん」7巻2冊

2008年12月22日 22:00

曇り時々晴れ(一時雨)

今日は「もやしもん」7巻の発売日。
今回も通常版と付録の付いた限定版が同時発売されました。
もやしもん 7―TALES OF AGRICULTURE (7) (イブニングKC)もやしもん 7―TALES OF AGRICULTURE (7) (イブニングKC)
(2008/12/22)
石川 雅之

商品詳細を見る
もやしもん 7  限定版  ~nano~もやしもん 7 限定版 ~nano~
(2008/12/22)
石川 雅之

商品詳細を見る

上が通常版、下が限定版です。付録の有無の他に通常版限定版ではカバーが全く違っていますね。
以下、ネタバレもあるのでご注意下さい。
ご意見、ご感想はこちらへどうぞ!
[ 続きを読む ]

「菌類のふしぎ」展 ~石川雅之さんのらくがき集:改訂版~

2008年12月19日 22:59

晴れ
 ← 前回の61番目
前回「もやしもん」の作者石川雅之さんらくがきの画像をmixiで公開したところ、ある方から「(菌類が支える森にある)61番目の画像のO-157とC.ボツリナムは別々に描かれていて、62番目の画像もC.ボツリナムと同時期に描かれている。たぶん本当に押した人がいたので、石川先生が描き足したのでは?」とのご指摘&推察を頂きました。
確かにO-157「本気で押せば動くぜ」と言っているのに対し、C.ボツリナム「ホントに押したらダメだヨ」と言ってますし、62番目の画像でE.フェカリス(たぶん)がストッパーの木片のところで「やるな科博め」と言ってますよね。
謎の画像?
これじゃねェ・・・。 → 
また、かなり奥まった場所に描かれていて、携帯電話のデジカメでは光量不足でちゃんと撮れなかったL.ブレビスの画像も撮り直しをしたいので、改めて携帯電話と一緒にリコー Caplio GX8を持ってらくがきを撮影に行って来ました。
自分の目で確認したい方はネタバレですから、ご注意を。
※本来は「落書き」ですが、敢えて「らくがき」で統一しています。
ご意見、ご感想はこちらへどうぞ!
[ 続きを読む ]

水戸駅でE501系に会ってきた。

2008年12月14日 23:11

雨のち曇り
今日は所用があって、茨城県の水戸市に行って来ました。
水戸に行っての楽しみは、土浦以南の運用から外れた415系交直両用近郊型電車1500番台や、常磐線初のVVVF(Variable Voltage Variable Frequency:可変電圧可変周波数)インバータ制御を採用したE501系交直両用通勤型電車が見られる事です。
しかし水戸に着いた時は、タイミングが悪かったのか、415系E501系を拝めませんでした。(´・ω・`)
用事を済ませてから、帰る時に期待するしかありません。

でも、帰りのタイミングも悪かったんですよ。
「いた!」と思って編成が見通せる反対側のホームに行くと別の電車が到着したり、停車中のホームに辿り着く前に発車してたり・・・。orz
ご意見、ご感想はこちらへどうぞ!
[ 続きを読む ]

「菌類のふしぎ」展 ~石川雅之さんのらくがき集~

2008年12月12日 22:00

晴れ
今日は朝から国立科学博物館(かはく)で開催中の特別展「菌類のふしぎ ~きのことカビと仲間たち~」の2回目に行って来ました。
メインは前回見付けられなかった「もやしもん」の作者石川雅之さんらくがきの再チェック。「お前は何しに行ったんだ?」と言われそうですが・・・。A^ω^;)
※本来は「落書き」ですが、敢えて「らくがき」で統一しています。

今日は長丁場になる予定なので、先ずは上野駅構内で腹持ちのするカレーライスで腹ごしらえ。何しろかはく内ではアメガムを含む、一切の飲食は禁止ですから・・・これも前回書いた通り、特別展は再入場が出来ませんしね。
「金曜日」=「菌曜日」という事で、特別プレゼントなんてやってたんですね。これも情報収集不足でした・・・。orz
「続きを読む」からは石川さんらくがき集になります。
自分の目で確認したい方はネタバレですから、ご注意を。
ご意見、ご感想はこちらへどうぞ!
[ 続きを読む ]

特別展「菌類のふしぎ ~きのことカビと仲間たち~」を見る。

2008年12月05日 22:33

曇り(一時雨)
「菌類のふしぎ」の看板 ← 門の前にある看板
今日は国立科学博物館(かはく)で開催中の特別展「菌類のふしぎ ~きのことカビと仲間たち~」に行って来ました。
様々な菌類の標本などを見学するのはもちろん、「もやしもん」の作者石川雅之さんのらくがきのチェックも楽しみのひとつです。
※本来は「落書き」ですが、敢えて「らくがき」で統一しています。
特別展専用門を入ってD51 231号機の先にあるチケット売り場で当日入場券を購入し、先ずは地球館中2階にあるレストラン“RESTAURANT MOUSEION”(ムーセイオン)で腹ごしらえする事にしました。何しろかはく内ではアメガムを含む、一切の飲食は禁止です・・・しかも特別展は再入場出来ませんしね。
※常設展は再入場出来ます。
常設展を見下ろせる“MOUSEION”の館内側の窓
“MOUSEION”の館内側の窓 → 
“MOUSEION”の館内側の窓からは、常設展の[地球の多様な生き物たち] -みんな、かかわりあって生きている-が見下ろせます。天井から吊るされたクジラ類の骨格標本が目に入りますが、やはり海中で生活する事に特化した動物だけに、非常に洗練された美しさを感じてしまいますね。
さて、私は1日100食限定(!)のオムハヤシ(700円)とクリームスープ(300円)、食後にアイスコーヒー(ホット/アイスとも330円)をオーダーする事にしました・・・「限定」って言葉に弱いのはオタクの性でしょうか?(苦笑)
オムハヤシとクリームスープ ← オムハヤシとクリームスープ
展示されているクジラ類の骨格標本に見入っているとオムハヤシクリームスープが運ばれて来ました。ファミレスと同じか、不味いんだろうと思っていたら、卵はかなりフンワリ、トロトロとしていて、かけてあるデミグラスソースもしっかりした味でした。流石は「上野精養軒」直営のレストラン、いい意味で期待を裏切られました。ただ、クリームスープが人肌よりちょっと温かい程度なのと、安っぽいカップなのが・・・アイスコーヒーの味も香りもイマイチでしたねェ。
さて、これで「菌類のふしぎ」の見学準備が出来ました(笑)。
ご意見、ご感想はこちらへどうぞ!
[ 続きを読む ]