FC2ブログ

羅漢堂

2008年04月20日 22:00

曇りのち晴れ
報恩寺の羅漢堂
羅漢堂(クリックすると1,024×768pxの画像になります。)
4月15日に盛岡に行った時に曹洞宗の名刹である瑞鳩峰山 報恩禅寺(通称は報恩寺)を訪れました。
この寺には木彫りの五百羅漢を収めた、画像の羅漢堂がある事で有名ですし(現存するのは499体)、石川啄木に縁のある寺です。啄木の処女詩集「あこがれ」にも詠われています。
幾年の前なりけむ、猶杜陵の学舎にありし頃、秋のひと日友と城外北邱のほとりに名たゝる古刹を訪ひて、菩提老樹の風に嘯ぶく所、琴者胡弓を按じて沈思頗る興に入れるを見たる事あり。年進み時流れて、今寒寺寂心の身、一夕銅鉦の揺曳に心動き、追懐の情禁じ難く、乃ち筆を取りてこの一篇を草しぬ。
【石川啄木・著「あこがれ 落瓦の賦」より】
羅漢堂前の案内板(画像中央)にもこの詩が引用されていますよ。
宮沢賢治も訪れた事があるそうですね。
瑞鳩峰山 報恩禅寺(報恩寺)
住所:岩手県盛岡市名須川町31-15
電話:019-651-4415
開館時間:9:00~16:00
拝観料(羅漢堂):300円
撮影したデジカメはCaplio GX8にワイドコンバージョンレンズ(DW-4/22mm相当)を取り付けて撮影しました・・・山門を撮影するのを忘れちゃったのが痛いですねェ。
撮影データ
カメラ:リコー Caplio GX8(ワイドコンバージョンレンズDW-4/22mm相当を使用)、EV:±0、W/B:屋外、F値:4.7、ISO:100、シャッター速度:1/100、測光モード:中央重点測光
ご意見、ご感想はこちらへどうぞ!
※この記事は書きかけです。タイトルや内容その他が変更される可能性があります。
スポンサーサイト