FC2ブログ

恐竜から鳥へ

2011年02月11日 23:00

雪時々霙
恐竜とは、「トリケラトプスと現生鳥類の最も新しい共通の祖先から派生する全ての子孫」です。
Dinosauria is "all descendants of the most recent common ancestor of Triceratops and modern birds."


実際のところ、恐竜類鳥類の祖先とされていても、鳥類になったとされる恐竜類の中の竜盤類の手指は第一指(母指:ぼし/親指)、第二指(示指:じし/人差し指)、第三指指(中指/ちゅうし:なかゆび)です。ところが鳥類の手指は第二指、第三指、第四指(薬指:やくし/くすりゆび)だとされていて、手指の構造が違うと云う理由で恐竜学者(古脊椎動物学者)と鳥類学者との見解の溝って埋まってなかったんですよね。
だからコンフーシウソルニス(孔子鳥:Confuciusornis sanctus)やミクロラプトル・グイ(Microraptor gui)など、新たに発見された羽毛恐竜に対する恐竜学者の盛り上がりに比べて、鳥類学者の目は冷ややかなものでした(苦笑)。

そんな中、東北大学大学院生命科学研究科田村宏治教授ら(生命機能科学専攻 細胞機能構築統御学 器官形成分野)が、系統発生の見地から、鳥類の祖先はやはり恐竜類である、という研究を発表しました。

日本経済新聞の記事より。
「鳥の祖先は恐竜」証明 東北大、指成長の仕組み一致
起源巡る150年の論争に終止符?


 鳥の翼と恐竜の前脚にある「指」の成長する仕組みが同じであることを、東北大学の田村宏治教授と大学院生の野村直生さんらが突き止めた。鳥が恐竜から進化したとする仮説を裏付ける結果。専門家からは始祖鳥の発見以来、鳥の起源を巡る約150年間の論争に終止符を打つ成果との意見も出ている。研究成果は11日、米科学誌サイエンスに掲載される。(中略)
ご意見、ご感想はこちらへどうぞ!
スポンサーサイト



[ 続きを読む ]

恐竜の羽毛の色の謎、解明?

2010年01月28日 23:30

曇りのち晴れ(一時小雨)
久々の古生物の話題です。
英国ブリストル大学や、中国科学院・古脊椎動物古人類研究所などの研究チームが、3種類の恐竜化石の中から、体色を構成する色素顆粒を確認したそうです。
恐竜の体色を初めて特定:メラノソーム

National Geographic News
January 28, 2010

 中国で発掘された約1億2500万年前の鳥類と恐竜の化石に、ユーメラノソーム(上の電子顕微鏡写真)と、フェオメラノソームの2種類の色素顆粒が含まれていることがわかった。

 細長い柱状のユーメラノソームと球形のフェオメラノソームはどちらもメラノソームという細胞内小器官の一種で、前者は黒褐色、後者は橙赤色を発現するメラニン色素を包含している。コンフウシウソルニス(孔子鳥)という絶滅した古鳥類の化石からは高密度のユーメラノソームが確認され、黒い部分があったと想定される。

 メラノソームは現生鳥類の羽毛に豊富に含まれ、羽毛化石でも報告されていた。

 今回、初めての科学的証拠となったのは、中国の遼寧省から発掘された羽毛恐竜シノサウロプテリクス、シノルニトサウルスなどの非鳥類型獣脚類の化石や、保存状態が非常に良い鳥類の化石からメラノソームが見つかったからだ。

 羽毛恐竜の化石の多くが含む毛髪に似た構造体は以前から議論を呼んできたが、今回のメラノソーム発見はそれが羽毛だったと実証したことになる。太古の生物化石のメラノソーム分析は、この研究分野に新たな道を切り開くと期待されている。これまで想像に頼るだけだった古生物の体色も徐々に明らかとなっていくだろう。
(ナショナルジオグラフィクニュース:2010年01月28日)
ニュースソースはこちら
ご意見、ご感想はこちらへどうぞ!
[ 続きを読む ]

