FC2ブログ

大怪獣ガメラ吸血ver.(旧イワクラ製)

2007年12月12日 22:00

晴れのち曇り
大怪獣ガメラ吸血ver. ← 塗装指示はどうだったんでしょう?
主にガメラシリーズのソフビや食玩を紹介するシリーズ、オリオン(株)から旧イワクラ(キャスト)が食玩として販売していた「ガメラ ガッパ ギララ 特撮大百科ver.1」「大怪獣ガメラ吸血ver.」です。
毎度で恐縮ですが、「ガメラ ガッパ ギララ 特撮大百科ver.1」の商品外箱には原型師の名前が印刷されていないので、今となっては誰が原型を製作したのか確認のしようがないので残念です。このガメラ『ガメラ対大魔獣ジャイガー』(昭和45年/1970年3月21日公開)で5番目の敵怪獣である大魔獣ジャイガーに尻尾の先端にある針(産卵管)を刺入され、孵化したジャイガー幼虫に血液を吸われて大阪港に倒れこんだ姿をフィギュア化しています。ガメラ自体はクリア素材で成型されていて塗装をしてあります。頭部と両腕が透明のままになっていますが、実際に腕が透明化するのは、頭部と手前の腕(左腕)です。中国の工場で、おそらく『ガメラ』など見た事もない人々に塗装を指示しなければならないのは大変でしょうが、しっかり指示を出して欲しかったです・・・もっとも勝手な判断で色々とやっちゃう場合もあるようですから、困ったものですね。
劇中では港の(船の陸揚げ用か何かの)スロープに倒れこみ、口を海中に没した形になったので、弘とトミーは万国博覧会用の小型潜水艇でガメラの体内に入り、ジャイガー幼虫に遭遇するのですが・・・。
ご意見、ご感想はこちらへどうぞ!
※この記事は書きかけです。タイトルや内容その他が変更される可能性があります。
スポンサーサイト