FC2ブログ

BOAC機空中分解事故

2008年03月05日 22:00

曇りのち晴れ
昭和41年(1966年)3月5日、東京国際空港(羽田空港)は前日に発生したカナダ太平洋航空402便着陸失敗事故の影響で大混乱でした。旧C滑走路端にはカナダ太平洋航空402便DC-8型機の残骸が散乱したまま・・・その様子を取材に来たNHKのカメラマンの前を、13時58分に1機のボーイング707型機が舞い上がって行きました。
このB-707型機こそ英国海外航空(現:英国航空)の911便(スピードバード911便)だったのです。

柳田邦男さん「マッハの恐怖」によると、当初の飛行計画では、スピードバード911便計器飛行方式(IFR:Instrument Flight Rules)で大島上空を経由して香港に向かう事になっていました。しかしタキシング中に管制官に計器飛行方式をキャンセル、有視界飛行方式(VFR:Visual Flight Rules)で富士山上空を経由して香港に向かう事を要請しました。特に問題はなかったので、管制官もすぐに許可を与えます。
そしてNHKカメラマンの前を離陸していった直後、機長からの「Good Day!」(ごきげんよう!)がスピードバード911便の最後の交信になってしまいました・・・。
ご意見、ご感想はこちらへどうぞ!
スポンサーサイト



[ 続きを読む ]