FC2ブログ

MSNのベータ版と緊急地震速報メール

2010年09月30日 22:55

MSN Japanのベータ版 ← MSN(ベータ版)
   (Prt sc)

昨日(9月29日)、昼休みにネットしようとInternet Explorerを立ち上げたら、MSN Japanのトップページがベータ版になってました。
しかも、普段はあまり見ないエンターテインメントニュースに・・・あれ?“タイタニックのローズ役女優死亡”って、グロリア・スチュアートさん、歿ったんですね。享年100歳・・・謹んでご冥福をお祈り致します。
G.スチュアートさんの死亡記事にちょっと驚きましたが、気が付くとトピックスの下に、こんな一文が書いてあります。
MSNホームページベータ版をご利用いただき、ありがとうございます。ベータ版に関するフィードバック、通常版へのアクセス方法はこちらをご覧下さい。
で、リンク先はMSNヘルプ 重要なお知らせでした。
休み時間の関係もあるので、いくつかに分けてスクリーン・キャプチャして画像保存して、PCをスタンバイ・モードにしました。
後述の地震の影響のお蔭で、東京メトロが遅れたり、色々あってから帰宅。PCを立ち上げて、改めてMSN Japanをリロードしたら・・・あれれ、元に戻っちゃってる!Σ(´д`ノ)ノ
MSNヘルプ 重要なお知らせを見ると、「『ニコニコアラート』および 『ORICON アラート』 サービス終了のお知らせ「マネー、オークション、相談箱のアラート(通知)サービス終了のお知らせ」の間にあった「MSNホームページ、ベータ版のお知らせ」が消えてます・・・なんだか狐に抓まれた気分です。
確か「9月27日から10月○日無作為に抽出したユーザーにベータ版を提供して・・・」なんて事が書いてあったよなあ?(10月の日付は失念)
でもまあ、スクリーン・キャプチャしたMSN Japanベータ版は保存してあったので、それを繋げてPC雑誌でお馴染みのスタイルに仕上げて証拠(笑)としてみました。

さて、本題。(ぉ
17時00分頃、皆さんの携帯電話から、聞きなれない警報音は鳴りませんでしたか?
私のF-01Bは鳴りましたし、多くの人のは鳴ってました。
警報音の正体は、緊急地震速報メール着信音でした。
ご意見、ご感想はこちらへどうぞ!
スポンサーサイト



[ 続きを読む ]

火山噴火と航空機

2010年08月31日 23:00

晴れ
命を喪いかねない災害として「地震、雷、火事、おやじ(大嵐の古語『おおやまじ』が転化したもの)」と言いますが、何で火山噴火はないんでしょうかね?

それは兎も角。(ぇ

インドネシアスマトラ島にあるシナブン山と云う火山が、410年振りに8月29日から噴火を始めました。時事通信社の記事からの引用です。
火山が410年ぶり噴火=住民1万2000人避難-スマトラ島
噴煙を上げるインドネシア・スマトラ島のシナブン山(AFP=時事)
28日、噴煙を上げるインドネシア・                    
スマトラ島のシナブン山                               
(AFP=時事)

 【ジャカルタ時事】インドネシア・スマトラ島の北スマトラ州にあるシナブン山(2460メートル)が29日未明、噴火した。同山の噴火は410年ぶり。気象当局は警戒レベルを最高度に引き上げ、付近の住民約1万2000人が避難した。
 地元メディアによると、噴火口から噴煙と火山灰が約1500メートルの高さにまで立ち上っている。これまでのところ大規模な被害や航空便への影響は出ていない。

(時事通信社:2010年8月29日17時24分)
http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&rel=j7&k=2010082900087
讀賣新聞ヘッドラインでは、4万人近くの住民が避難して、避難中に2人の死者が出ている・・・とありました。

以前は「活火山」「休火山」「死火山」の区別がありましたが、「死火山」と言われていた火山火山活動を始めた為に見直しがなされ、現在では「活火山」「それ以外」に分けて考えられるようになり、正確な分類は火山の形成形態だけになりましたね。
形成形態「アスピーデ」「コニーデ」「トロイデ」等も、古い形成形態の呼称になりました・・・。(遠い目)

しかし410年振りの噴火となると、富士山宝永爆裂口が形成された、宝永4年(1707年)の「宝永大噴火」なんて303年前の事で、シナブン山より107年も若い(笑)。
しかも富士山は微弱ながら、現在でも火山活動が見られるので、決して予断を許されない「活火山」ですからね。

でも、山腹噴火ではなく、山頂噴火だったら、綺麗な円錐形の火山だったんでしょうね・・・「宝永大噴火」の前の富士山の山容が見てみたいものです。
まあ、全く別の山容になっていた可能性もあるんですけどね。

