FC2ブログ

「海軍めしたき物語」

2008年03月30日 21:59

タイトルの「海軍めしたき物語」と、その続編「海軍めしたき総決算」は、かつて新潮社から出版されていた名作です。旧海軍の一水兵だった、著者の高橋孟さん(本名:祀三)の視点から描かれたノンフィクションのエッセイと言えばいいんでしょうかね?
海軍めしたき物語(カバー) ← 「海軍めしたき物語」
この2冊は神戸新聞社で時評漫画を描いていた高橋さん自身の挿画の量も多く、とても読みやすく、当時の状況なども理解しやすいものになっています。
「海軍めしたき物語」では、郷里の徳島から東京に出て製図工として働いていた高橋さんが東京駅で見掛けた海軍主計科兵の姿に憧れて、徴兵検査で第二志望を海軍主計科にします(第一志望は機関科)。
第二志望が通り、佐世保海兵団(佐世保鎮守府)に入団したんですが、そこで初めて知った事実が“めしたき兵”に徴用された、という事実でした。
その後高橋さんは戦艦「霧島」に乗って“めしたき兵”として大きな飯しゃもじ(ボートのオール並み)を振るう“海軍兵”となったのですが、この飯しゃもじが罰直の尻打ち道具でもあったそうで・・・「霧島」は機動部隊の戦艦でしたから、高橋さんハワイ奇襲作戦ミッドウェイ海戦に参加していた訳ですが、下甲板の烹炊所で働く高橋さんたちにカッコイイ場面は全くなかったそうです。その後高橋さんは転勤で呉の潜水学校(潜水艦の乗員の学校)、東京の海軍経理学校に入校、更にフィリピン周辺の沿岸警備をしていた砲艦「武昌丸」に転属になります。そして「武昌丸」が米潜水艦の魚雷攻撃で沈んで南シナ海を漂流中にフカに脚の一部を喰われ、ベトナム(当時はフランス領で非交戦国)のサイゴンにあった海軍病院に入院するまでを綴ってあります。
ご意見、ご感想はこちらへどうぞ!
スポンサーサイト



[ 続きを読む ]