FC2ブログ

夏の赤とんぼ

2007年07月29日 19:30

曇りのち雨(雷をともなう)
ナツアカネ ← ナツアカネ
「赤とんぼ」と言うと、一般的には秋の虫のイメージが強く、実際にそう思っていらっしゃる方も多いと思います。
でも、夏にもちゃんと「赤とんぼ」はいます。ナツアカネと言う種類で、画像の「赤とんぼ」がそうなんです。実は秋に多く見られるアキアカネも、ほぼ同じ時期にいるんですよ。
ナツアカネは幼虫(所謂『ヤゴ』)から羽化して成虫になってからはずっと平地にいるのに対し、アキアカネは一旦山地に群れで移動して、秋になって成熟すると平地に戻って来る習性があります。その習性のために目立つので「赤とんぼ」は秋のイメージが強い訳ですね。
でも、成熟した時の赤さはアキアカネよりもナツアカネの方が複眼から腹部(一般的には『尻尾』)の先端まで鮮やかな茜色に染まりますが、アキアカネは胸部が染まる程度で、他の部位は夏より多少濃くなる程度なんです。
ご意見、ご感想はこちらへどうぞ!
スポンサーサイト