恐竜のいた大地 ~イシグアラスト タランパジャ~

2008年01月03日 20:59

晴れのち曇り
明日(1月4日)の21時00分から23時18分の間、テレビ東京系列「イシグアラスト タランパジャ 南米の秘境に恐竜絶滅の謎を追う!」が放送されます。また、この番組に先駆けて11時30分から12時25分の間「イシグアラスト タランパジャ オススメ」も放送されます。
イシグアラスト タランパジャは南米・アルゼンチン(アルゼンチン共和国)の地名ですが、ここは恐竜・古生物関係者に注目されている場所でもあります。ここは後期三畳紀(約2億3千500万年前~2億2千340万年前)の地層が剥き出しのまま、半ば砂漠のような状態で広がっています。そして1991年(平成3年)には今のところ世界最古の恐竜とされているエオラプトル・ルネンシスEoraptor lunensis の化石が発見されて注目を集めています。
この番組には知人であり、図鑑などで細密な古生物復元画を手がけている画家の小田隆さんが恐竜発掘チームの一員として参加していますので、そちらも楽しみなんですけどね。
小田さんBlogでは復元画の製作過程を読む事が出来ます。
「続きを読む」には番組の内容を引用しておきました。
ご意見、ご感想はこちらへどうぞ!
[ 続きを読む ]

新種の竜脚類と足跡化石

2007年11月01日 22:01

曇りのち雨
今日から11月、今年も残り2ヶ月を切ってしまいました。
去る11月29~30日のニュースになった、新種と見られる竜脚類(Sauropoda)の後肢大腿骨(Femur)ですが、約1億2,000万年前のものと言いますから、地質年代的には前期白亜紀(Early Cretaceous)のアプト期(Aptian:1億2,450万年前~1億1,200万年前)のもののようです。この時期の竜脚類は中国で発見されているマメンチサウルス(Mamenchisaurus )があります。全く新しい新種だったら嬉しいんですが、もしかしたらマメンチサウルス亜種なのかも知れませんね。
昨11月31日には共同通信社の配信で全国の新聞社が伝えていましたが・・・オーストラリアのビクトリア州沿岸部で、約1億1,500万年前の白亜紀当時は「極寒の地」だった、と考えられているオーストラリアに生息していたとみられる大型肉食恐竜(獣脚類:Theropoda)の足跡化石を発見した、と同州ビクトリア博物館からの発表がありました。約1億1,500万年前ですから、地質年代的には福井県の竜脚類とほぼ同じ時期ですね。
ご意見、ご感想はこちらへどうぞ!
[ 続きを読む ]

ランベオサウルス亜科の頭骨化石

2007年10月15日 22:00

晴れのち曇り
さる13日、熊本県御船町にある御船町恐竜博物館から興味深い発表があり、新聞各紙の科学欄が賑わっていましたね。
その発表とは、平成16年(2004年)2月にアマチュア発掘家によって発見されていた鳥脚類(Ornithopoda)・ハドロサウルス類(Hadrosauridae/科に相当)のランベオサウルス亜科(Lambeosaurinae)の恐竜と見られる化石が、同館の調査・研究によって国内最古、しかも脳函(のうかん、脳をが入っていた部分)も含まれている、というものでした。
Web版新聞報道自体は地元紙の熊本日日新聞が早かったんですが、会員制なので全文が読めませんでした(苦笑)。
ご意見、ご感想はこちらへどうぞ!
[ 続きを読む ]

新種のクビナガ竜

2006年05月16日 23:23

曇り時々雨

久し振りに古生物の話題です。
皆さんは「フタバスズキリュウ」と言う名前をご存知でしょうか?
昭和55年(1980年)公開の『ドラえもん のび太の恐竜』や、今年の春休みに公開された『ドラえもん のび太の恐竜2006』に登場する「ピー助」が「フタバスズキリュウ」です。

厳密に言っちゃうと、フタバスズキリュウ恐竜 Dinosauria じゃありません。以前恐竜って、何者?(その1)(その2がないな・・・)でも触れましたが、恐竜とは「トリケラトプスTriceratops と現生鳥類 Neornithes の最も新しい共通の祖先から派生する、全ての子孫」です。
Dinosauria is "all descendants of the most recent common ancestor of Triceratops and modern birds.