話が富士山に逸れちゃいましたが(汗)、火山噴火で心配なのが航空機への影響です。
微小な火山生成物(火山灰など)がジェットエンジンに入り込み、フレーム・アウト(燃焼停止)に陥った例としてよく知られているのが、1982年(昭和57年)6月24日深夜に発生したブリティッシュ・エアウェイズ(BA)9便エンジン故障事故です。
ご意見、ご感想はこちらへどうぞ!
[ 続きを読む ]

怖い、怖い・・・

2009年11月04日 23:50

晴れ時々曇り
SNS最大手のmixiが導入を始めた「mixiアプリ」というゲーム類があります。この中でも農園系アプリとしてRAKOOの運営する「みんなの農園」(通称『みん農』)と人気を二分・・・というよりやや圧倒しているのがRekooの運営する「サンシャイン牧場」(通称『サン牧』)ですが、Rekooシステムミスから3日間に亘って4,200人のmixi会員クレジットカード情報などが野晒しになっていたそうです。
ミクシィ、4200人の情報が3日間「露出」

 パソコンや携帯電話の交流サイト「ミクシィ」上で人気のゲーム「サンシャイン牧場」のシステムに不具合があり、クレジットカードでアイテムを購入した利用者の電話番号とメールアドレス最大約4200人分が第三者によって取得可能な状態になっていたことが2日、明らかになった。

 同ゲームは230万人が利用するほどの人気で、ミクシィは「トラブルを重く受け止めている」として、今後、審査制度を見直す方針。
因みに「サン牧」のアイテム購入時に課金されて使うのは「Kコイン」と云うのですが、私は「『Kコイン』はKiken(危険)なコインの略」として、マイミクさんに注意を促すmixi日記を書いています。
ご意見、ご感想はこちらへどうぞ!
[ 続きを読む ]

GUNPLA

2009年08月13日 23:45

曇りのち晴れ
去る8月11日の日記に書いた、静岡沖地震で、崩れた大量の本に生き埋めになって亡くなった会社員の女性、池本美和さん(43歳)ですが、今回の地震による死者と認定されたそうです。解剖の結果、死因は窒息死だったそうですね。
もちろん面識はありませんが、本好きの人間として池本さんのご冥福をお祈り致します。

今日の本題ですが・・・
こちらはmixiで友人が書いていて知った事件ですが、こちらの事件他人事じゃない気がします。
ご意見、ご感想はこちらへどうぞ!
[ 続きを読む ]

・・・他人事ではない。

2009年08月11日 23:59

曇りのち晴れ
オフタイマーでエアコンが3時30分頃に切れ、寝苦しくて4時40分前後に目が醒めてしまい、再度エアコンを点けて本を読んでいたところ、5時7~8分頃、やや強く周期の長い地震を感じました。
これが私の静岡沖地震の体験でした。
すぐにTVを点け、NHKを見ると、静岡県中部と西部で震度6弱を観測したとの事。気象庁が静岡県南部と伊豆諸島に津波注意報を出します。
その後も続々と地震に関する情報が入って来ます・・・静岡県東部や長野県南部などで震度5強~5弱の揺れ、また、関東から近畿地方の広い範囲で震度4~3を観測した、震源地駿河湾震源の深さ20km地震の規模マグニチュード6.6(後に6.5に修正)等々・・・。
阪神淡路大震災の時の山陽新幹線のように、東海道新幹線が始発前で良かったな、とか、怪我をした人は出たけれど、死者や行方不明者が出なくて良かった・・・などと思ったりしていました。
ご意見、ご感想はこちらへどうぞ!
[ 続きを読む ]

スパンエア墜落事故

2008年08月21日 23:23

曇り(一時雷雨)
航空機事故は一回発生すると100人単位のオーダーで犠牲者が出るからやり切れなくなります。

23回目の8月12日からまだ間もない8月20日、スペインのマドリード空港でスパンエアMD82型機が離陸に失敗、墜落炎上するという事故が発生しました。 ロイター(トムソンロイター)記事からです。
スパンエア機が離陸に失敗し炎上、死者153人に
[マドリード 20日 ロイター] スペインのマドリード空港で20日、スペイン領カナリア諸島ラスパルマスに向かうスパンエアのMD82型機が離陸に失敗し炎上、153人が死亡した。スペインのアルバレス開発相によると生存者は19人。スパンエアによると乗客166人・乗員9人が搭乗していたという。
 飛行機は現地時間午後2時45分(日本時間午後9時45分)に滑走路を外れ、目撃者によると大きな爆発があった。
 救急隊長は記者団に対し「事故機は尾翼のみが判別できた。残がいが辺り一面に散乱していた。遺体が広範囲にわたってみられ、多くは子どもだった」と話した。
 事故原因について、アルバレス開発相は「離陸時に問題があった」と指摘。現地での報道や関係筋によると、ユナイテッド・テクノロジーズ傘下のプラット&ホイットニー製の左側エンジンが火に包まれたという。
 アフリカ大陸の北西沖にあるカナリア諸島は人気の高い観光地。事故便は独ルフトハンザ航空との共同運航だった。スパンエアはスカンジナビア航空(SAS)の子会社。
(トムソンロイター - 08月21日 10:15JST)
ご意見、ご感想はこちらへどうぞ!
[ 続きを読む ]

