FC2ブログ

ショウリョウバッタ

2007年08月06日 20:01

曇り時々晴れ
ショウリョウバッタ ← ショウリョウバッタ
ちょっと近所まで買い物に出掛けたら、水道工事業者が資材置き場として使っている建物の草叢が動いているので何かと思って覗いてみると、珍しくショウリョウバッタがいました。ショウリョウバッタは漢字では精霊蝗虫と書き、盂蘭盆の頃から現れて、成虫の体形が精霊流し精霊舟に似ている事からこの名前がついた、とよく言われていますが、どうやら俗説のようです。メスオスを背負う姿で知られるオンブバッタだってショウリョウバッタを小さく寸詰まりにしたような体形ですからね。

画像だと大きさが判りづらいんですが、大体10センチ弱でしたから、この大きさと、頭部の複眼付近に茶色がかった灰色と黒の縞模様がある点からメスだと思います。
実際、画像を撮影した直後にジャンプして逃げてしまったんですが、オスならもっと小さいし、逃げる時は翅で飛んで行き、その時「キチキチキチ・・・」と独特の音を立てます。だからオスのショウリョウバッタの事を「キチキチバッタ」なんて呼びますからね。
メスはジャンプだけで逃げ、あまり翅を使っての飛行はしないんです。飛行にはかなりのエネルギーを必要としますから、本能的に繁殖のため、飛行に使うエネルギーを少しでも産卵に回そうとして、ジャンプだけで逃げるんだと私は考えているんですが(素人考えですがね・汗)・・・実際はどうなんでしょうかね?
ご意見、ご感想はこちらへどうぞ!
スポンサーサイト



「原爆記」

2007年08月06日 08:15

曇り時々晴れ
広島のきのこ雲 ← 広島上空のきのこ雲(原子雲)
62年前の昭和20年(1945年)は、今年のカレンダーと同じく月曜日から始まる平年でした。
ですから、8月6日も月曜日でした。3日後の8月9日、長崎で同じような惨禍が引き起こされた訳ですが、同じように木曜日ですし、終戦記念日8月15日水曜日だった、という事になります。
私の世代以降ですと、広島の原爆投下は漫画「はだしのゲン」(中沢啓治・著)で知った人も多いでしょう。最近では「夕凪の街 桜の国」(こうの史代・著)もあります。最近映画が公開されましたね。
ご意見、ご感想はこちらへどうぞ!
[ 続きを読む ]