FC2ブログ

キャプテン、やめて下さい!

2013年02月09日 21:00

曇りのち時々晴れ
昭和57年(1982年)の2月9日8時37分頃、当時35歳だったK機長が操縦する福岡(FUK)発羽田(HND)行きの日本航空(日航/JAL)350便DC-8-61型機(機体番号JA8061)が着陸寸前に突然羽田空港手前の海上に墜落する重大事故(Accident)が発生しました。

この事故で乗員乗客174人(乗員8人、乗客166人)のうち、死者24人(乗客24人)、重軽傷者149人(重傷者:乗員8人、乗客87人、軽傷者:乗客54人)を出す惨事となりました。

事故の原因は、羽田空港への着陸態勢に入った時に、K機長が突然エンジンを逆噴射させた為でした(厳密にはDC-8型機のNo.2、No.3エンジンに装備されている逆推進装置を作動させた為)。
CVR(Cockpit Voice Recorder:コックピットボイスレコーダー)には、当時33歳のI副操縦士が発した
「キャプテン(機長)、やめて下さい!」
という絶叫が記録されていて、事故原因の決め手となりました。

日本航空高木養根社長(当時69歳)は記者会見で、K機長乗員健康管理室から心身症と診断されて経過観察中だったのに、運輸省(当時、現在の国土交通省の一部)などに報告を怠っていた事を明らかにして大問題となりましたね。
実はこの事すら隠蔽しようとしていたようですが、社内からの突き上げやマスコミへのリークがあって発表せざるを得なくなったようです。

その後K機長精神鑑定の結果、妄想型精神分裂症と診断されて刑事責任は問えなくなり、不起訴処分となりました…犠牲者の遺族や重軽傷を負った方々の心中はいかばかりだったでしょうか?
スポンサーサイト



[ 続きを読む ]