FC2ブログ

スパンエア墜落事故

2008年08月21日 23:23

曇り(一時雷雨)
航空機事故は一回発生すると100人単位のオーダーで犠牲者が出るからやり切れなくなります。

23回目の8月12日からまだ間もない8月20日、スペインのマドリード空港でスパンエアMD82型機が離陸に失敗、墜落炎上するという事故が発生しました。 ロイター(トムソンロイター)記事からです。
スパンエア機が離陸に失敗し炎上、死者153人に
[マドリード 20日 ロイター] スペインのマドリード空港で20日、スペイン領カナリア諸島ラスパルマスに向かうスパンエアのMD82型機が離陸に失敗し炎上、153人が死亡した。スペインのアルバレス開発相によると生存者は19人。スパンエアによると乗客166人・乗員9人が搭乗していたという。
 飛行機は現地時間午後2時45分(日本時間午後9時45分)に滑走路を外れ、目撃者によると大きな爆発があった。
 救急隊長は記者団に対し「事故機は尾翼のみが判別できた。残がいが辺り一面に散乱していた。遺体が広範囲にわたってみられ、多くは子どもだった」と話した。
 事故原因について、アルバレス開発相は「離陸時に問題があった」と指摘。現地での報道や関係筋によると、ユナイテッド・テクノロジーズ傘下のプラット&ホイットニー製の左側エンジンが火に包まれたという。
 アフリカ大陸の北西沖にあるカナリア諸島は人気の高い観光地。事故便は独ルフトハンザ航空との共同運航だった。スパンエアはスカンジナビア航空(SAS)の子会社。
(トムソンロイター - 08月21日 10:15JST)
ご意見、ご感想はこちらへどうぞ!
スポンサーサイト



[ 続きを読む ]

Ground Proximity Warning System

2008年08月12日 18:56

曇り時々晴れ
JA8119号機 ← JA8119号機
今年も8月12日が巡って来ました。

現在の旅客機には装備が義務付けられているGPWS(Ground Proximity Warning System:対地接近警報装置)の警報音は“SINK RATE WHOOPWHOOP PULL UP WHOOPWHOOP PULL UP”というものです。意味は「降下率過大 プアプア 機首を引き上げろ」というもので、聞きようによっては「シンクレイト プアプア プルアップ プアプア プルアップ」と聞こえます。
この警報が鳴り出す時、旅客機はかなり危険な対地高度となっています。でも、実際にはスラストレバー(自動車で言えばアクセル)を上げてもジェットエンジンタービンにはタイムラグがある為に、推力を得るのがどうしても遅くなってしまいます。このためGPWSの警報音は、多少の対地高度の余裕を持って鳴り始めるように設定されています。
ご意見、ご感想はこちらへどうぞ!
[ 続きを読む ]