FC2ブログ

あれから20年・・・

2005年08月12日 18:56

曇り時々晴れ(朝のうち一時雨)

最初に・・・今日は過去最高の長文になります。
何卒ご容赦下さい。

昭和60年(1985年)8月12日(月)18時12分、日本航空(現・日本航空インターナショナル)の123便(JA8119号機:ボーイング747SR-100型ジャンボジェット)は東京国際空港(羽田)を離陸しました。離陸当時の天気は晴天、機内には乗員として高浜雅己機長(CAP)、佐々木祐副操縦士(COP)、福田航空機関士(F/E)の3人を含む15人、副操縦士の機長昇格訓練のため、高浜機長が右操縦士席、佐々木副操縦士が左操縦士席に座りました。
そして乗客509人の計524人が搭乗しました・・・この中には元マネージャーの選挙応援で大阪に向かう歌手の坂本九さんや、21年振りのリーグ優勝を目前に控えた阪神タイガース球団社長・中埜肇さん、ハウス食品社長・浦上郁夫さん、元宝塚歌劇団の娘役で女優の北原遥子さんなどの著名人も乗り合わせていました。
JA8119号機燃料は3時間以上のフライトが出来る量を積み込んでいます・・・羽田~伊丹間は約1時間ほどですが、天候不順による目的地変更や上空待機など突発的な飛行時間延長に対応するために多目の燃料を入れておくのです。
ちょうどお盆休みの時期とも重なって、帰省ラッシュの中の一つの波として、JA8119号機はJL123便として家族連れやビジネスマンを多く乗せていました。
中にはつくば市で開催されていた「科学万博」帰りの観光客も多くいたそうです。

ほぼ満席の乗員乗客524人を乗せた123便は定刻をやや遅れて当時の羽田空港18番スポットを18時4分に離れ、18時12分、滑走路15から離陸しました・・・飛行を開始したJA8119号機はその日5回目のフライトをJL123便として終え、大阪国際空港(伊丹)に着陸するはずでした。

ご意見、ご感想はこちらへどうぞ!
スポンサーサイト



[ 続きを読む ]