FC2ブログ

『ALWAYS 続・三丁目の夕日』(後編)

2007年11月04日 20:59

晴れのち曇り
長くなりますが、「『ALWAYS 続・三丁目の夕日』(前編)」からの続きです。
『ALWAYS 続・三丁目の夕日』(以下、『続・三』)の2回目の舞台挨拶が始まる時間になりました。 日本テレビ藤井恒久アナウンサーが司会進行役で登場・・・残念ながら出演者の皆さんと山崎貴監督が客席通路を通って舞台に登壇する演出はなく、皆さん直接舞台に登場しました。舞台右から山崎監督三浦友和さん須賀健太くん小雪さん吉岡秀隆さん堤真一さん薬師丸ひろ子さん堀北真希ちゃん小清水一輝くんもたいまさこさんの順で並びました。
茶川商店のメンバーである吉岡さん、小雪さん、須賀くんら三人の挨拶が終わり、鈴木オート一家の皆さんにバトンが渡りました。 堤さん薬師丸さんの挨拶が終わり、真希ちゃんが挨拶しようと一歩前に出た時、それは起こりました。
真希ちゃんのファンなのかどうかは分かりません・・・突然一人の男が舞台に飛び上がり、真希ちゃんに向かって行きました。堤さん(本当に素早かった・・・)と吉岡さん、警備係たちが男を取り押さえ、警備係たちが場外に連れ出して、真希ちゃんは事なきを得ました。
多くのお客さんは、最初は仕込みかと思っていたようです。 しかし、男が怒声を上げて激しく抵抗して暴れたり、堤さんが舞台から転落したり、山崎監督も慌てて取り押さえる人たちに加わろうしたので気付いたようでした・・・その男は舞台挨拶が始まった時から舞台そばにしゃがんでいたんですよね。 でも、ラフな服装だったので、私はスタッフかと思っていました。
そんな訳で、楽しく映画を盛り上げるはずの舞台挨拶が台無しになってしまい、場内は騒然・・・動揺を隠せない藤井アナと関係者の報告で舞台挨拶は一旦中断となり、男性陣のみで再度改めての舞台挨拶となりましたが、残念ながら女優陣はそのまま退き、真希ちゃんもたいさんの挨拶は聞けませんでした。 一旦下がった吉岡さんが笑わせてくれたり、再開の時は堤さんが転落時に怪我を負って痛そうな芝居をしながら登場、他局(フジテレビ)で始まる土曜ドラマ「SP(エスピー)」の番組宣伝もチャッカリやって笑いを取ってました。こうして暗くなった雰囲気を吉岡さんや堤さんらが盛り立てて、三浦さんが挨拶を始めたところ、またイタいヤツが一人、何事かを喚き始めて三浦さんは暫し絶句・・・聞き取れた範囲では「堀北真希ちゃんのファンです。許してやって下さい」だったと思うのですが・・・警備係や劇場係員がその男のそばに張り付き、三浦さん「まあ、色々な人がいますので」と挨拶を再開してくれました。可哀想だったのは、あんな騒ぎが起こってショックを受けたであろう須賀くん小清水くんです。特に須賀くんは目の前でしたから・・・二人とも頭から台詞がすっ飛んでしまっていたようでした。今回のハプニングがトラウマにならなければいいんですが・・・折角楽しみにしていた山崎監督の晴れ舞台なのに、非常にやり切れなく、口惜しい気持ちになりました。でも山崎監督はしっかりと気持ちを切り替え、舞台挨拶を締め括ってくれました。
ただ、今回の警備が甘かったのは否めませんね・・・本来なら舞台袖に下がる吉岡さんに花束を渡そうとした女性がいて、この女性も制止しなくてはいけないのに、警備係は看過していました。
三丁目の勇士だ吉岡&堤が乱入男撃退…「ALWAYS」初日あいさつでハプニング(スポーツ報知)
※記事中に「舞台上手から階段を上ろうとしたが」とある階段ですが、事件の時は取り外されていてありませんでしたよ?>スポーツ報知さん
堀北真希に“暴漢”堤真一が救った(デイリースポーツ)
以下「続きを読む」はネタバレを含みます。未見の方はクリックしないで下さいね。
ご意見、ご感想はこちらへどうぞ!
スポンサーサイト



[ 続きを読む ]