あくまでも恐竜 Dinosauria は陸生動物ですから、「フタバスズキリュウ」のグループである海生爬虫類の長頸(クビナガ)竜類 Plesiosauria とは全く違う動物です。ほぼ同時代に生息していた事や、いわゆる恐竜図鑑に載っている点なども混乱の元ですね。
さて、何で今回「フタバスズキリュウ」を取り上げるのかと言うと、実は発見以来38年振りに「フタバスズキリュウ」が正式に学名登録された、というニュースがあったからです。
そのニュースの発表は去る5月13日だったんですけど、気付かなかったんです・・・あうう。_| ̄|○ノシ

ご意見、ご感想はこちらへどうぞ!
[ 続きを読む ]

最古の「暴君竜」

2006年02月11日 21:43

チョッチ古い、2月9日のYahoo!ニュースのニュースからデス。

冠つけた最古の「暴君竜」 中国新疆で新種の化石
中国の新疆ウィグル自治区にあるジュンガル盆地で、約1億6000万年前のジュラ紀(ジュラ紀中期のバージョス期ころかな?)の地層で2体の恐竜の化石が中国科学院と米ジョージワシントン大などの合同チームによって発見されたそうです。
鼻の骨が癒合して一つになっている点と、上顎の歯の形などにティラノサウルス類独特の特徴がみられた事から、ティラノサウルス類としては最古の新種と考えられているようデスね。

タイトルにある「冠」は頭頂から鼻先にかけて、長さ約30センチに渡り、高さは約10センチあるそうデス。
チームではディスプレイのための装飾と考えているようデス・・・って、そう云う部分があれば大部分の恐竜ファンは「ディスプレイだったんだろう」って考えますってば。

ダラダラと・・・でも古生物ネタ(笑)

2006年01月05日 23:43

曇りのち晴れ
皆さんはプテラノドンPteranodon と言う翼竜をご存知ですよね?

エッ、知らない?(´・ω・`)

最近の映画では『ロスト・ワールド ~ジュラシック・パーク~』のラストや『ジュラシック・パークIII』に登場しました。
『ジュラシック・パークIII』では人間を襲ったり、ラストシーンからローリング・タイトル(いわゆるエンドロール)まで、優々と飛んでいたのでご記憶にあるかと思います。

因みに「プテラノドン」は「歯のない翼」と言う意味でして、『ジュラシック・パークIII』に登場したプテラノドンは歯があるので大間違いだったりします。

お馴染みなのは、角のようなトサカが後ろに伸びているプテラノドンだと思います。
最近、微妙に再編集された『ロスト・ワールド ~ジュラシック・パーク~』や『ジュラシック・パークIII』、そして体験イベント“ジュラシック・パーク・インスティテュート・ツアー”の映像に登場します。
このプテラノドンはプテラノドン・インゲンスPteranodon ingens と言う種類です。

他にも色々と種類があるのですが、マニアに根強い人気の種類がいます。
[ 続きを読む ]

恐竜って、何者?(その1)

2005年11月13日 23:23

晴れ
恐竜(類) Dinosauria
Owen, 1842 sensu Padian & May, 1993

「知っている恐竜を言ってみて?」と先生に聞かれた3人の小学生。正しい答えは誰でしょう?

Aくん
「プテラノドンだよ!空を飛べるからカッコイイんだぞ」
Bくん
「フタバスズキリュウだね、ヘビみたいに首が長くて面白いよ」
Cちゃん
「ベロキラプトルよ!大人くらいの大きさで怖いんだから」
[ 続きを読む ]

『キング・コング』の恐竜たち

2005年11月11日 20:38

曇り
近日公開予定の映画『キング・コング』
前回のトホホな『キングコング』(1976年)ではなく、その前の“元祖”『キング・コング』(1933年・RKO)のリメイクだそうデス。
現在ではゴリラは温和で、ねじ伏せる力なら十分あるのにヒョウに無抵抗で捕食されるくらいの平和主義者・・・として知られているので、人間を襲って食べてしまうシーンは流石にないようデスね。A^∇^;)

さて、1933年版『キング・コング』では沢山の恐竜が登場しましたが、2005年版の今回も、恐竜はしっかり現代に生き残っているようデス。
[ 続きを読む ]