新幹線での自殺って・・・

2008年04月23日 21:58

晴れのち曇り
昨4月22日、走行中の新幹線車内の非常用ドアコックを操作して男性客が飛び降り自殺をする・・・という事件がありました。
事件があったのは浜松~掛川間を230km/hほどの速度で走行中の“のぞみ150号”(700系、編成番号は不明)だそうです。“のぞみ150号”は新大阪発が18時47分、京都、名古屋と定刻通り発車して、次の新横浜には21時4分に到着する予定でした。(東京着は21時23分)
しかし男性は浜松駅を通過後に非常用ドアコックを操作して飛び降りたと見られています。飛び降りたのは浜松駅から東京方面に約7km、天竜川を通過した辺りで、運転士は運転台にあるドアが開いた事を知らせるランプの点灯でブレーキを掛け、浜松駅から約9km東京方面に進んだ地点で停止しました。
停止後に運転士らが確認に向かったところ、3号車の進行方向左側前方のドアが開いていて、他の乗客の目撃情報から、このドアから乗客が飛び降りたとみられました。
通報を受けた静岡県警磐田署で捜索した結果、22時ごろに男性の遺体の一部が発見されましたが、その発見現場も天竜川橋梁上だったそうです。
ご意見、ご感想はこちらへどうぞ!
[ 続きを読む ]

日航機の無断滑走開始ミス(その2)

2008年02月26日 22:00

曇りのち雨
10日前の2月16日に発生して2月18日の記事に書いた「日航502便無断滑走ミス」ですが、改めて各方面の報道を見ると、どうも感情論が先に出ているような気がしてなりません。
日本航空の肩を持つ気は更々ありませんが、事故の再発防止のために向けた検証的な記事があまり見られなかったのはとても残念です。
日本航空B747型機 ← 日航のボーイング747(B747-300型機)
ミスを犯した日航502便(ボーイング747-400型機/乗員・乗客446名)の機長(CAP/58歳)が訓練生の副操縦士(27歳)への指導の甘さを認めているようですが、どうも報道など周囲からのプレッシャーによって引責しているような気がします。もちろん機長が負うべき責任は乗客・乗員の生命を預かるという重大なものがあり、責任を取るのは然るべき事なのですが、問題の「離陸」という不適切な管制指示を出した新千歳空港の管制官の責任問題があまり出て来ないのはどうした事でしょうね?
ご意見、ご感想はこちらへどうぞ!
[ 続きを読む ]

日航機の無断滑走開始ミス

2008年02月18日 22:00

晴れ
2月16日、北海道・新千歳空港で新千歳発羽田行きの日本航空502便(ボーイング747-400型機/乗員・乗客446名)が管制官の許可を受けないまま着陸機(日航2503便・MD-90型機/乗員・乗客126名)がいる滑走路に進入、離陸滑走を始めてしまった事故がありましたね。
当初の報道を見ていると、日航502便に非難が集中していました・・・これは感情論から言っても当然でしょう。
しかし管制官の側にもかなり深刻に捉えなくてはならないミスがあったようです。
通常は滑走路が空いて、当該航空機に離陸滑走を許可する時にしか使用してはいけない「テイクオフ」(Take-off:離陸)という単語を使って日航502便に指示を出していた、というのです。これでは悪天候で出発が遅れ、離陸を焦っていた日航502便のパイロット側が勘違いをしてもおかしくはありません。
ご意見、ご感想はこちらへどうぞ!
[ 続きを読む ]

滑走路誤進入

2007年11月15日 22:00

晴れ
11日13時ごろに中部国際空港で、瀋陽行きの中国南方航空(China Southern Airlines:CSN)698便(エアバスA319型機、乗客乗員42人)が管制官の指示に反して滑走路に進入し、この滑走路に着陸を予定していた全日空機が着陸をやり直すトラブルがありましたね。
このトラブル、どうも機長と副操縦士の2人ともに自分たちが管制指示に違反している事に気付いていなかった可能性が高いようです。中日新聞記事から・・・
【中部国際空港】
誤進入で操縦士間の確認強化 国交省が対策検討

2007年11月13日
 中部国際空港で中国南方航空(CSN)機が管制官の指示に反して滑走路に進入したトラブルで、国土交通省は、機長と副操縦士の2人がともに管制指示違反に気づかなかった可能性を重視。操縦士2人がともに管制交信を誤解したり、指示と異なる操縦に気づかなかったりするトラブルが相次いでいることから、操縦士間の意思疎通を図るための対策の検討を始めた。
う~ん、これは確かに問題ですねェ。
一歩間違えれば、あの「テネリフェ空港ジャンボ機衝突事故」のような事態になりかねませんよ。
ご意見、ご感想はこちらへどうぞ!
[ 続きを読む ]